• おかやまけんりつやがけこうこう
  • 岡山県立矢掛高等学校

  • Yakage High School
  • 種別高等学校 地区中国・四国地区
  • 主な活動分野生物多様性, 減災・防災, エネルギー, 環境, 文化多様性, 世界遺産・無形文化遺産・地域の文化財等, 国際理解, 平和, 人権, 福祉, 持続可能な生産と消費

所在地 〒714-1201 岡山県小田郡矢掛町矢掛1776−2
電話番号 0866-82-0045
ホームページ http://www.yakage.okayama-c.ed.jp/
加盟年 2008

2021年度活動報告

活動分野

生物多様性, 減災・防災, 環境, 文化多様性, 世界遺産・無形文化遺産・地域の文化財等, 国際理解, 福祉, 持続可能な生産と消費, 健康

本校は、「持続可能な社会の形成者育成」を学校理念としてESDを高校教育全般にわたる共通のテーマと考え、ESDの実践を通して生徒各々の夢の実現と持続可能な社会の形成者としてのはたらきの両面において調和のとれた力が身につくようにしている。

具体的には「地域連携」「環境学習」「国際交流」の3つの柱に沿って、授業や行事、課外活動などを計画的に組み込んで展開している。またこのESD活動を効果的に実施していくために、平成30年度からは校内分掌を「教務課・生徒課・進路課・ESD課」の4つに整理し、学校全体にESDの理念と活動が行き渡るような工夫も行っている。また平成26年度に岡山市で開催された「ユネスコスクールESD高校生世界フォーラム」をきっかけに組織された「岡山ユネスコスクール高校ネットワーク」(平成27年度発足)を中心に、県内にある11のユネスコスクール高校との交流活動も積極的にすすめている。

今回の報告書では今年度の本校でのESD活動を、①ESD授業、②ESD行事、③ESD課外活動の3つの観点から整理して報告する。

①  ESD授業

一年生の時、身近な地域課題の解決に向けた取り組みを自身の進路希望に接近させながら実践していく「ESD基礎」(総合的な探究の時間)の授業を受けた本校生徒は、2年生になると3つのコースに分かれていく。普通科探究コースでは諸々の課題解決策を考える「学生コンテスト」に取り組み、普通科総合コースでは持続可能は地域社会を形成するために地域の施設に出て実習を重ねていく「やかげ学」を経験し、地域ビジネス科では地元商店街とコラボした「商品開発」をそれぞれの授業で行う。3つのコース特徴に応じた地域授業が行われることで、社会の持続可能性を身近に学んでいる。

②  ESD行事

コロナの影響で「地域連携」などの行事に制限がかけられた今年度は、本校で毎年企画している幾つかの「ESD行事」も「オンライン」で行われることが多かった。夏に40名規模で企画している「先進地域視察」は人数を数名に絞り「西粟倉村SDGs視察」を行ったが、事前にオンラインで現地と交流した後に現地へ訪問し、総木造の新庁舎を拠点に現地の「SDGsウィーク」での企画に帯同した。秋の「岡山ユネスコスクール実践交流会」も岡山11高校とブルガリアの高校をオンラインで繋ぎ、各校のESD活動を理解しあった。冬の校内発表週間「YAKOプレゼンウィーク」では、二年生から一年生に向けて「学生コンテスト」「やかげ学」「商品開発」の活動報告を行い、一年生から二年生に向けては「ESD基礎」で取り組んだ「YAKOやってみようプロジェクト」の取り組み発表を行い、希望者が全校生徒に向けて行う「YAKOアワード」では、各人のESD活動の様子をオンラインで各教室に配信した。

③  ESD課外活動

矢掛町と協力しながら今年も多くのESD課外活動が行われた。コロナの影響で例年行われている春の「流しびな祭り」、夏の「行燈祭り」、秋の「宿場祭り」は中止になったが、秋祭りの代替企画として行われた「矢掛まるごと商店街」では福祉ボランティアや商品開発販売を本校生徒が担当した。冬の「本陣マラソン」は中止にならずに行われ、多くの生徒がスタッフ&選手として参加した。

またコロナの中でも工夫して、町の各種団体とコラボしながら行われた取り組みも多くある。「ベトナム日本語教室」では、町工場で働くベトナム人研修生を対象に、町内に住む退職教員と矢掛高校生が一緒になって日本語を教える国際交流が行われた。「矢掛子どもイングリッシュデイ」では町教委と協力し、町内小学生たちに楽しく英語を教える役割を高校生が担った。矢掛駅前で第3日曜日に開かれる「得得市」では、サイエンス部が「青空実験教室」を定期開催し、会場の親子づれ客を盛り上げた。また地域の課題を小学生や中学生と一緒に考える「SDGsカードゲーム」の啓蒙・普及活動にも取り組み、近隣の小学校や中学校を訪問して地域の課題解決アイディアなどを出し合った。10年以上続いている「備中聞き書き」の活動では、地域に住むその道の達人への聞き取りと書きおこしを行い、他校とも協力して記録の保存を行った。

平成30年の西日本豪雨災害からは防災・減災に関する活動も増えている。今年も3年前の豪雨水害の被災地である隣町・真備町と協力し、真備の小学生と地域住民と高校生で心の中を語り合う「真備だっぴ」が秋に開催された。また神戸の大学生と神戸社協が協働して行っている「神戸学生ボランティア」とのコラボでは、真備町での防災・減災活動をサポートするために「防災すごろく」の作成に高校生も参加した。愛媛県の宇和島NPOセンターが主催する「BOUSAIぜみな~る」では、本校生徒をはじめ全国の被災地の高校生たちがオンラインで繋がり、大学教授(愛媛大、福島大、東京理科大)の指導の下1学期に1回のペースでオンライン会議が進められた。東日本大震災の被災地・仙台と協力して行った「被災地に学ぶ」では、世代を超えた人々とのオンライン交流の中から高校生たちの防災アイディアが提示された。

来年度の活動計画

4月 ESD基礎 開始 / やかげ学 開始

5月 ユネスコスクールネットワーク役員会 / YAKOボラ(コロナのため中止)

6月 学生コンテスト 開始 / 商品開発 開始 / 備中聞き書き 開始

7月 やかげ学・2年3年引き継ぎ会 / YAKOボラ / BOUSAIぜみな~る

8月 先進地域視察(西粟倉村)

9月 各種学生コンテスト 発表

10月 YAKOボラ

11月 岡山ユネスコスクール実践交流会 / 被災地に学ぶ

12月 やかげ学発表会 / 備中聞き書き発表会 / 真備だっぴ / YAKOボラ / 防災すごろく / SDGsカードゲーム / BOUSAIぜみな~る

1月 BOUSAIぜみな~る

2月 本陣マラソン / YAKOボラ

3月 YAKOプレゼンウイーク

過去の活動報告