教育を通じてアジアの平和で持続可能な未来を構築することを目的に、バングラデシュ、インドネシア、パキスタン、スリランカの教育関係者(教育省担当者、宗教学校及び非宗教的な一般学校の学校長、教師)を対象とした教員交流プロジェクトです。

このプロジェクトは、持続可能な開発目標(SDGs)4の中の特にターゲット4.7の観点から、日本の学校が地域コミュニティと学校の連携や取組について理解を深め、各国の経験も交えて学びあうことを目的としています。

Phase1(2019年度)

2019年7月10日(木)から7月14日(日)の5日間、バングラデシュ、インドネシア、パキスタンの教育関係者が来日し、板橋区立蓮根第二小学校、板橋区立蓮根小学校、大田区立大森第六中学校、東京都立三田高等学校、世田谷区立船橋希望中学校を訪問しました。

3か国の教育関係者は、授業見学、教職員・生徒との交流を通して、学校現場でどのようにSDGsを達成するためのカリキュラムが構成・実施されているか、このプロジェクトのテーマでもある「思いやり」(empathy)はどのように学校現場で育まれているのかについて、意見交換をしました。また、学校と地域の連携や学校運営に関しても、熱い議論が交わされました。

プロジェクトの最終日には、各国の訪問団が日本で学んだことを自国に持ち帰り実践するための活動計画案も作成しました。

Phase2(2020~2021年度)

2020年度

2020年度よりスリランカが新たに参加しました。2020年度も日本訪問を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症流行により延期となりました。

プロジェクトに参加している4か国の教育関係者に、日本の学校の取組やアプローチを共有し、今後も対話や交流を続けていくために、日本の学校の活動紹介ビデオを作成しました。

2019年度に学校訪問させていただいた、板橋区立蓮根第二小学校と大田区立大森第六中学校の学校紹介、ACCUによる日本の基礎教育の概要及びホールスクールアプローチによるESD推進のビデオは、ユネスコ・バンコク事務所のウェブサイトで公開されています。

https://bangkok.unesco.org/content/learning-empathy-videos-japanese-partners

2021年度

準備中