• こうとうくりつしののめしょうがっこう
  • 江東区立東雲小学校

  • Koto Municipal Shinonome Elementary School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野海洋, 減災・防災, 文化多様性, 国際理解, 平和, 人権, 健康, 食育

所在地 〒135-0062 東京都江東区東雲2丁目4番11号
電話番号 03-3529-1451
ホームページ http://shinonome-sho.koto.ed.jp/
加盟年 2006

2021年度活動報告

活動分野

生物多様性, 海洋, 減災・防災, 気候変動, エネルギー, 環境, 文化多様性, 国際理解, 平和, 人権, ジェンダー平等, 福祉, 持続可能な生産と消費, 健康, 食育, 貧困

本校では、ESDを、持続可能な未来を創る人材育成のため、そして変化の激しい現代社会を生き抜く力を育むために不可欠な教育内容であると捉え、実践的な活動に取り組んでいる、今年度からは、従来のESDカレンダーに加え、SDGSを意識した授業や学習活動を全学年で展開している。

東雲小学校のSDGSは、以下の2点を基本としている。

・Think Globally , Act Locally. (地球規模で考え、足元から行動せよ)。自分にできることは何か、考え、行動する。

・日常の学びが、SDGSとどうつながっていくか、常に意識し、考える。

この基本理念のもと、SDGS関連表を作成し、全校で様々な実践を展開した。

①広報委員会による「学ぼうSGS」

5、6年生の広報委員会児童が、SDGSについて調べ、校内の掲示板を使って紹介する活動を行った。児童がSDGSについて深く知る良いきっかけとなった。各教室にも、SDGsに関するポスターが掲示された。

②代表委員会による「みんなでSDGS」

同じく5・6年生の代表委員会児童が、「自分たちでできるSDGsの第一歩」というテーマで、「住みやすい街づくりの第一歩としての“街なかあいさつ運動”」や「ジェンダー平等の第一歩としての“みんな仲良く運動”」などの活動を提案した。

③各学年による、SDGS探究活動(総合的な学習の時間)

各学年が、総合的な学習の時間に下記のテーマで探究活動を行った。コロナ禍ゆえ、十分な情報収集ができず、発表活動も最小限に留めることとなったが、児童がSDGSについての学びを深め、自分にできることを考え、実践する第一歩となった。

・3年生…「エコエコ大作戦」<11>住み続けられるまちづくりを、<12>つくる責任・つかう責任

・4年生…「誰もが関わりあえるように」<3>すべての人に健康と福祉を、<17>パートナーシップで目標を達成しよう

・5年生…「私たちにできるユニセフ活動」<1>貧困をなくそう、<2>飢餓をゼロに

・6年生…「自分の未来を創造しよう」<8>働きがいも経済成長も、<10>人や国の不平等をなくそう

 

来年度の活動計画

2022年も、ESDカレンダーやSDGS関連表などを作成し、実践的な活動を通して環境教育、異文化理解、人権等の課題に取り組んでいく予定である。特に今年度は、コロナの影響で昨年十分に活動できなかった学年ごとの探究活動に力を入れていく。年度末には、地域や保護者の方々を招待してSDGS学習発表会を開催し、ホームページでも発信していく。

 

過去の活動報告