• ふじおかしりつおにししょうがっこう
  • 藤岡市立鬼石小学校

  • Onishi Elementary School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野登録なし

所在地 〒370-1401 群馬県藤岡市鬼石439
電話番号 0274-52-2756
ホームページ https://10209.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=1010011
加盟年 2014

2021年度活動報告

活動分野

環境, 世界遺産・無形文化遺産・地域の文化財等, 人権, 福祉

本校では、ユネスコスクールの活動を通して、主に「郷土の伝統文化を大切にする態度の育成」をめざし、SDGsの「住み続けられるまちづくり」について主体的に考え行動できる意欲・態度の育成を図り、未来に向けてたくましく生きる児童を育てている。

本活動の中心は、総合的な学習の時間において各学年で行う地域学習である。地域の伝統行事である「鬼石夏祭り」をはじめとする地域素材について、調べてまとめ、発表することで、より深く地域を理解する機会とするとともに、多面的、総合的に考える力を身に付けさせ、地域のよさや伝統芸能のよさに気づくこと、地域への愛着をもつことを目的としている。また、児童が「鬼石夏祭り」に実際に参加し太鼓を演奏したり、運動会で大勢の観客の前で「祭り太鼓」を披露したりすることにより、他者と協力する態度、地域の行事に進んで参加する態度などを身に付け、「鬼石夏祭り」の思いを聞き手に伝える表現力を高めることや、地域の方々にお世話になりながら祭り太鼓を練習したり、祭囃子の文化的価値・伝統について地域の方から聴いたりすることを通し、児童のコミュニケーション力、他からの話の内容に対して自分の考えを持つ力の向上を図ることをねらいとしている。

ただし、昨年度に続き本年度も、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、鬼石祭りが中止となり、祭り囃子太鼓保存会の活動も全面中止となったことから、子供たちが学校内外で太鼓の指導を受ける機会と発表する機会がもてなかった。

1 「鬼石夏祭りを調べよう」(11~2月) 4・5・6年総合的な学習の時間 (各10時間)

歴史・伝統・お囃子・山車・服装・人々の思いなどを、映像・書籍等の資料等で調べ、まとめ、発表した。発表では、わかりやすく、相手に伝えることを意識させ、プレゼン能力の育成を図った。調べ、まとめる過程で、自分なりの課題を設定し、課題解決能力の育成につなげた。

例年、祭囃子保存会から講師を招聘し、お囃子と祭りの歴史、地域の人の祭りへの思いなどを講演していただき、なぜ祭りが長く続いているのか、自分はこれからどのように祭りにかかわっていくかなどを考えさせてきたが、感染拡大により昨年度に引き続き本年度も外部講師の依頼を中止した。

2 「鬼石をアピールしよう」(7~2月) 6年総合的な学習の時間(5時間)

5年生までに学んだ郷土「鬼石」についての学習をもとに地域学習のまとめとして行った。「自ら積極的に、地域の伝統文化に関わっていきたい。保存したい。自分にできることを考えて実践したい」という気持ちを持つことができた。 このプロジェクトをとおし、児童に市の重要無形文化財に指定されている「鬼石夏祭り」の祭り囃子の継承とともに、郷土に誇りを持つ心を育て、次世代の地域を担う活力ある人材の育成につながった。

3 その他、3年生「鬼石カルタを作ろう」、4年生「高山社学」、全校行事「桜山遠足」等、各学年で郷土について調べたり、まとめたり、表現したり、体験したりする活動を行った。

運動会での祭り囃子演奏

祭り囃子を学ぶ

全校桜山遠足

来年度の活動計画

令和4年度も、地域学習を中心に郷土について学び考え表現したり、体験したりしながら郷土への愛着を高め、「住み続けられるまちづくり」「パートナーシップ」について主体的に考え行動できる児童を育てていきたい。昨年度からコロナ禍のため、地域の祭囃子保存会との協働が休止しているが、来年度は、感染状況を注視しながら、保存会との連携を図り、コロナ禍の中でも実施可能な活動を計画していきたい。

過去の活動報告