• ふじおかしりつみどりしょうがっこう
  • 藤岡市立美土里小学校

  • Midori Elementary School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野登録なし

所在地 〒375-0052 藤岡市下大塚222
電話番号 0274-22-2545
ホームページ https://10209.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=1010005
加盟年 2015

2021年度活動報告

活動分野

世界遺産・無形文化遺産・地域の文化財等, 人権, 福祉, 持続可能な生産と消費

本校では,「未来を切り拓く力をもった子どもの育成」を目指す子ども像(西連携型小中一貫校)として,ESD教育を自他や社会を見つめ,自他への理解,地域への理解を深める機会と捉え,「つながり」をキーワードにしたESD教育の実践を通して,自己や他者,地域のよさに気づき,協力しながら進んで活動する態度や能力を育て,地域の歴史,文化に対する誇りと愛情を育てることを目標とした。
具体的には,「つながりを大切にすること」を学習の柱に据え,①人とのつながりに係わる活動,②教科や学年のつながりを意識した教育,③地域・歴史とのつながりに係わる学習を推進した。

① 人とのつながりに係わる活動
自分が様々な人々とつながっていて,そのつながりが自分をつくっていることを意識できる活動に取り組んだ。小中一貫校として,中学生と共に活動した「小中合同あいさつ運動は実施したが,コロナ禍のため,本校卒業生による「中学校生活の紹介」や高齢者とふれあう「社会福祉施設訪問」等の活動はできなかった。

② 教科や学年のつながりを意識した教育
教師が小中9年間の学びのつながりを意識し,教科横断的な視点をもって日常的に授業を実践することで,児童がこれまでの学びを生かし,「できた」「わかった」などの達成感や成就感を実感し,自己有用感を感じられるようにしている。また,小中一貫校として作成した各教科の系統表を活用することで,児童が学習内容のつながりを意識し,既習事項を活用しながら,主体的に学習に取り組めるようにした。持続可能な社会の理解については,5年生社会の「日本の工業生産で様々な工夫や努力をしているのは、どのような社会を目指しているからなのだろうか」というめあてで学習し,環境に配慮した取組やロボットの開発などをふまえ、未来のことを考え、環境にも配慮した様々な取組がされていること,日本の工業生産で様々な工夫や努力をしているのは、持続可能な社会を目指しているからであることを学んだ。5年生家庭科の「持続可能な暮らしへ物やお金の使い方」の学習で,物を選ぶときや買い物をするときの環境や資源への配慮やその工夫について児童に考えさせ,日常生活で実践させた。5,6年生では,「NHK for school でSDGsを学ぼう」を教材として,持続可能な社会の一員としての問題意識をもたせた。

③ 地域・歴史とのつながりに係わる学習
本校区は,昔から養蚕の盛んな地域であり,また,市内には世界文化遺産の一つである「高山社跡」が存在することから,日本の近代産業を支えた養蚕,その発展に尽くした高山社の歴史的価値について学習を行った。
3年生では実際に卵からカイコを育てたり,4年生では地域の方を講師として座繰り体験を行ったりした。また,4年生では実際に「高山社跡」を見学したりする学習をとおして,地域・歴史とのつながりを実感するとともに,郷土を誇りに思い,郷土を愛する気持ちをもてるようにした。
6年生は,地域にある古墳を自分の足でめぐり,地域の歴史遺産を身近に感じる活動を行うことができた。

来年度の活動計画

2022年度はコロナ禍でできなかった取組を工夫して実施できるようにし,コミュニティ・スクールの推進を基盤とした小中一貫教育の一層の充実を図ることを目標に,キーワードである「つながり」を中心に据えた学習の継続と発展を目指す。具体的には,児童の発達段階を考慮し,低学年は体験的な活動をとおして「身近な地域の理解」を進め,中学年からの「地域の文化の理解」へとつなげる。さらに高学年では「地域の歴史の理解」につなげ,学習を深めて中学校の学習へとつなげていく。また,地域の資源や人材を活用しながら,教科横断的な学習を展開していく。こうした活動により,自分の住む美土里地区,及び藤岡市に対して誇りと愛情をもち,未来を切り拓く力をもった児童を育てる。

過去の活動報告