• めぐろくりつごほんぎしょうがっこう
  • 目黒区立五本木小学校

  • Meguro Municipal Gohongi Elementary School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野登録なし

所在地 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-24-3
電話番号 03-3711-8496
ホームページ https://www.meguro.ed.jp/meghngeh/
加盟年 2010

2021年度活動報告

活動分野

生物多様性, 海洋, 減災・防災, 気候変動, エネルギー, 環境, 文化多様性, 世界遺産・無形文化遺産・地域の文化財等, 国際理解, 平和, 人権, ジェンダー平等, 福祉, 持続可能な生産と消費, 健康, 食育, 貧困, グローバル・シチズンシップ教育(GCED)

本校は、「持続可能な社会の実現のために行動できる将来の担い手となる子どもを育てる(学校教育目標の前文) ~命のバトンをつなぐユネスコスクールの子~」を学校理念として、ESDを全教育活動における対話やプロセスを通した学びと捉え、ESDの実践を通して「学びをつなげ広げ 深める児童」の育成を目標とした。コロナ禍の中で、できないことも多かったが、できる範囲で工夫して行った。

具体的には、SDGsの視点を柱に、全教育活動において持続可能な社会づくりに向けた教育を推進し、①地球市民および平和と非暴力の文化に関わる学習、②命のつながりプロジェクト、③大地の土に係わる活動、④食育に係わる活動、⑤児童会に係わる活動(持続可能な開発および持続可能なライフスタイル)⑥ホールスクールアプローチの共通理解などを行った。

①地球市民および平和と非暴力の文化に関わる学習(5年生 国語科「たずねびと」)

「たずねびと」の学習を通して戦争について学んだ。過去の戦争がどれだけ悲惨だったか、どれだけの悲しみを生んだのかを知り、平和の大切さや、平和を願う私たちにできることは何か一人一人が考え、学習発表会で発表をした。

②命のつながりプロジェクト

各学年が植物を育てることなどを通して未来へ命をつなげていく活動を行った。未来の五本木の森をつくるためにどんぐりを育てたり、給食の残飯と落ち葉を混ぜて栄養豊富な土づくりを行ったりした。各学年が取り組むことで「未来にいいこと みんなにいいこと」を全校に広げた。

③大地の土に係わる活動(3年生 図画工作科「大地のおくりもの」)

身近にある土をほんのひとにぎり採取し、篩にかけ、ガラスびんにつめて鑑賞した。「土はなぜこんなに色が違うのだろう」という子どもの問いが生まれる。その土を絵の具にして描いてみる。色や感触の違いを確かめながら土を味わった。さらに栄養教諭と協働し、子どもたちは山形県の枝豆農家とオンラインでつながり、農家の土づくり、枝豆づくり、大地や自然への思いに傾聴した。学びの最後に、描いた絵に詩を書いた。この取り組みは、COP26に向けたOECDの気候変動プロジェクトの動画としてユネスコのホームページにアップされ、世界に配信した。

④ 食育に係わる活動

低学年では、野菜を育てたり、給食で使われる野菜に触れたりすることで、季節を肌で感じ、食べ物を大切にする心を育てた。中学年は社会科の学習と連携し、生ごみや油の処分の仕方や、保健体育科と連携して自分の体についての知識や考えを深めた。高学年は自分の食卓に届いている食べ物の生産から流通・消費、和食について学んだ。食の切り口から健康・命・社会・文化など様々なことへ学びをつなげた。

⑤ 児童会活動に係わる活動(持続可能な開発および持続可能なライフスタイル)

本年度、本校では目黒区グリーンアクションプログラムによる「五本木環境宣言 世界のみんなで協力し、地球をゆたかに」を掲げ、SDGs17の目標の達成に向け、委員会が自分たちで進められる活動を考え、全校や保護者地域に呼びかけた。図書委員会はSDGsに関する本の読み聞かせ、ユネスコスクール委員会は「世界寺子屋運動書き損じはがき回収」、エコ・グリーン委員会は「古紙分類、ごみの分別、使用済み歯ブラシ・使い捨てカイロの回収」及び「五本木の森プロジェクト」を行った。

⑥ホールスクールアプローチの共通理解

本校はホールスクールアプローチを作成し、全校全職員が共通理解し、ESDに取り組んでいる。学校の教育活動を「学校の運営」、「教室内外の学び」、「地域との連携」、「設備と環境」の4分野に分け活動に取り組むことで、サステイナブルな学校文化を目指している。

来年度の活動計画

ESDを推進する五本木小学校は「いのちのバトンをつなぐユネスコスクールの子」として、生活科および総合的な学習の時間を中心に、教科を横断しながら、全教育活動において探究的な学びに取り組む。

1年「きせつとなかよし」(生活科)

2年「未来にのこす土づくり」(生活科)

3年「地球のための“My エシカル”」(総合的な学習の時間)

4年「ともに生きる笑顔のまち」(総合的な学習の時間)

5年「食と命のバトンをつなぐ」(総合的な学習の時間)

6年「つながりで守るわたしたちの町・わたしたちの命」(総合的な学習の時間)

自分の地域や社会の身近な問題や現実的な課題などを自分事として、友達や地域・保護者、様々な人と協働し、「対話」的な活動を通して新たな考えや価値を創りだす探究的な学びの楽しさが、持続可能な未来の担い手を育むと考える。活動による成果を、ホームページで発信したり、学校だよりのコラムで発信したりする。

過去の活動報告