• おおたくりつあかまつしょうがっこう
  • 大田区立赤松小学校

  • Akamatsu Elementary School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野登録なし

所在地 〒145-0062 東京都大田区北千束2−35−8
電話番号 03-3729-0986
ホームページ https://www.ota-school.ed.jp/akamatsu-es/
加盟年 2013

2021年度活動報告

活動分野

減災・防災, エネルギー, 環境, 国際理解, 平和, 人権, 福祉, 持続可能な生産と消費, 健康, 食育

本校は、「学びを創る~ESDの充実を通して~」を校内の研究テーマとして、児童の主体性を生かした問題解決的な学習や体験的な学習の実現を目指して活動している。ESDで育成すべき資質能力は、生きる力の根幹を別の視点から表現したものである。本校では、ESDで育成すべき資質能力を「価値観」と「体系的な思考力・態度」とし、そこに含まれている構成概念や問題解決の力を「生きる力」の中で位置づけた。生涯を通じて行われるESDの基盤として、小学校教育では持続発展可能な社会を構成するための「価値観」と「体系的な思考力・態度」の萌芽と伸長を促す教育活動を行うことが重要である。具体的には、生きる力と体系的な思考力を計画的かつ系統的に育成するために、以下の取組を行っている。①「ESDカレンダー」や「ESD系統表」の作成。②ESDにおける資質能力の育成を踏まえた授業。③学区域中学校との連携
① 「ESDカレンダー」や「ESD系統表」の作成
教育活動全体を俯瞰し、「価値観」と「体系的な思考力」に視点を当てて整理した。生きる力と体系的な思考力を計画的かつ系統的に育成するため、学年毎の『ESDカレンダー』や「ESD系統表」を作成した。本年度は学習指導要領の施行により、大幅な改訂を行った。
② ESDにおける資質能力の育成を踏まえた授業
児童の思考過程を構造化し、ESDの思考力と価値観が明示されるよう学習指導案を作成している。ESDで育む資質能力を踏まえて、「つかむ」→「見通す」→「いどむ」→「深める」→「まとめる」→「振り返る・いかす」といった学習過程を設定し、教師が授業づくりに取り組んでいる。
③ 学区域中学校との連携
校区内で同様にユネスコスクールに加盟する大森第六中学校と連携し、資源回収や「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」などに協力している。こうした取組や本校のESDを踏まえた授業実践が、ESDを基盤にSDGsの具体化を図る大森第六中学校が取り組んでいるルーブリックの基礎となり、さらに小中一貫教育を深めることができている。

来年度の活動計画

令和4年度は、本校児童の実態をもとに、指導者一同で授業改善を図る。ESDの基盤となる「価値観」や「体系的な思考力・態度」について、児童の課題から重点的に指導を進める「価値観」と「体系的な思考力・態度」について焦点化を行う。指導する側だけでなく、児童もESDの「価値観」と「体系的な思考力・態度」を意識した授業ができるよう、研究を進めていく。今後もSDGsとの関連などを研究の中心に据え、「子どもに届く授業」を目指して研究を深めていく。
問題解決的な学習において、児童の発想、思いや願いを具体的化できるように、学習内容に応じて、「価値観」に触れられるような発問を行っていくことに努め、児童が学習活動を通して「体系的な思考力」を身に付けていく授業を目指す。
・1学期 研究授業 2回 指導案検討及び講話
・2学期 研究授業 1回 指導案検討及び講話
・3学期 研究授業 1回 指導案検討及び講話
・成果と課題をまとめる

過去の活動報告