Happy SchoolsProject(
ユネスコ・バンコク事務所主催)の
第2期事業に日本のユネスコスクール
5校が参加し、
学校での幸福感を高める活動を行いました

 
背景

ハッピースクールプロジェクトは、学校での経験が幸福(well-being)実現にあたり、
重要な役割を担っていることから、学校での幸福感を高めることを目的に、2014年ユ
ネスコ・バンコク事務所より発足しました。この事業は、ユネスコが提唱する学習の
4つの柱のうち、「ともに生きることを学ぶ」と「人間として生きることを学ぶ」の2
を重視しています。

1期事業:
アジア太平洋における開発政策および教育政策において、幸福がどのように反映され
ているか文献および質問票に調査をし、ハッピースクールの枠組みを作成しました。
この調査の結果については、下記のレポートをご参照ください。

2期事業:
ハッピースクールの運用を目指し、日本、ラオス、タイで試験的な事業を行いました。
日本からは5校のユネスコスクールが参加しました。

 
Happy Schools の枠組み

 
Happy Schoolsレポート

第1期事業の調査結果は下記のレポートのまとめられています。ぜひご覧下さい。




レポート全文(英):
Happy Schools A Framework for Learner Well-being in the Asia-Pacific.pdf