イベントのお知らせ

 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ
12345
2018/08/16

『国際識字デーイベント2018 -読み書きの力が、生きる力に』、今年も開催します。

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者



 2015
年に国連で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)の4つめの目標『質の高い教育をみんなに』では、「2030年までに、すべての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする」と、識字問題解決を明確に打ち出しています。他方で、世界の成人で読み書きができない人は7億5700万人。世界人口76億人の1割の人たちは今も読み書きができません。

 識字は開発途上国の問題と捉えられがちです。実際、非識字者の大半は開発途上国に居住していますが、実は日本のような先進国においても、社会格差の拡大や社会構造の変化を背景に、識字問題が深刻化しています。

 9月8日は、国際識字デー。これにちなみ、ACCUは識字支援に取り組むNGO2団体と共催して、2012年から「国際識字デーイベント」を開催してきました。今年は、ACCUが幹事団体として、昨年、一昨年に引続き日本国外と日本国内の識字課題を取り上げます。運営者の視点から識字教室の現状を語ってもらい、読み書きが人間にもたらす「力」とは何かを改めて問いかけます。

●日時:2018年9月7日(金)19:00~20:30 (開場18:30)

●会場:新宿NPO協働推進センター 501会議室
(JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」より徒歩13分)
※アクセス情報はこちらをクリック
※チラシのダウンロードは、こちらをクリック

●定員:先着60名

●テーマ:「学ぶ力が、生きる力に」
 読み書き能力の習得と向上を目的とした事業事例を運営者の立場から語っていただく。日本国外、国内の二つの事例を扱うことで、識字を巡る問題が国や地域を問わず現在も存在すること、そして識字が人間の尊厳に関わる重要な役割を果たすことを広く知っていただく。

●登壇者:
-ノン・ブッタさん(日本ユネスコ協会連盟カンボジア事務所所長)
-ソウム・サベットさん(同職員)
-関本 保孝さん(元夜間中学校教員、基礎教育保障学会事務局長)
-ファシリテーター:大安喜一(ACCU教育協力部部長)

●同時開催:識字教育関連の教材・団体紹介資料展示

●参加費:1,000円
 (主催3団体いずれかの会員および学生は500円)

●主催:公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会
公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
    公益財団法人 ユネスコ・アジア文化センター
  後援:基礎教育保障学会

●お申し込み:以下からお申し込みください。
-URL:https://ws.formzu.net/fgen/S74843085/  
-QRコード


-メール・FAXでのお申込をご希望の方はチラシをご覧ください。


【お問い合わせ】
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)
担当:若山、藤本
Emal:webmaster@accu.or.jp
Tel :03-3269-4559
Fax:03-3269-4510 
.
12:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/10

「国際青少年デー」オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by MEXTユネスコスクール担当

812日「国際青少年デー」に向けて、オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

 

 812日は「国際青少年デー」です。青少年(youth)が社会のあらゆる分野に参加し、意見を反映させられる未来を目指して2000年に国連で制定されました。今年のテーマは「Safe spaces for youth」です。

 


 

【オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ】

Message from Ms Audrey Azoulay, Director-General of UNESCO, on the occasion of International Youth Day, 12 August 2018


This year, International Youth Day focuses on the theme: "Safe spaces for youth". Youth is a decisive phase in personal development. It is the age when people venture into the unknown, seeking new horizons; it is a time of encounters, often memorable ones; it is a time of first commitments. However, youth is also a vulnerable age, when negative experiences can quickly lead to withdrawal, isolation and marginalization.


Ensuring "safe spaces" for young people means creating the conditions for harmonious personal development, providing a climate of confidence in which they may freely express their potential and strengthen their self-esteem.


These spaces are, in a broad sense, all locations and all settings where young people interact with each other. First, they are places of learning and training such as schools, colleges and universities. They are also the meeting spaces dedicated to leisure and sports; public and political arenas, in which young people should be able to experience freely their citizenship; and urban spaces, which must provide a quality environment. Finally, they include digital virtual spaces and social networks, into which young people are drawn very early on and become particularly active.


Within all these spaces, it is necessary to ensure the principle of inclusion, beyond differences of gender, culture, language and religion, and to guarantee respect for freedom of expression and the dignity of each and every individual. It is essential to drive out discrimination, harassment and all forms of violence, whether overt or insidious, and help to prevent attempts at indoctrination.


With this in mind, UNESCO is launching the "spaces for youth" project this year. It is about creating networks, active at different geographical levels - local, national and regional - bringing together not only young people, but also political representatives, researchers, entrepreneurs and opinion leaders. The aim is to involve youth in the design of programmes within UNESCO's mandate - in education, culture, science, communication and information - to include them in decision-making and make them key stakeholders in social and political life.


"Who can know the heart of youth but youth itself?" wrote Patti Smith in her novel Just Kids. On this International Day, I call on civil society stakeholders, policymakers and entrepreneurs to imagine new forms of collaboration that are able to harness the vast potential of youth and enable it to express all within it that is unique and promising.


11:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/08

【お知らせ】ユネスコスクール年次活動調査掲載のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

【お知らせ】ユネスコスクール年次活動調査掲載のお知らせ

 

平成29年度日本/ユネスコパートナーシップ事業にて文部科学省より委託を受け実施いたしました「平成29年度ユネスコスクール年次活動調査」について、下記のページに調査結果及び考察を掲載いたしました。ぜひご覧ください。

 

http://www.unesco-school.mext.go.jp/ユネスコスクール年次活動調査-年次アンケート)/

 

―考察内容―

1. 学校及び回答者に関する基本情報
2.
 国内および国際的枠組みに関する認知度調査
3.
 学校間交流に関して
4.
 ユネスコスクールとしての取り組み
5. ユネスコスクールの効果と課題について
6.
 学校教育におけるESDの普及について

 

<本件問い合わせ先>

 ユネスコスクール事務局 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU

 〒162-8484 東京都新宿区袋町6(日本出版会館)

 電話:03-3269-4559 Fax:03-3269-4510

 E-mail:webmaster@accu.or.jp


16:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/07

「世界の先住民の国際デー」オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by MEXTユネスコスクール担当

89日「世界の先住民の国際デー」に向けて、オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

 

 89日は「世界の先住民の国際デー」です。先住民の権利の推進と保護を支持するという国連の姿勢を示すために1994年に国連で定められました。2007年には「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が採択されています。

 


 

【オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ】

Message from Ms Audrey Azoulay, Director-General of UNESCO, on the occasion of on the occasion of International Day of the World's Indigenous Peoples - Migration and movement, 9 August 2018


Indigenous peoples are among the most vulnerable populations in the world. This International Day is an opportunity to raise public awareness of their precarious situation, particularly in relation to migration, which is the Day's theme in 2018.


Migration influences the way of life of many indigenous peoples, whether these be nomadic pastoral societies who follow the transhumance calendar, such as the Red Fulani cattle herders in West Africa whose seasonal migration covers several thousand kilometres, or hunter-gatherer peoples who travel several hundred square kilometres, in the Kalahari Desert and the Congo Basin, for example, in order to benefit from the unique resources of their ecosystem and to preserve a delicate balance.


However, indigenous peoples are now increasingly exposed to forced migrations, which are often the result of environmental disasters or social and political conflicts. Driven from their territories, they see their lifestyles and cultures disintegrate and vanish, often without any prospect of returning.


Our Organization is working with indigenous peoples to help them to meet the challenges ahead, in line with the United Nations 2030 Agenda for Sustainable Development.


Thus, in South Sudan, in collaboration with the local authorities and the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO), UNESCO has piloted a study programme for pastoral societies, paving the way for the establishment of educational systems adapted to transhumant peoples. To address the problem of forced migrations, UNESCO also promotes inclusion policies, using the support of various networks, such as the International Coalition of Inclusive and Sustainable Cities (ICCAR), which welcome refugees and migrants.


On this International Day, we reaffirm our full commitment to the United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples, adopted in 2007, and we call on the international community to mobilize to ensure the full respect of indigenous peoples' dignity, well-being and fundamental freedoms.


09:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ご案内
2018/07/11

【参加者募集】環境教育ファシリテーション講座(入門編)参加者募集!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

【参加者募集】環境教育ファシリテーション講座(入門編)参加者募集!

 

新学習指導要領でも主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」という言葉が使われるなど参加型の学び合う場のデザインに注目が集まっています。とはいえ、参加型の授業はどうやってデザインするの?その時に気をつけることは?子どもたちが積極的に授業へ参加するには、どうしたらいいの?と悩まれている先生方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この講座では、環境教育分野で蓄積されてきた、子どもたちの学びを引き出す参加型のファシリテーションスキルを通して、先生方のお悩みを解決します!もちろん、ご紹介する様々なスキルは学校の授業で活用可能なものばかりです!

 

日時:2018810日(金)930~12

場所:日本環境教育フォーラム「木の会議室」

   〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル

対象:小学校教員

人数:10名(先着順)

参加費:無料

▼プログラムの詳細、申込方法は下記URLよりご確認ください。

http://www.jeef.or.jp/2018/07/22229/


17:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/03

【参加者募集】アートマイルセミナー「国際協働学習を通して未来を創る力を育てる」

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

(一財)ジャパンアートマイルでは7月に神戸と東京でセミナーを開催します。

どなたでも参加することができますので、国際協働学習を通して未来を創る力を育てることに関心のある方は是非ご参加ください。

 

※参加費は無料です。

※参加ご希望の方は事前にご連絡ください。

【連絡先】メール:jam@artmile.jp 電話:0791-43-5629

 

----------------------------------------------------

■アートマイル関西セミナー(神戸)

「国際協働学習を通して未来を創る力を育てる」

【日時】721日(土)1300分~1630

【会場】JICA関西 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2

 

<内容>

【実践発表】

()「アートマイルから学んだこと

    ~世界に目を向けたら自国の良さが見えてきた~」

    兵庫県赤穂市立原小学校 江崎優也教諭

 

()「群馬のたからものを世界に発信!

    ~アートマイルによる協働学習を通して~」

    群馬県藤岡市立北中学校 小西啓吾教諭

 

【ワークショップ】

  「対話的・協働的で深い学習をめざして」

    ジャパンアートマイル 古川浩一、塩飽隆子

2018年度アートマイル関西セミナーレジメ(20180721).pdf

 

----------------------------------------------------

■アートマイル関東セミナー(東京)

「国際協働学習を通して未来を創る力を育てる」

【日時】722日(日)1300分~1630

【会場】()内田洋行新川本社ユビキタス協創広場CANVAS 東京都中央区新川2-4-7

 

<内容>

【実践発表】

()「ふるさとへの愛着を深めるアートマイルでの協働学習

    ~台湾・蛍橋小学校との交流を通して~」

    愛知県岡崎市立細川小学校 黒野峰幸教諭

 

()「パラリンピックを通した障がい理解
    ~共に生きる
Handicap makes us strong~」

    東京都杉並区立天沼中学校 大塚雄史教諭

 

【ワークショップ】

  「対話的・協働的で深い学習をめざして」

    ジャパンアートマイル 古川浩一、塩飽隆子

2018年度アートマイル関東セミナーレジメ(20180722).pdf

 


2017年のセミナーの様子
11:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2018/07/02

【募集告知】日本教職員タイ派遣プログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ACCUは文部科学省の委託を受け、教職員の国際交流プログラムを実施することになりました。
(本プログラムは、2000
年度より国際連合大学が文部科学省の協力の下でACCUを実施機関として行ってきた国際教育交流事業の後継プログラムです。)

今年度からはこれまでの日本教職員の中国と韓国への派遣プログラムに加え、第1回目となるタイへの派遣プログラムが始まります。タイの教育に触れ、タイの先生や児童生徒と直接交流し、その経験を日本の学校現場で生かしていただけるプログラムになると思いますので、この機会にぜひご応募ください。

 

【プログラム概要】

●派遣期間(予定):※日程について変更の可能性あり。変更の場合、ACCUホームページにて発表します。

2018826()91() 

825()に東京都内にてオリエンテーションを実施(参加必須)

●派遣先:

タイ(バンコクなど)

●活動内容:

‐タイの学校の訪問

‐タイの教職員・児童生徒との交流・意見交換

‐文化施設・史跡見学を通じたタイ文化の体験など

 

募集概要

●募集人数:4程度 

※訪問団の全体数は7名を予定。一般公募以外の参加者は、タイ教職員招へいプログラムの受入れ校、受入れ教育委員会が推薦する教職員、随行員です。

●応募資格:

•日本国籍を有すること。

•所属する教育長・学校長等から推薦を受けた、初等中等教育教職員であること(教育行政職員を含む)。

•将来にわたりタイとの教育交流の推進に寄与できること。特に、タイとの学校/教員/児童生徒/地域間の交流、または定期的な情報交換等を推進する立場にある者が望ましい。

•健康で、オリエンテーションを含めたプログラムの全日程に参加が可能であること。

•団体行動の規律を守り、主体性を持って積極的に参加ができること。

•訪問先が日本とは習慣の異なる国であることを理解し、突然の変更等にも柔軟に対応できること。

•日本国内にて、Eメール使用して円滑に連絡を取ることができること。

※参加決定後は、参加者本人と直接連絡を取らせていただきます。

   ・日常会話レベルの英語能力を有すること。

 

●応募方法:

募集要項をご覧の上、参加希望者は、以下の3種類の書類を電子メールで送付して下さい。(※手書きの応募書類は受け付けません)

タイとの交流実績を紹介する資料があれば応募時にメールまたは郵便にて送付してください。

(1)派遣候補者本人の記入済み申請用紙(和文)

(2)入国時に6ヶ月以上有効なパスポートのコピー

※申請時点で有効なパスポートを保有または申請済みである必要があります。

参加決定後すぐに航空券を手配するため、参加決定通知後の申請は認められませんので、

ご注意ください。

(3)学校長による推薦状

※推薦状サンプルの形式に則って、推薦する教職員名、推薦する理由、交流実績、

選考結果の連絡先を明記し、押印済みの推薦状をPDFで送付ください。

 

●応募締切:

応募締切 712()正午必着

[E-mail]  accu-exchange_ml@accu.or.jp

 

●発表:

2018720()

720()頃を目途に、推薦状にあるメール宛に通知し、その後郵送します。

 

募集要項、申請用紙などはこちらからダウンロードしてください。

http://www.accu.or.jp/jp/news/detail.php?nid=712

 

 

【お問い合わせ先】

公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)国際教育交流部 

担当:河口・藤澤

TEL03-3269-4498

E-MAILaccu-exchange_ml@accu.or.jp

URLhttp://www.accu.or.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/accu.or.jp


13:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/28

2018年度日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)のパイロット事業公募開始のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

文部科学省では、関係府省や国際協力機構(JICA)、日本貿易振興機構(JETRO)、地方公共団体、教育機関、民間企業、NPOなどが協力してオールジャパンで取組む「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)を実施しています。

このたび、「EDU-Portニッポン」の一環として、2018年度「パイロット事業」(EDU-Port公認プロジェクト、応援プロジェクト)の公募を開始いたしました。

本事業の目的は、日本政府が進める日本型教育の海外展開のモデル候補となりうる事業を、プラットフォームを通じ集中的に支援し、併せて成果・課題を検証、共有することで日本型教育の海外展開のモデル形成に資することです。今年度は採択件数を大幅拡充するほか、アジア地域に加え、中東・中南米・アフリカ地域も新たに重点地域として公募します。皆さまのご応募をお待ちしております。

 

公募説明会:【第1回】74日(水)14:0015:00

      【第2回】713日(金)14:0015:00

公募締切 : 86日(月)12:00(メールにて事務局宛に申請資料一式を送付)

 

公募要領等の詳細については、下記をご覧ください。

https://www.eduport.mext.go.jp/html/programs/pilot.html


10:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/22

【第3期教育振興基本計画が閣議決定されました!】

Tweet ThisSend to Facebook | by MEXTユネスコスクール担当
【第3期教育振興基本計画が閣議決定されました!】

第3期教育振興基本計画について、平成30年6月15日に閣議決定がなされましたので、お知らせいたします。

文部科学省HP

第3期教育振興基本計画(平成30年6月15日閣議決定・対象期間:平成30年度~平成34年度)



第3期教育振興基本計画

第3期教育振興基本計画(概要) (PDF:407KB)PDF

第3期教育振興基本計画(本体) (PDF:1631KB)PDF


このうち、計画本体の「第2部 今後5年間の教育政策の目標と施策群」のなかで「今後の教育政策に関する基本的な方針」のひとつめである「1.夢と志を持ち,可能性に挑戦するために必要となる力を育成する」ための下記目標においてESDやユネスコスクールに関する施策が記載されています。

・主として初等中等教育段階における
 目標(1)「確かな学力の育成」(p.49)、目標(2)「豊かな心の育成」(p.52)

「我が国がESDの推進拠点として位置付けているユネスコスクールの活動の充実を図り,好事例を全国的に広く発信・共有する。また,地域の多様な関係者(学校,教育委員会,大学,企業,NPO,社会教育施設など)の協働により,ESDの実践・普及や学校間の交流を促進するとともに,ESDの深化を図る。これらの取組を通して,持続可能な社会づくりの担い手を育む。」

・主として高等教育段階における
 目標(4)「問題発見・解決能力の修得」(p.57)

「地域の多様な関係者(学校,教育委員会,大学,企業,NPO,社会教育施設など)の協働によるESDの実践を促進するとともに,学際的な取組などを通じてSDGs(持続可能な開発目標)の達成に資するようなESDの深化を図る。これらの取組を通して,地球規模課題を自らの問題として捉え,身近なところから取り組む態度を身に付けた持続可能な社会づくりの担い手を育む。」




16:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ユネスコNews
2018/06/20

【参加者募集】8月22日:ユネスコスクール・ESD全国実践交流会in大牟田

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

おおむた・みらい・ESD推進事業

ユネスコスクール・ESD全国実践交流会in大牟田  

「みんなで語り合おう、SDGsに向けたESDの次なるステップ」

 

日時 平成30年8月22日(水)10:00~16:00

場所 ホテルニューガイア オームタガーデン 

鳳凰の間・平安の間・飛鳥の間

 

 大牟田市教育委員会は、市をあげてESDに取り組んでおり、SDGsに向けて、標記研修会を行います。

本年度も、九州地区をはじめとする、全国各地の多くのユネスコスクール関係者、ESDに関心をお持ちの方々に参加いただき、SDGsの達成に向けてESDをどのように推進したらよいか、みんなで考えていきたいと思います。

それぞれの交流の場として、たくさんの関係者の方々の本研修会への参加をお待ちしております。

研修会の詳細については、案内チラシをご参照ください。

 8月22日:①ユネスコスクール・ESD全国実践交流会:チラシ.pdf
 8月22日:②ユネスコスクール・ESD全国実践交流会:申込み書.pdf

 

問い合わせ先

 大牟田市教育委員会 学校教育課指導室

 0944-41-2861

 担当:小宮 武士 t-komiya@st.city.omuta.fukuoka.jp


09:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。