イベントのお知らせ


 カレンダーを開く
 

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。

 
イベントのおしらせ
12345
2020/09/25new

「未来計画Q」に参加して、世界のみんなと未来を考えよう!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

「未来計画Q」に参加して、世界のみんなと未来を考えよう!

  “Time To Question”(日本名「未来計画Q」)という大規模なオンラインアンケートが世界で行われています。
 フランスの公共メディアが呼びかけた国際協同プロジェクトで、ポストコロナ時代について共に考え、国境を越えたつながりを取り戻し、行動に繋げることを目的に、「私たちの社会の今と未来について」というテーマで実施されています。
 日本ではNHK WORLD-JAPANが実施主体となり、アジア地区での実施にユネスコバンコクが協力しています。
日本では秋以降に結果を分析して、ニュースや番組での発信、関連番組の放送が予定されているそうです。

 日本からも多くの若者の声を寄せていただきたいとのことで、ユネスコバンコク及びNHK WORLD-JAPANより協力依頼がありました。
 ぜひユネスコスクールの生徒さんにご参加を呼びかけていただき、世界のみんなと一緒に未来を考えましょう!
(もちろん大人の皆さんのご参加も歓迎します)

 「未来計画Q」アンケートサイト:https://www.time-to-question.com/ja 
Twitterアカウント:https://twitter.com/miraikeikakuq


18:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2020/09/25new

【開催案内・参加者募集】ASEF ClassNet 2020 School Collaboration「A New Education Scenario: Wellbeing of Teachers, Students & Parents」の開催について

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ASEF ClassNetは、これまで、ASEM(欧州アジア会議)加盟国の教育関係者を中心に、互いの教育実践や研究交流を学び合い、国際的なネットワークを展開することを目的として、開催されてきました。

今年度は、新型コロナウィルス感染拡大を鑑み、「中等教育における教師・生徒・保護者のウェルビーイング」をテーマとして、オンラインワークショップやバーチャル学校訪問を実施いたします。

参加を希望される方は、詳細サイトをご確認の上、9月30日(水)までにサイト内の申込フォームからお申し込みください。

 

実施期間: 令和2年10月1日(木)~12月31日(木)のうち後日決定

実施形態: オンライン

使用言語: 英語(通訳なし)

対  象: 小学校・中学校・高等学校等の教員、生徒、保護者 

費: 無料・要申込

詳細および申込フォーム:https://asef.org/projects/themes/education/5080-asef-classnet-school-collaborations-2020

 

PDFこちら


16:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/23new

【参加者募集】文科省「新時代の教育のための国際協働プログラム」教員交流研修(一部オンライン実施)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)では、文部科学省「新時代の教育のための国際協働プログラム」に採択され、
「持続可能な社会の創り手」意識と行動変容をもたらすためのメーカー(ものづくり)教育/クリエイティブラーニングの実践・研究を行なっております。

この度事業の一環として教育委員会、各種学校の教員を対象にオンラインで教員研修を行うこととなり、参加者を募集しております。
SDGs
や持続可能な社会作りにおいては、実際に作ったり表現を伴う図工、技術、家庭科、美術、保健体育、音楽、情報など、
生徒の創造性や表現力を高める様々な教科が重要になると考えています。

表現活動を伴うことで発表だけではない形で表現したり、実際に社会のために何か作りあげる学習活動を通して、
より「持続可能な社会の創り手」意識を高めていくための学習プログラム、カリキュラムを考えていく機会としていきたいと考えています。
「持続可能な社会の創り手」育成においてたくさんの実践や事例を重ねてきているユネスコスクールの皆様にご参加いただき、
次年度以降、物づくりや表現に関わる教科を中心としたSDGs学習・カリキュラムの可能性について一緒に探求できれば幸いです。

プログラムは以下2種類があります。
国内コース(全国の教員・教育行政担当者と共に、メーカー教育、クリエイティブ学習を通した変容を促す教育について学び、次年度カリキュラムマネジメントの方向性を作る)
国内コース+海外コース(アメリカ・ブラジルの実践者と実践事例共有をしながら、これからの教育を創るにあたって必要なことについて提言をまとめていく)

本事業を通して、より包括的なカリキュラムマネジメントや創造性を高める教育の可能性についてご一緒できれば幸いです。
皆様のご参加お待ちしております。


【研修概要】

日程:

 国内研修(国内研修、海外研修参加者全員対象<最大18名>) 計5回のオンラインセッション
10
月中:参加者確定、事務連絡及びオンラインによる自己紹介、事前課題

11/8(日):第一回研修(全体セッション)
11/22
(日):第二回研修(全体セッション/後日配信参加可)
12/6
(日):第三回研修(全体セッション/後日配信参加可)
12/13
(日):第四回研修(全体セッション)
2021/2/11
(木・祝):第五回研修(全体セッション)

 海外研修(海外研修参加者6名)
海外での研修を前提にしていますが、新型コロナウイルス感染症の状況に応じてオンラインでの研修に切り替える可能性もあります。
12
月:オンラインにて事前共有(アメリカ、ブラジル教員チームとのオンラインによる自己紹介、事前課題)
1/23
(土):出発直前研修
1/24
(日)〜 1/31(日):アメリカ・ブラジル・日本の3カ国参加者による研修
2/13
(土):成果総括セッション(オンラインにて全体セッション)
3
月:(各自)参加者による、各校、地域や事業成果報告会、学会等で事例や提言の発表を行う

締め切り:2020102日(金)17時まで
応募方法:以下のリンクまたは以下の資料に記載のQRコードからフォームに記入ください。

リンクはこちら⇒https://j-gift.org/24355-2/
資料はこちら⇒新時代プログラム事業教員交流.pdf

 


10:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/18

【参加者募集】全国幼児教育ESDフォーラム2020

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者


ESDを基軸とした質の高い幼児教育の推進と学校種間の接続:持続可能な社会をめざした多セクター連携」をテーマに、「全国幼児教育ESDフォーラム2020」を開催いたします。

111日(日)~
バーチャルフォーラム(特設ページにて、KeynoteSpeech、分科会報告、口頭発表のオンデマンド動画配信)

1114日(土)13:3015:00
分科会ディスカッション(静岡市産学交流センターB-nestおよびオンライン(Zoom))

詳細は、フォーラムWEBサイトをご覧ください。
https://knotworklab.com/forum/ 

チラシはこちら⇒
全国幼児教育ESDフォーラム2020.pdf


10:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/17

【参加者募集】子どもと若者のための国連気候変動及び適応に関するコンペティション

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

The UN Climate Change Adaptation Committee(国連気候変動適応委員会)は気候変動と適応に関する下記2つのコンペティションを開催します!2つともに提出〆切日は9/30です。

*****
l  TheAdaptation Visual Art Competition

 気候変動の影響から回復した未来に関するビジョンを描くアートコンペを世界中の17才以下の子どもたちを対象に実施します。

 ―
2030年の気候変動の影響から回復した未来はどんな未来だと思いますか?

―私たちの建物と教室は?私たちの服は?私たちはどんな食べ物を食べていますか?移動手段はどうなっているだろう?自然界やコミュニティとどのようにつながっているだろう?

 ☆コンペの内容や応募方法などの詳細は下記URLよりご覧ください!  
 http://tep-a.org/artcompetition/

*****

l  TheAdaptation Youth Policy Case Competition

気候変動に適応していくために現在生じている課題を、政策レベルで革新的にどのように解決していくべきか、1830才の若者(Youth)に提案を求めます。

―どのようにして気候変動への適応に関する資金を地方レベルに向けることができるでしょうか?

―政府は気候変動適応関連技術の開発と展開をどのようにしてスピードアップできますか?

気候変動に対する長期的な回復力(レジリエンス)を構築するのに役立つ方法で
COVID-19に対応するという課題に取り組むソリューションも提案できます。

☆コンペの内容や応募方法などの詳細は下記
URLよりご覧ください!
http://tep-a.org/casecompetition/

*****

 


16:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/17

【お知らせ】Happy Schools Project 要旨

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

日本のユネスコスクール5校が参加したHappySchools Project(ユネスコ・バンコク事務所主催)の第2期事業(2018-2019年)で使用したHappySchoolsの要旨がユネスコバンコク事務所のウェブサイトにて公開されました。
Happy Schoolsの概念は、教育の質を目標に掲げるSDG4と多くの面で関連性があります。

以下、URLよりぜひご覧ください!
https://bangkok.unesco.org/content/happy-schools-framework-learner-well-being-asia-pacific

HappySchools Projectとは
学校での経験が幸福(well-being)実現にあたり、重要な役割を担っていることから、学校での幸福感を高めることを目的に、2014年ユネスコ・バンコク事務所より発足しました。

プロジェクトに参加した5校のユネスコスクールは、学校で幸福感を高める活動を行いました。
プロジェクトの詳細・参加校5校の活動については、以下の「国内のグッドプラクティス」のページをご覧ください。
http://www.unesco-school.mext.go.jp/goodpractices/goodpractices.dom/Happy-Schools-Project/ 


14:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/17

「国際平和デー」(9/21)をお祝いしよう!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 921日は「国際平和デー」です。国連は、1981年に、すべての国、すべての人々にとって共通の理想である国際平和を記念・推進していく日として、「国際平和デー」を宣言、2002年以降は、毎年921日を国際平和デーと定めました。以後、停戦と非暴力の日として、この日一日はすべての国と人々に、敵対行為を停止するよう働きかけています。

 

 国際平和デーは、平和で持続可能な世界を構築するために、世界の連帯がもたらす力を称えます。

 世界の連帯がもたらす力は、いまだかつてないほどに様々な課題が出現する現代において、これまでになく大切です。新しい分断勢力が出現し、憎しみや不寛容が広がっています。暴力を煽るテロ、また脆弱な立場にある者や若者の心を毒する暴力的な過激主義がはびこっています。一方で、世界の最も貧しく発展途上の国々では、気候変動に関連した自然災害が、脆弱性に輪をかけ、移住を余儀なくされたり、暴力のリスクを増大させたりしています。

 平和を実現するための障壁は複雑で高く、一つの国のみで解決できるものではありません。可能な限り迅速に、新しい形の連帯と協働が求められています。

 平和で持続可能な開発の文化は、ユネスコの使命の中核にあります。人権教育、平和的な関係構築のためのスキル、良いガバナンス、ホロコーストを追悼すること、紛争の回避と平和構築は、持続可能な開発に向けてのトレーニングと研究と共に、ユネスコの優先事項となっています。

 

ユネスコスクールの国際指針では、年に2回以上国際デーをお祝いすることが加盟継続の条件とされています。SDGs達成に向けて、この国際デーをお祝いしませんか?

 

 

ユネスコHP「国際平和デー」(英):

https://en.unesco.org/commemorations/peaceday

ユネスコスクールHP(英)「国際デー」:https://aspnet.unesco.org/en-us/international-days 


12:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/17

【お知らせ】ユネスコスクール年次活動調査掲載のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 2019度日本/ユネスコパートナーシップ事業にて文部科学省より委託を受け実施いたしました「2019年度ユネスコスクール年次活動調査」について、下記のページに調査結果及び概要を掲載いたしました。ぜひご覧ください。

http://www.unesco-school.mext.go.jp/ユネスコスクール年次活動調査/



11:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/16

【お知らせ】今年度もユネスコスクール全国大会が開催されます!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

12回ユネスコスクール全国大会が、下記の日程で開催されます。

日程: 2020126日(日)
会場: オンライン、主会場(東京)、地方会場複数箇所

ご参加をご希望の方は、日程の確保をお願い申し上げます!

また、開催時間やお申込み方法などの詳細はユネスコスクール公式ウェブサイト及びFacebookhttps://www.facebook.com/aspnet.japan/)にて随時配信していきますので、ぜひご覧ください。

※その他、全国大会に先駆けて複数地域でユネスコスクール地方大会も開催される予定です。


15:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/16

【参加者募集】「せかい部×SDGs探求」高校生レポーター・先生レポーター募集

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」主催の「#せかい部xSDGs探究」では、99日(水)から928日(月)までの期間、高校生レポーター100人と先生レポーター5人を募集しています。選出されたレポーターは、5つの社会課題から自身が選んだテーマについて、国内外で活躍する各分野の専門家とオンラインで繋がり、講義や関連施設のバーチャル見学などを通じて、グローバルな視点で探求学習をし、SNSで学びや気づきをレポートしていきます。

ここでしか聞くことができない話を直接聞くことができるスペシャルな企画です!

詳細及び応募については、こちらまで:https://tobitate.mext.go.jp/news/detail.html?id=224


10:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345