このサイトは文部科学省の委託による「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCUにより構築されています。
ユネスコスクールウェブサイト
 

年次アンケートご協力のお願いはこちら
 
ASPUnivNet
 
ASPnet in Japan
 
 
文部科学省










国立情報学研究所




『ユネスコスクールESD優良実践事例集』

『ユネスコスクールと持続可能な開発のための教育(ESD)』
 

『ESD QUEST』
携帯で表示させる
イベント情報を
携帯電話でcheck!


サイトへのお問い合わせ
webmaster@accu.or.jp
 
 
オンラインユーザー60人
ログインユーザー0人
登録ユーザー1086人
since 2009.31784212


イベントのお知らせ

 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ
12345
2017/04/12

【参加校募集5/10締切】2017年度「日・中・韓青年文化フェスティバル」

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

2017年度 「日・中・韓青年文化フェスティバル」参加校募集!

 

日本ユネスコ協会連盟は、2015年より中国ユネスコ協会クラブ連盟、韓国ユネスコ協会クラブ連盟と共に「日・中・韓青年文化フェスティバル」を開催しております。本プログラムは、日本、中国、韓国の未来を担う高校生が集い、持続可能な社会のあり方について、考えを深めることを目的に実施しています。

今年度は、世界有数のメガシティ東京に日本・中国・韓国の高校生が集まり、持続可能な都市とコミュニティのあり方について考えます。

海外の高校生と英語でディスカッションしながら交流を深めたいと考える意欲ある高校生のご応募をお待ちしております!

 

◆日程201783日(木)~87日(月)

うち83日は日本人のみで事前研修会、87日は帰宅日

◆会場:大森東急REIホテル 5階『メープルルーム』(東京都大田区大森北1-6-16アトレ大森) 

◆募集人数:計高校生12名(3校)

1校につき生徒4+引率教員1名のグループを編成して学校単位でご応募ください。

◆応募資格

・日本の高校に在学する生徒(1年~3年 ※学年混合可)

・持続可能な社会のあり方に興味を持ち、積極的に意見できる者

・他国の文化を尊重し、他国の参加者と積極的に交流する意欲のある者

・団体行動において協調性のある行動ができる者

・プログラム後、学校や地域等において今回の体験を生かした活動を行う意欲のある者

・全行程に全員が参加できること

◆提出書類

1)生徒用参加申込書【様式Ⅰ】(日本語+英語) ※生徒全員分 

2)課題作文(日本語) ※生徒全員分

テーマ:「自分のまちの持続可能性」

原稿形式:Microsoft Word形式 横書き 1000字~1200字程度(題名除く)

・自分の住んでいるまちや学校のあるまちを持続可能性の観点から紹介してください。

・良い面、悪い面、またはその改善策など自分の考えを述べてください。

3)学校長推薦書(表面)教員による推薦理由書(裏面)【様式Ⅱ】

※教員が記入してください。 

 

◆応募締切2017510日(水)【消印有効】

応募書類は郵送でのみ受け付けします。

(合否通知は6月上旬を予定しています)

 

◆募集要項及び申請書はこちらのページをご確認ください。

http://www.unesco.or.jp/unesco/news/2017/9991711522004.html

 

 

【申し込み・問い合わせ先】

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟  日・中・韓青年文化フェスティバル担当

TEL03-5424-1121   FAX03-5424-1126


18:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 公募
2017/04/10

【参加者募集】日本教職員韓国派遣プログラム(締切5/11木15:00)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

日本教職員韓国派遣プログラム(締切5/111500

公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)では、上記プログラムに参加する教職員を約15~20名募集します。

 

本プログラムでは、韓国のユネスコスクールを訪問を予定しており、ユネスコスクール所属の教職員の方々にとっては、海外のユネスコスクールの活動やESDGCED(世界市民教育)の実践例を知るまたとない機会です。その他、訪問校で授業をしたり、給食を体験してみたり、ホームビジットで韓国の家庭の温かさに触れたり、韓国を肌で感じる一週間となっております。

 

たくさんのご応募をお待ちしております。

 

〔プログラム概要〕

●派遣期間:

平成29711()717()

610日(土)に都内にてオリエンテーションを開催(全員参加)

710日(月)は翌日の出発便が早朝のため、参加者全員前泊とします。

 

●派遣先:

大韓民国(ソウル、忠清北道・大邱、仁川)

 

●活動内容:

(1)小・中・高・特別支援学校や教育施設訪問を通じて、持続可能な開発のための教育(ESD)や地球市民教育(GCED)を含む韓国の最新の教育政策・現状の視察

(2)訪問先における韓国の教職員・児童生徒との交流、日本の文化やESDの紹介

(3)世界遺産見学やホームビジットを通じた、韓国文化の理解

 

〔募集概要〕

●募集人数:

15~20名程度 ※訪問団の全体数は50

 

●応募資格:

・日本国民であること。

・所属長から推薦を受けた、初等中等教育教職員(教育行政職員を含む)であること。

・健康で、オリエンテーションを含めたプログラムの全日程に参加が可能であること。

Eメールを用いて円滑に連絡ができること。また、Microsoft Word/MicrosoftExcelなどの簡単な操作ができ、所定のフォーマットに必要情報を入力し提出できること。

・過去に本プログラムへの参加がないこと。

 

 また、ユネスコスクール、ESDGCEDの活動に携わっている者、または高い関心を持っている者、将来にわたり韓国との具体的な教育交流の推進に寄与できる者が望ましい。

 

●応募方法:募集要項をご覧の上、

(1)派遣候補者本人の記入済み申請用紙

(2)入国時に3ヶ月以上有効なパスポートのコピー

(3)学校長による推薦状  ※推薦状サンプルの形式に則ってご記入ください

3点をE-mail(accu-exchange_ml@accu.or.jp)で送付してください。

 

●募集期間および応募締切:

募集期間 平成2943日(月)~511日(木)1500

 

●発表:

平成29518()頃 

参加が決定した方には、追加で必要になる書類をお送りします。

 

募集要項、申請用紙などはこちらのホームページでご確認ください。

http://www.accu.or.jp/jp/news/detail.php?nid=646

 

これまでのプログラム内容はこちらをご覧ください。

http://www.accu.or.jp/jp/activity/person/03-02b-04.html

 

〔問い合わせ〕

公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)人物交流部 

担当:齋藤・河口(部長:進藤)

住所:〒162-8484 東京都新宿区袋町6番地 日本出版会館

TEL03-3269-4498  FAX: 03-3269-4510  

E-MAILaccu-exchange_ml@accu.or.jp

URLhttp://www.accu.or.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/accu.or.jp



13:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/04/06

2017年度「アートマイル国際交流壁画共同制作プロジェクト」受付開始

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 2017年度「アートマイル国際交流壁画共同制作プロジェクト」(文部科学省・

外務省後援事業)の参加申込の受付が始まりました。締切は525日です。


 

---------------------------------------------------

【申込期間】201741日(土)~525日(木)

【実施期間】20179月~20183

【実施対象】小学校・中学校・高等学校・大学生

【募 集 数】100

【参 加 費】・画材費:19,500円+消費税+送料(壁画キャンバス+絵の具)

      ・輸送費:1万円~3万円(海外校にキャンバスと絵具を送る費用)

           ※国と荷物の重量により金額が異なります。

      ・システム使用料:20,00+消費税            

【申込方法】詳細はホームページをご覧下さい。  

       https://artmile.jimdo.com/

       参加申込書はこちらからダウンロードできます。      

             https://artmile.jimdo.com/join-us-%E5%8F%82%E5%8A%A0%E6%96%B9%E6%B3%95/

【お問合せ】(電話)0791-43-5629 (メール)jam@artmile.jp

【参加決定】6月に参加決定通知を郵送

----------------------------------------------------

 

  「アートマイル国際交流壁画共同制作プロジェクト」(通称アートマイル)は、海外のパートナー校とインターネットを使って、「平和」「文化」「環境」などの地球規模のテーマや、「命」「将来の夢」など生き方に関するテーマ等について双方向に学び合って想いを共有します。その想いを言葉に表して世界に発信するメッセージを作成し、そのメッセージを絵に表して1枚の壁画(1.5m×3.6m)を共同制作する7ヶ月間の継続した国際協働学習です。

 

アートマイルは、総合的な学習の時間で実施すると、各学校がすでに取り組んでいる「探究的な学習」を発展的に世界に拡げることができ、教室や地域で育てている「生きる力」を「グローバルな21世紀の国際社会を生き抜く力」に高めることができます。また、国語、社会、英語、情報、美術などで教科横断的に取り組むと、各教科等で身に付けた知識を相互的・総合的に活用して海外の相手と協働学習することで、「思考力」「判断力」「表現力」を育てることができます。

 

アートマイルは、ユネスコのボコバ事務局長から、「持続可能な開発のための教育(ESD)としても地球市民教育(GCED)としても有効である」と評価され、今年の3月にカナダで開催された世界会議ユネスコ・ウィークにはユネスコ本部より招待されて参加しました。

 

アートマイルは国連が進める持続可能な開発目標(SDGs)に向けた学習であり、「自分たちが世界の仲間と平和で持続可能な世界を創っていく」という意識を持つ子どもたちを育てる学習プログラムです。

 

アートマイルで未来を創る力を育ませんか?


18:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2017/04/06

【参加募集 5/26締切】防災教育に取り組む学校を支援します。

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
防災教育に取り組む学校を支援します!
 

日本ユネスコ協会連盟は、平成29年度「第4アクサユネスコ協会減災教育プログラム」の参加校を募集しています。

 

本プログラムは、防災教育に取り組む小・中・高校のために、助成金10万円の支援と、被災地を実際に訪問する教員研修(無料・旅費全額補助)がセットになったプログラムです。

 

「防災教育を見直したいけれど、何からやればよいか分からない」

「より実効性のある防災・減災教育に取り組みたい」とお考えの学校の皆さまを予算面・研修面から支援します。

 

【助成金概要】

◆助成の対象:自然災害(地震、津波、台風、豪雨雪、洪水・・等)に備えるための「減災(防災)教育」に取り組む小学校、中学校、高等学校

◆助成の対象分野:「減災・防災教育」の授業実践に必要なもの等

◆助成金額:1校につき助成金10万円(一律) 

◆申請受付期間:平成2941日(土)~526日(金)郵送必着

 

◎募集要項および申請書等の詳細は、以下をご覧ください。

http://www.unesco.or.jp/gensai/#join

 

 

・主催:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

・協力:アクサ生命保険株式会社

・お問い合わせ:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟・減災教育係

電話:03-5424-1121

メール:gensai@unesco.or.jp
  ホームページ:http://www.unesco.or.jp/gensai/

 

 

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟とアクサ生命保険株式会社は、UNESCOUnited Nationsof Educational, Scientific and Cultural Organization: 国際連合教育科学文化機関)が推進するESDEducation for Sustainable Development: 持続可能な開発のための教育)の重要なテーマの一つである減災・防災教育に取り組む学校を支援します。とりわけ、自然災害においては、被害を完全に防ぐことが困難であることを前提に、被害をできる限り最小限に抑えることを目指す「減災」の観点から、従来型の防災・避難訓練活動にとどまらず、災害に対して総合的な視点を持ち、より実効性を高めることを目指す減災・防災教育を推進しています。


17:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 公募
2017/03/28

ESDとグローバル人材 2017年度開発教育指導者研修(実践編)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ESD(持続可能な開発のための教育)とグローバル人材
2017年度開発教育指導者研修(実践編

 よりよい未来を描き実現するために、「参加型学習(アクティブラーニング)」を通して1人ひとりをエンパワーし、参加の力を身につけるための場と方法を提供することのできる「開発教育(国際理解教育)指導者」育成することを目的としています。

 

 6月から8月の3回の研修で開発教育・国際理解教育の理念と実践方法を学び、9月から20181月に研修の成果を活かして、各自学校や地域の現場で実践を行った後、20182月に一般公開で実践内容を発表・評価しあう、1年間を通した開発教育・国際理解教育の実践者向けの充実した研修です。また、「教師海外研修」参加者は、本研修にすべて参加します。異なる場で学んできたことが本研修に還元され、さらに豊かな学び合いの場となります。

 

【研修日程】

2017.6.10(土)~2018.2.11(日)

・第1…6/10(土) 13:0017:00 11(日) 10:0015:00

・第2…7/15(土) 13:0017:00 16(日) 10:0015:00

・第3…8/26(土) 13:0017:00 27(日) 10:0017:00

・第4…2018.2/10(土) 10:0018:00

・実践報告フォーラム…2018.2/11(日) 10:0016:30

 

【会場】

JICA中部なごや地球ひろば

(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線・ささしまライブ駅下車徒歩5分、近鉄名古屋線・米野駅下車 徒歩10分、各線・名古屋駅下車 徒歩13分)

http://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/information/access.html

駐車場の用意はありませんので公共交通機関をご利用ください。

 

【参加費】

無料

交通費は各自にてご負担いただきます。

遠方にお住まいの方はJICA中部に宿泊できます(費用はJICA規定に基づきJICAが負担します)。

 

【定員】

40名程度(うち20人程度は教師海外研修参加者)

 

【参加方法(応募方法)】

申込書にご記入のうえ、FAX、郵送、Eメールのいずれかにて、下記申し込み先までお送りください。

 

【詳細・申し込み用紙ダウンロード】

http://blog.canpan.info/nied/archive/248

 

【申込(応募)締切】

521日(日)まで(必着)

 

【申し込み・お問い合わせ】

(特活)NIED・国際理解教育センター JICA研修係

担当者:川合 眞二

電話番号:070-5333-5566

ファックス:052-791-5779

Eメール:nied@love-hug.net

 

問合せ先

NIED・国際理解教育センター

 

電話番号

070-5333-5566

 

■E-mail

nied@love-hug.net

 

ホームページ

http://nied.love-hug.net/


10:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2017/03/28

教師海外研修「パラグアイ&エチオピア」五感で学ぶ体験!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

教師海外研修「パラグアイ&エチオピア」五感で学ぶ体験

 

 教職員の皆さんが、開発途上国の暮らしや社会、国際協力活動などを体感し、人類の多様性、心の同一性、あるいは人類共通の課題解決に必要なことなどを考える機会とし、その経験をよりよい質の教育活動に活かしてもらうことを目的に実施します。

 

【3つのウリ!】

1.国際協力などの現場に訪問し、人々との交流や意見交換ができます!

2.生きた教材を、チームで計画的に収集し、授業に生かす方法を学べます!

3.研修の学びを生かした授業実践は、子どものより良い変化が期待できます!

 

【研修日程】

パラグアイ:7/25(火)~8/7(月)14日間

エチオピア:8/5(土)~8/17(木)13日間

上記の海外研修のほか、国内における事前・事後研修や

開発教育指導者研修(実践編)にも参加していただきます。

2017年度開発教育指導者研修(実践編)の内容と日程

http://blog.canpan.info/nied/archive/248

 

【国内研修会場】

JICA中部なごや地球ひろば

(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線・ささしまライブ駅下車徒歩5分、近鉄名古屋線・米野駅下車 徒歩10分、各線・名古屋駅下車 徒歩13分)

http://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/information/access.html

駐車場の用意はありませんので公共交通機関をご利用ください。

 

【参加費】

旅費・研修費は無料、海外における宿泊費・食費は自己負担

(詳細は募集要項を参照のこと)

 

【定員】

パラグアイ、エチオピア合わせて20名程度

 

【参加方法(応募方法)】

申込書にご記入のうえ、FAX、郵送、Eメールのいずれかにて、下記申し込み先までお送りください。

 

【詳細・申し込み用紙ダウンロード】

http://blog.canpan.info/nied/archive/249

 

【申込(応募)締切】

510日(水曜)まで(必着)

 

【申し込み・お問い合わせ】

(特活)NIED・国際理解教育センター JICA研修係

担当者:川合 眞二

電話番号:070-5333-5566

ファックス:052-791-5779

Eメール:nied@love-hug.net

 

問合せ先

NIED・国際理解教育センター

 

電話番号

070-5333-5566

 

■E-mail

nied@love-hug.net

 

ホームページ

http://nied.love-hug.net/


10:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2017/03/23

\お知らせ/今年度の刊行物が完成しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

平成28年度「日本/ユネスコパートナーシップ事業」刊行物が完成しました!

 

この度、「ひと目でわかる ESD推進事業ガイド」と「キラリ発進!サステイナブルスクール―ホールスクールで描く未来の学校―」が完成しました!

概要は、本ホームページ「教材ルーム」よりご覧ください。

下記より、ダウンロードも可能です。

●「ひと目でわかる ESD推進事業ガイド」(日・英)

ESD推進事業ガイド_JPN.pdf(日本語版)
ESDPromotionGuide_ENG.pdf(英語版)

●「キラリ発進!サステイナブルスクール―ホールスクールで描く未来の学校―」(日)

キラリ発進!サステイナブルスクール.pdf

 

どちらも多くの皆様にお手にとっていただきたい一冊です。ぜひご覧ください。

※本冊子は平成28年度文部科学省委託「日本/ユネスコパートナーシップ事業」によって制作されました。


11:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/03/16

「地球温暖化防止コミュニケーター養成セミナー」開催のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

環境省事業「地球温暖化防止コミュニケーター養成セミナー」開催のご案内

 

■「地球温暖化防止コミュニケーター(旧IPCCリポートコミュニケーター)とは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)報告書や、今後の地球温暖化対策の大きな節目となるパリ協定、国民運動「COOLCHICE」、地球温暖化対策計画等の地球温暖化の最新情報を国民に伝え、地球温暖化防止への意識喚起を図る活動を行う方々で、教員、自治体職員、気象予報士、企業のCSR担当者から一般の方まで、多くの方がセミナーやイベント、小中学校への出前授業など、様々な“伝える場”で活躍しています。

■コミュニケーターにご登録いただく主なメリットは以下のとおりです。

〇ESDや環境学習等に役立つ実践的でカスタマイズ可能な映像やパワーポイントツール

 が活用です。

〇コミュニケーター同士の交流の場が提供されます。

〇修了証書とコミュニケーターバッジが進呈されます。

■コミュニケーターの登録には、「18歳以上」で、「気候変動に対し高い関心を持っている事」以外特別な資格、条件はありませんが、「eラーニング」と全国で行われる「養成セミナー」を受けていただくことが必要となります。

■3月中に、以下の5回の養成セミナーが開催されますので、是非この機会にコミュニケーターへの登録をご検討ください。

   〇322日(水)東京  〇325日(土)岡山

     〇326日(日)京都  〇326日(日)名古屋・稲沢

     〇328日(火)東京  

*詳細はこちら↓

    http://funtoshare.env.go.jp/ipcc-report/
15:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ご案内
2017/03/10

UNESCO GEM レポートシンポジウム2016-共生と学び合い

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

【参加者募集】

グローバルエデュケーションモニタリングレポートシンポジウム2016
-
共生と学び合い

 

世界中の人々が望む未来への道しるべとなっている「持続可能な開発目標(SDGs)」の中に、教育の目標(すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する)も含まれています。その教育における持続可能な開発目標(SDG4)達成への道筋と課題を取り上げたユネスコ「グローバルエデュケーションモニタリングレポート(GEMレポート)2016」の概要(日本語版)が3月に発行されます。この機会を捉え、下記の通り、シンポジウムを開催します。

教育はすべてのSDGsの達成を下支えする重要な役割を果たすとの認識に立ち、本シンポジウムは、国・地域を越えた学び合いやパートナーシップの観点から日本の教育協力のあり方について、特定営利活動法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンで活動する中高生をパネルに迎え広く意見交換を行います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要
「グローバルエデュケーションモニタリングレポートシンポジウム2016-共生と学び合い」

1)日時: 2017322日(水)1730-20001700開場)
2)場所: JICA市ヶ谷ビル2F 国際会議場
3)主催: JICA教育協力NGOネットワーク(JNNE、(公財)ユネスコ・アジア文化センター(ACCU
詳細情報はこちらから

お申し込み方法
参加ご希望の方は、315日までに下記連絡先にE-mailまたはFAXでお申し込みください。
なお、会場の都合上、定員を150名といたしますことを予めご了承ください。

連絡先: JICA人間開発部課題支援ユニット
 Tel:03-5226-6655 Fax: 03-5226-6336
 E-mail:kadaishien-ningen@jica.go.jp
----------------------
申し込みフォーマット----------------------
ご氏名(ふりがな):
ご所属(職位):
ご連絡先(Email):
---------------------------------------------------------------------------
以上
個人情報は、ご案内目的以外で使用することはありません。


14:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2017/03/03

\活動発信/『愛知県ユネスコスクール活動事例集 第4集』を発行しました

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

『愛知県ユネスコスクール活動事例集 第4集』を発行しました

 

愛知県教育委員会から活動事例集発行のお知らせが届きました!

 

愛知県では、現在163校がユネスコスクールに加盟しています(申請中含む)。愛知県教育委員会では、その内の10校のユネスコスクールの日頃の取組や、県外ユネスコスクールとの国内交流、県内のユネスコスクールが一堂に会して実施した愛知県ユネスコスクール交流会の様子等をまとめた活動事例集を発行しました。ぜひご覧ください。

 

活動事例集(PDF)はこちら
【web用】愛知県ユネスコスクール活動事例集第4集.pdf


10:59 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。