このサイトは文部科学省の委託による「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCUにより構築されています。
ユネスコスクールウェブサイト
 

年次アンケートご協力のお願いはこちら
 
ASPUnivNet
 
ASPnet in Japan
 
 
文部科学省










国立情報学研究所




『ユネスコスクールESD優良実践事例集』

『ユネスコスクールと持続可能な開発のための教育(ESD)』
 

『ESD QUEST』
携帯で表示させる
イベント情報を
携帯電話でcheck!


サイトへのお問い合わせ
webmaster@accu.or.jp
 
 
オンラインユーザー63人
ログインユーザー0人
登録ユーザー1115人
since 2009.32012763


イベントのお知らせ

 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ
12345
2017/06/22new

【ボランティア募集】 インドネシア語-日本語 通訳ボランティア募集

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

インドネシア語-日本語 通訳ボランティア募集

 

 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)にて「インドネシア/日本 学びの交流カフェ~持続可能な地域構築に向けたノンフォーマル教育の役割について考えよう~」を下記の通り開催いたします(イベント内容の詳細はこちら→インドネシア/日本 学びの交流カフェご案内.pdf)。 

この度、イベント実施時に参加者の交流をサポートしていただける通訳ボランティアを募集いたします。テーマに共感いただける方、異文化交流に興味のある方にご協力いただけましたら幸いです。詳細は以下の通りです。

  ノンフォーマル教育とは、学校教育以外において学習の機会をもっている場のことを指します

 

【実施日時】       2017725日(火)1300-1600

1300より事前打合せを実施いたします。)

【実施場所】       日本出版会館4階会議室

【募集人数】       7名(〆切:711日(火))

【言語】              日本語⇔インドネシア語

【交通費】           交通費として一律1,000円を支給いたします。

【対象者】

1.     イベントの趣旨を理解し、共感することができること

2.     日本語、インドネシア語ともに通訳者として差し障りない程度の言語力を有すること

3.     イベント実施時間及び当日の事前打合せに参加可能であること

【活動内容】

1.     イベントに参加するインドネシアの方々と日本の参加者同士のコミュニケーションサポート

2.     講演時の日本語からインドネシア語への逐次通訳(各グループ(23名程度)に1名入っていただき通訳サポートをしていただきます。)

3.     ワークショップ時の日本語及びインドネシア語の相互逐次通訳(各グループ(5名程度)に1名入っていただき通訳サポートをしていただきます。)

【応募方法】

下記のメールアドレスへ履歴書を添付しご送付ください。履歴書のフォーマットに特に決まりはありません。

メールアドレス:              webmaster@accu.or.jp

件名:                                【インドネシア】通訳ボランティア応募

〆切:                                2017711日(火)必着

送信いただきましたメールに返送する形で2017713日(木)までに結果を通知いたします。当日、通訳をお願いする方には活動内容の詳細を併せて送付いたします。

 

皆様からのご応募を心よりお待ち申し上げております!

 

【本件お問い合わせ先】

 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU

 〒162-8484 東京都新宿区袋町6(日本出版会館)篠田、四方

 電話:03-3269-4559 Fax:03-3269-4510

 E-mail: webmaster@accu.or.jp


15:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/22new

【参加者募集】 インドネシア/日本 学びの交流カフェ 開催のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

インドネシア/日本 学びの交流カフェ

~持続可能な地域構築に向けたノンフォーマル教育の役割について考えよう~のご案内

 

 この度、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)にて「インドネシア/日本 学びの交流カフェ~持続可能な地域構築に向けたノンフォーマル教育の役割について考えよう~」を下記の通り開催いたします。

 ACCUのこれまでのノンフォーマル教育への教育支援活動を振り返るとともに、インドネシアにてノンフォーマル教育(主に公民館での活動)をご専門とされている25名の方々をお招きした交流イベントを実施いたします。日ごろ、ノンフォーマル教育を通した教育活動を実施されている方、実施はしていないけれど興味のある方、どなたでもご参加可能となっています。共通のテーマを通して異文化交流してみませんか?

  ノンフォーマル教育とは、学校教育以外において学習の機会をもっている場のことを言います。

 

開催日時:           2017725日(火)1330-1600(開場:1300

開催場所:           日本出版会館4階会議室(東京都新宿区袋町6)

募集人数:           先着25名(〆切:718日(火))

言語:                  日本語、インドネシア語<ボランティア募集は別途案内参照>

(当日は通訳ボランティアが交流のサポートをする予定です)

申込方法:           https://ws.formzu.net/fgen/S45985369/よりお申込ください。

主催:                  公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU

後援:                  ESD活動支援センター(予定)

【イベント内容(予定)】

時間

内容

1300

受付開始

1330

開会

1345

ACCUのノンフォーマル教育支援の軌跡

1415

私たちのノンフォーマル教育を通した「学び」の共有

1500

これからの学びの形を語り合う

1555

閉会

<メインファシリテーター> 柴尾智子(ACCU シニアアドバイザー)

  こちら(インドネシア/日本 学びの交流カフェご案内.pdf)からもご覧いただけます。

 

【本件お問い合わせ先】

 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU

 〒162-8484 東京都新宿区袋町6(日本出版会館)篠田 四方

 電話:03-3269-4559 Fax:03-3269-4510

 E-mail: webmaster@accu.or.jp


15:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/19new

【募集〆切】 韓国のユネスコスクール(高等学校)と交流をしてみませんか?

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ユネスコスクール加盟校 各位

 

平素よりお世話になっております。

ACCU内ユネスコスクール事務局よりお知らせです。

掲題の件に関して、多くの学校よりご応募いただきました!
興味をもっていただきご連絡いただきました皆様、具体的にご検討いただきました皆様、この場をお借りしまして改めて御礼申し上げます。

これからも海外ユネスコスクールより交流希望があった場合は、こちらに掲載いたしますので注視いただけましたら幸いです。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

~~~下記、過去掲載文~~~

韓国のユネスコスクールHae Gang High Schoolhttp://haegang.hs.kr/)より学校間交流の希望が届いています。

希望交流内容は以下の通りです。

① 少なくとも1週間の短期留学を希望しています(場合によっては交換留学も可。来年度からでも構わないとのことです。)。

② 短期留学の間、ホームステイができる環境を望んでおられます。

 

以上のような交流希望から、次の通り交流希望先を募集します。

【対象】

  韓国との交流に興味のあるユネスコスクール

  17-19歳の生徒・学生の在籍する学校

  1週間程度の短期留学(交換留学)が可能である学校

  ホームステイできる環境が整っている学校(保護者、地域の方のご協力も仰ぐことができる学校)

【募集〆切】

2017615日(木)まで

  場合によっては締切日を延長しますので、少しでも興味のある学校はご連絡ください。

  先着順とします。早くご連絡いただいた学校から順にお繋ぎいたします。

 

【本件問い合わせ先】

 ユネスコスクール事務局公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU

 〒162-8484 東京都新宿区袋町6(日本出版会館)

 電話:03-3269-4559 Fax:03-3269-4510

 E-mail: webmaster@accu.or.jp

  少しでも興味がありましたらお気軽にお問い合わせください!


10:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/13

平成29年度ユネスコスクール豊橋大会のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

平成29年6月吉日

 

各都道府県教育委員会教育長 様

各教育事務所長 様

各市町村教育委員会教育長 様

各学校長 様

関係各位

 

                      豊橋市教育委員会  教育長 山西 正泰

                      ユネスコスクール豊橋大会

                          実行委員会 委員長 山本 武志

 

平成29年度ユネスコスクール豊橋大会のご案内(第一次)

 

 入梅の候、皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、本市は、各学校の「特色ある学校づくり」の取り組みとともに、平成27年3月にユネスコスクールへの全校加盟のもと、持続可能な社会をつくるための教育活動を推進してまいりました。その成果と課題を検証し、今後に向けた本市のESD活動の指針をさぐるために、下記のとおり豊橋大会を開催いたします。ご多用のこととは存じますが、皆様のご参加をいただき、ご指導を賜りますようご案内申し上げます。

1 日   時  平成29年11月24日(金)午後

11月25日(土)終日

2 テ ー マ  『人をつなぎ、未来へつなぐ 豊橋の教育』

          -地域とともに創るESD活動の推進-

3 会場・内容

   11月24日 ○ 第1会場 豊橋市立南部中学校・豊橋市立栄小学校

○ 内容:プレゼンテーション・公開授業・協議会

              

          ○ 第2会場 豊橋市立章南中学校・豊橋市立老津小学校

○ 内容:プレゼンテーション・公開授業・全体協議会

              

   11月25日 ○ 会場:愛知大学 豊橋キャンパス

              ・ 愛知県豊橋市町畑町町畑1-1

          ○ 内容:全体会(研究概要発表、講演)

              ・ 講演講師

                東京都江東区八名川小学校長  手島 利夫 氏

                日本ESD学会 副会長

                ESD円卓会議委員

              ・小中学校10校によるポスターセッション

              ・市内ユネスコスクールポスター展示

・テーマ別分科会

4 参加費    無料

5 主催等

   主催 豊橋市教育委員会

   共催 豊橋ユネスコ協会


【お問い合わせ】

豊橋市教育委員会 教育政策課

TEL 0532512819

 


16:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ご案内
2017/06/13

京都外国語大学ユネスコスクール支援大学間ネットワーク加盟記念イベント

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
京都外国語大学ユネスコスクール支援大学間ネットワーク加盟記念イベント

2016
124日に京都外国語大学はユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)
に加盟を記念したイベントを開催します。
ユネスコの活動に興味を持つ方のご参加をお待ちしています。

 

場所:京都外国語大学 1号館7階 171教室

日時:2017618日 13:30-16:10
定員:150名(事前申し込み不要、一般参加可能)
参加費:無料
言語:日本語及び英語

13:30-13:35
開会の辞及び来賓紹介―影浦亮平博士(京都外国語大学ASPUnivNet担当)、 アンガス・マクレガー(京都ユネスコスクールネットワーク代表)


13:35-13:40
松田武先生ご挨拶(京都外国語大学学長)

13:40-13:43 関西高校模擬国連議長、及び京都外大ユネスコプロジェクトチーム学生代表挨拶

 

13:43-13:45基調講演者、服部英二博士のご紹介―クレイグ・スミス(京都外国語大学ASPUnivNet代表)


13:45-14:25
基調講演―服部英二博士


14:25-14:40
質疑応答セッション


14:40-15:40
ワークショップ “EmpoweringToday’s Youth SDG Leaders”

参加者が京都の至る所で実施されているSDGsの実例を確認し、SDGsの実現を促進し支えるために京都外国語大学ができることを確認することに積極的に関わるようにすることがワークショップの目的です。京都外大西高のユネスコスクール委員会の教員が日本語と英語でこのワークショップをファシリテートします。

 

15:40-15:55 ユネスコ・アジア文化センター講演―藤本早恵子(ユネスコ・アジア文化センター教育協力部(ユネスコスクール担当))

 

15:55-16:05 文化をあるくWalkWithin & Beyond Cultures (WWBC)―久保哲男(京都外国語大学教授、WWBC共同研究 代表)

 

16:05-16:08 アナウンスメント


16:08-16:10
閉会の辞

 

16:10-17:00 軽食を交えた交流会

 

【服部英二博士の紹介】

服部英二博士、元国連教育科学文化機関・事務総長顧問は、21年間パリのユネスコ本部で国際コミュニティに奉仕した。博士はまた“Letters fromthe Silk Road: Thinking at the Crossroads of Civilization”の著者でもある。博士は説く、「われわれが今なすべきことは、真に文明化されることである。文明化された人間とは、自己を知り、そして他者から学ぼうとする人間、文化間の差異を認識し尊重する人間、あらゆる文化の中に見出される人間性の横断的価値を求める人間である。未来の人類の平和は、力の論理の上ではなく、相互的尊重の精神の再発見の上に、相互的尊重が相互的利益になるという知恵の上に構築されるべきである」と。

イベントの詳細については、下記よりご覧ください。
ユネスコスクール支援大学間ネットワーク加盟記念イベント_Ver2.pdf

問い合わせ先:京都外国語大学国際教養学科 担当:影浦 Email:r_kageura@kufs.ac.jp


13:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/13

ブラジルのユネスコスクール教職員来日中!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ブラジルのユネスコスクール教職員来日中!

 

 この度、ユネスコスクール事務局(公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU))は、ブラジルASPnetからの要請を受け「日本/ブラジルASPnet教育交流プログラム」を実施することになりました。6/10(土)~6/18(日)の日程で、ブラジルASPnetナショナル・コーディネーターを含む46名のユネスコスクール教職員が来日中です。

 このうち、6/12(月)~6/14(水)は、文部科学省での講義のほか、首都圏のユネスコスクール等にご協力いただき学校訪問を行っています。

 

訪問校:

千葉県立下総高等学校

杉並区立西田小学校

東京学芸大学附属国際中等教育学校中学校

ふじ幼稚園

東京賢治シュタイナー学校

 

ブラジル訪問団は、日本のユネスコスクールを熱心に視察され、持ち前の明るさで積極的に交流を深めていらっしゃいます。受け入れにご協力いただきました各学校の皆様、ありがとうございます!

 

 
文部科学省前で集合写真

 

 

西田小学校での授業見学

 

 

【お問い合わせ】

ユネスコスクール事務局(公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター 教育協力部)

若山・篠田

電話:03-3269-4559

e-mailwebmaster@accu.or.jp


10:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ご案内
2017/06/09

第49回ユネスコ子どもキャンプ 参加者募集中!!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

49回ユネスコ子どもキャンプ 参加者募集中!!

6/22(木)〆切

 

 

ユネスコ子どもキャンプは野外での集団生活を通じて、自然と共生する心や自立の精神を養い、互いの個性を認め合い「心の中に平和のとりでを築く」ユネスコの精神を育むことを目的に1969年より開催しています。

 

49回目となる今年は、730日~82日に和歌山県立潮岬青少年の家で行います。テーマは、「わ(WA~自然 と深めるぼくらの絆~」。

開催地である和歌山・串本にちなみ、南紀熊野ジオパークでの自然体験や、串本町と縁の深いトルコについて学びトルコ料理をつくるプログラムも予定しています。

参加申し込みの締め切りは622日です。ぜひご参加ください!

 

 

主催:日本ユネスコ協会連盟

共催:和歌山県ユネスコ連絡協議会

開催日時:2017730()82()  34

開催場所:和歌山県立潮岬青少年の家(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬669 http://omoshiro-yh.com

参加対象:小学4年生~中学3年生

 

詳しくは日本ユネスコ協会連盟のウェブサイト上の募集要項をご覧下さい。

http://www.unesco.or.jp/unesco/news/2017/10091712493305.html

 

問い合わせ先

和歌山県立潮岬青少年の家

Emailshiosei1@gmail.com

電話:0735-62-6045


15:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2017/06/05

ESDユース・ウィーク@東京 参加者募集!【7/25(火)〆切】

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

平成29年度日本/ユネスコパートナーシップ事業:

ESDユース・ウィーク@東京(第4ESD日本ユース・コンファレンス9/23-24、日中韓大学生交流プログラム 9/24-26)参加者募集について

 

 ESD(持続可能な開発のための教育)は、より良い未来をつくる教育です。国連が提唱し、ユネスコが主導する21世紀の教育ムーブメントとして、全世界で推進されています。

 教員や研究者のみならず、NPO/NGO、行政、自治体、企業、メディア、学生など、様々な立場において、環境、人権、健康福祉、地域活性化、エネルギー、防災などの現代社会の課題をテーマに、持続可能な社会づくりを目指して、必要な価値観や行動、ライフスタイルやスキルの普及に取り組んでいる方は、みな「ESD実践者」です。

 「ESD日本ユース・コンファレンス」は、国内各地で、このような活動に取り組む18歳から35歳までの若手リーダーたちが、業種や分野を越えて、出会い、つながり、学び合い、教育の新たな潮流を創り出していく、合宿形式のイベントです。

 これまで多くのコラボレーションやイノベーションを生み出してきた、ESD日本ユース・コンファレンスの仲間の輪をさらに広めるべく、このたび「第4ESD日本ユース・コンファレンス」を開催します。今年はさらに、世界に向けた発展を目指し、ESDユ-ス・ウィークとして、日本・中国・韓国の大学生がESDをテーマに交流する「日中韓大学生交流プログラム」を連続して開催します。

 参加ご希望の方は、下記の募集要項を参照の上、ふるってご応募ください。選考の結果、参加が認められた方には、会場までの交通費および期間中の宿泊・食事が主催者より提供されます。

 ぜひ皆様の周りでESDに取り組んでいる方々にも広くご紹介ください。

 

ESDユ-ス・ウィーク

① 第4ESD日本ユース・コンファレンス 

  2017923日(土)1300 924日(日)1600まで

② 日中韓大学生交流プログラム

  2017924日(日)1800 926日(火)1600まで

 

〇 開催場所:幕張国際研修センター(千葉市美浜区ひび野1-1

〇 募集人数:50名程度

〇 参加費用:無料

 

〇 主催:文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、公益財団法人 五井平和財団

〇 後援(予定):環境省、外務省、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、ESD活動支援センター

〇 協力:特定非営利活動法人場とつながりラボhome'svi

 

<詳しい開催概要、募集要項・応募用紙はこちら>

https://www.goipeace.or.jp/news/20170601/

<案内チラシ>
ESD-Youth-2017.pdf

 

◎ 問合せ先

102-0093 東京都千代田区平河町 1-4-5 平和第1ビル

公益財団法人 五井平和財団「ESD日本ユース・コンファレンス」係

TEL: 03-3265-2071 Eメール : esd@goipeace.or.jp


13:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2017/06/02

第1回全国高校教育模擬国連大会 参加者募集中!!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

1回全国高校教育模擬国連大会 参加者募集中!!
6/14(水)〆切

 

 

このたび、ACCUは全国中高教育模擬国連研究会()(全模研)と共同で新しい高校生

のための模擬国連大会を企画しています。本大会は先着順で参加が決まるので誰でも

参加でき、初心者でも学びながら参加できる入門型の全国大会です。5月末に1次募集

を終え、まだ参加枠に空きがあるため、引き続き2次募集を行っております(締切は

6/14)。ぜひ、ふるってご参加いただきたく、ご案内させていただきます。大会の詳

細は以下の通りです。

 

チラシ:開催案内.pdf

 

大会名:第1回全国高校教育模擬国連大会

主催:ユネスコ・アジア文化センター、全国中高教育模擬国連研究会()による共催

開催日時:201787()8()2日間

開催場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)

大会規模:最大約700(4つの議場に分かれて議論します)

会議方式:全日本高校模擬国連大会と同じ方式(ハーバード方式)

使用言語:日本語(ただし簡単な定型句などは英語を使用する場面があります)

参加会費:1名につき3000円(予定)

議題:核軍縮

応募方法:学校単位による申込みで2人~32名まで応募可能

二次募集期間:61日(木)~614日(水)の期間に専用応募フォームにて受付(

着順)

※詳しくはACCUHP上の募集要項・または大会公式HPをご覧下さい。

<ACCUHP>

http://www.accu.or.jp/jp/activity/global_classrooms.html

<全国高校教育模擬国連大会公式HP>

https://educationmun.wixsite.com/ajemun2017

 

※全国中高教育模擬国連研究会(全模研)

  事例研究や情報交換などを重ね、模擬国連を中学高校の教育現場で活用する方法を

考える教員が構成する研究会。

 

問い合せ先

公益財団法人 ユネスコ・アジア文化センター 担当 青木 文 

tel: 03-3269-4435     e-mail: aoki@accu.or.jp

全国中高教育模擬国連研究会 代表 米山 宏(公文国際学園中高等部教諭)

tel: 045-858-1531     e-mail: klasyoneyama@kumon.ac.jp


14:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2017/05/23

【募集】内閣府・青少年意見募集事業のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

【募集】内閣府・青少年意見募集事業のお知らせ

 

内閣府では、毎年、中学生~20代の若者を対象に、特定のテーマに対する意見をインターネットを通じて求める「青少年意見募集事業」を実施しております((第2次)H29青少年意見募集事業チラシ.pdf)。今年度も、4月3日(月)より内閣府のHPにて、意見報告員(「ユース特命報告員」)の募集を開始いたしました。現在、第2次募集中です。(第2次募集期間:5月16日(火)~6月30日(金))

 

事業の詳細については、下記URLをご覧ください

「平成29年度青少年意見募集事業」に係るユース特命報告員募集要項

http://www.youth-cao.go.jp/index.html

 

また、事業の報告書は以下のURLより御覧いただけます。

http://www.youth-cao.go.jp/guidance/report_archive08.html

年度によりますが、インターネット上の意見募集のみならず、対面形式で施策担当者と意見交換する「ユース・ラウンド・テーブル」も実施しています。

 

教職員の方々、生徒・学生の皆様からの積極的なご応募お待ちしております!


13:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。