イベントのお知らせ


 カレンダーを開く
 

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。

 
イベントのおしらせ
12345
2019/08/15

ユネスコスクールネットワーク 「学校の安全」をテーマにしたアートコンテスト

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ユネスコスクールネットワーク 「学校の安全」をテーマにしたアートコンテスト

 ユネスコは、仙台防災枠組と持続可能な開発のための2030アジェンダの目標4.a(子ども、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする)に基づき、ユネスコスクールネットワークの加盟校を対象に、「My School Protects Me」を主題としたグローバルコンテストを開催します。

 

目的

コンテストの主な目的は以下の通りです。

1.日常の使用による破損だけではなく、自然災害や気候変動によってインフラが損傷を受ける可能性のある学習施設の安全性と強靭性について気づき、考え、関心を高める

2.学校のインフラ、質の高い教育および災害リスクの削減の関連性について、批判的な思考を促す

3.学校の安全性に関して公の議論に貢献することで、学校の強靭性に対する関心度を高め投資を促す

 

使用言語

ユネスコの6つの公用語(英語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語、アラビア語)の中から選択して使用。(必要に応じて翻訳)

対象と表彰

コンテストには、就学前(保育園・幼稚園)、小学校、中学・高等学校、専門学校、職業訓練学校および教員養成学校が参加できます。参加校は、最低5名の生徒で構成されるグループの共同作品を提出します。各部門より1等、2等、3等が決定され、合計12のグループが表彰されます。

1.     就学前:絵またはコラージュ(各校につき12枚、A3の用紙に)を普通郵便でユネスコスクール事務局に郵送

2.     小学校:絵またはコラージュ(各校につき12枚、A3の用紙に)を普通郵便でユネスコスクール事務局に郵送

3.     中学・高等学校:絵またはコラージュ(各校につき12枚、A3の用紙に)を普通郵便でユネスコスクール事務局に郵送、または動画(最長3分)をユネスコスクール事務局にEメールで送信

4.     専門学校・職業訓練学校・教員養成学校:絵またはコラージュ(各校につき12枚、A3の用紙に)を普通郵便でユネスコスクール事務局に郵送、または動画(最長3分)をユネスコスクール事務局にEメールで送信

審査

審査員はユネスコスタッフ、名誉大使、親善大使その他の著名人が務め、審査員の決定が最終決定となります。作品はオリジナリティ、創造的な想像力、芸術性とコンテストの主題とルールの順守を評価して審査されます。

 

受賞作品の公開

受賞作品は2019年の国際防災デー(1013日)で公開され、安全な学校施設の重要性を訴える声と描写としてインターネット上のキャンペーンで使用されます。また、受賞作品は学校のインタビューと写真とともにユネスコの専用ポータルサイトに掲載されます。さらに、ユネスコの学校の安全性への取組みに関する展示、出版、広報活動に利用される場合があります。1等を受賞した学校代表者は、2020年に開催される「安全な学校」に関連するユネスコのイベントに招待されます。


作品提出方法

生徒のグループ作品のみ受け付けます。個人の作品は受け付けません。
各作品には以下を添付してください。

1.作品の題名

2.作品に関する簡単な説明(取組み、課程、制作等)

3.ユネスコスクールの校名、都市名、国名

4.生徒の名前と年齢

 

費用

参加費は無料です。

提出期限

作品は、201996日(金)までにユネスコスクール事務局に提出してください。応募作品の中から各部門より1作品を選定し、ユネスコ本部に推薦します。

受賞作品は2019年の国際防災デーにフランス・パリのユネスコ本部にて公開され、ユネスコスクールネットワークのウェブサイトのバーチャルギャラリーに掲載されます。

 

◆◆お問い合わせ・提出先◆◆
ユネスコスクール事務局 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU
住所〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-32-7F出版クラブビル
TEL03-5577-2852 FAX: 03-5577-2854
E-mail: webmaster@accu.or.jp


18:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 公募
2019/08/07

「ユネスコスクール地域ブロック大会」の専用ページを開設しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

<ユネスコスクール事務局よりお知らせ>
「ユネスコスクール地域ブロック大会」の専用ページを開設しました!

 今年度文部科学省委託事業として実施される、地域レベルのユネスコスクール向けイベント情報を集約したページをユネスコスクール公式ウェブサイトに開設しました!
(トップページ左上にバナーがあります)

ユネスコスクール教員・児童生徒等間の交流促進、好事例・知見の共有等を目的に、今年度は「東北・北海道」「関東」「中部」「近畿・北陸」の4ブロックにてイベントが実施されます。ぜひご覧ください!



 各イベントの詳細については、それぞれの主催者へお問合せください。
14:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ご案内
2019/07/31

「SDGsまちづくりアイデアコンテスト」の実施(中高生対象)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局・内閣府地方創生推進事務局が、

あなたの住んでいる「まち」や関心のある「まち」を「誇りを持って住み続けたくなるまち」にするためのアイデアを募集しています。

7月22日付で日本ユネスコ国内委員会事務局から全国の教育委員会、私立学校、国立大学法人附属学校に周知させていただきました。

多くのご応募を期待しています。

(詳細は下記URLをご覧ください)
https://www.chihou-wakamono.go.jp/nagoya.php

 


12:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/18

【9/20〆切】ユネスコスクール関東ブロック大会の申込受付開始!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ユネスコスクール関東ブロック大会の申込受付開始!(9/20〆切)

「ユネスコスクール関東ブロック大会」の参加申込受付を開始しました。
折しも105日は「世界教師デー」!ぜひ同じ志をもつ仲間とともにユネスコスクールについて考え、学び合う一日を過ごしませんか?

海外の取組から地域に根差した活動まで網羅した充実のプログラム、分科会も多様なテーマを用意しています。
SDGsの達成に貢献するユネスコスクールのあり方を考えるヒントが盛りだくさん!
皆様お誘いあわせの上、ぜひ奮ってご参加ください。

大会名: ユネスコスクール関東ブロック大会2019
     (テーマ:SDGs達成に向けたユネスコスクールと地域の連携)

日時  : 201910 5日(土)10:0017:00

場所  :  玉川大学 大学教育棟
     (〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1、最寄り駅:小田急線「玉川学園前」)

主な対象: 関東圏及び新潟県のユネスコスクール(教職員、生徒)、自治体、
      ユネスコ協会、大学、ESDSDGs関連の学会、NPO、企業の関係者など

申込  : 下記URLよりオンラインフォームにご記入ください。
      https://ws.formzu.net/fgen/S39186478/

      申込期限 2019920日(金)

 

詳細はこちらをご覧ください。 ユネスコスクール関東ブロック大会A4チラシ_webダウンロード用0809.pdf 

【お問合せ】
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)教育協力部
担当:藤本、大類
TEL: 03-5577-2852
E-mail: education@accu.or.jp


18:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2019/07/17

【お知らせ】第13回UNHCR難民映画祭・学校パートナーズ「アイ・アム・ロヒンギャ」上映会

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

13UNHCR難民映画祭・学校パートナーズ「アイ・アム・ロヒンギャ」上映会

日  時:2019720日(土)14:0016:30 13:00開場予定)

場  所:成蹊大学4号館ホール(参加費無料、事前申込不要)

上映作品:アイ・アム・ロヒンギャ(カナダ/2018/上映時間90分)

主  催:成蹊大学

運  営:成蹊高等学校国際教育部 難民映画祭実行委員会

後  援:国連難民高等弁務官駐日事務所・国連UNHCR協会


19:05 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/07/17

【お知らせ】日本ESD学会第2回大会について

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

このたび、日本ESD学会第2回大会・総会を下記の日程で開催いたします。ESD学会の研究大会として、国際的なユネスコの動向からSDGs、学校と地域の協働、学校教育におけるホールスクールアプローチ、環境教育、地理教育など多様な分野にかかわる内容が議論されます。ワークショップやフィールドトリップも多数企画しております。どうぞ皆様お誘い合わせの上、ご参加を賜りますようお願い申し上げます。

 詳細はこちらhttp://jsesd.xsrv.jp/event/をご参照ください。

1.期 日: 2019818()19日(月)・20日(火)
2.会 場: 宮城教育大学(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149番地)
3.共 催: 宮城教育大学、東北地方ESD活動支援センター
4.協 力: ESD活動支援センター
5.後 援: 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、ESD/ユネスコスクール・東北コンソーシアム、ユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)、公益社団法人仙台ユネスコ協会、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、仙台観光国際協会、その他(申請中)

6.日 程
前日   818日:若手の会・評議員会
1
日目 819日:口頭発表(20)・総会・シンポジウム・情報交換会
2
日目 820日:口頭発表(20)・ポスター発表・ワークショップ(5)・フィールドトリップ
フィールドトリップは被災地仙台荒浜地区・いぐね(屋敷林)および大崎市(世界農業遺産)です。*会期中「ヤギのふれあい展示」を行っています。

7.公開シンポジウム
(
テーマ: ESDを問いなおす学習指導要領と教科教育の観点から
教育行政、学校実践、ESD理論、社会教育などを専門とするパネリストを招聘し、学習指導要領や教科や学力と関連付けながら、ESDを実践する意義を問い直す。
(
テーマ: 東北地方4地域におけるESDSDGs推進の実践-震災復興・世界遺産・世界農業遺産・エコパーク地域から-    
ESD/
ユネスコスクール・東北コンソーシアムおよび東北地方ESD活動支援センターの各地域の行政、学校、NPO等による実践の様子を公開し、批判的に省察を行う中で、全国で地域と連携したESD実践を行う際の参考に供する。

8.ワークショップ
.学習指導要領を踏まえたESDの推進                                  
.福島から世界へ英語とビデオレターを活用した異文化交流
.教材体験ワークショプ「地球にやさしいってなんだろう?」
.ESDにもとづいたSDGsをーみんなのESD実践によって  
.海外ゲストからESDの学校実践を学ぶ

9.参加申し込み
どなたでも参加可能です。以下オンラインフォームからお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd54pwfSvipUGadekkN6RcqbGHM7flO2NLdE859t_2eE4wY-A/viewform

10.問合せ
日本ESD学会第2回大会実行委員会
jsesd2019@ml2.miyakyo-u.ac.jp


18:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/16

【お知らせ】第11回ユネスコスクール全国大会(ESD研究大会)の開催

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

このたび、下記のとおり、第11回ユネスコスクール全国大会(ESD研究大会)の開催概要が決定しました。

今大会は、ユネスコスクールでどういった力を育みたいかに焦点を当て、学習指導要領、SDGs、地域社会、国際社会などとの関わりを改めて考えます。

また、分科会では、①ESDで育む資質・能力、②カリキュラム・マネジメントとホール・スクール・アプローチ、③地域とともにある学校とユネスコスクール、の三つの柱を軸に、研究協議や交流を行います。

ご案内の詳細は、こちら→第11回大会ユネスコスクール全国大会のご案内.pdf

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 第11回ユネスコスクール全国大会/持続可能な開発のための教育(ESD)研究大会

 

○日 時  令和元年11月30日(土)10時~17時

○会 場  福山市立大学 (広島県福山市港町 2-19-1)

○主な内容(予定) 

  全体会(特別講演、パネルディスカッション)、分科会(ワークショップ、テーマ別交流研修会)、ブース展示、情報交換会 など

○主 催  文部科学省、日本ユネスコ国内委員会

○共 催(予定) NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム、広島県福山市、ユネスコ・アジア文化センター 日本ユネスコ協会連盟ほか

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

申込開始は、http://www.jp-esd.org/conference.html

にて9月頃を予定しております。

参加に向けてご準備を進めていただくよう御案内申し上げます。

 

◎お問合せ先

NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム  担当:齊藤

101-0051 東京都千代田区1-40-2 教育新聞社内

TEL03-3295-7052

E-mailinfo@jp-esd.org



18:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/16

【お知らせ】ユネスコスクール事務局Facebook開設のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

【お知らせ】ユネスコスクール事務局Facebook開設のお知らせ

 この度、ユネスコスクール事務局がFacebookを開設しましたのでお知らせいたします。
ユネスコスクールに関する様々な情報を配信してまいりますので、ぜひご覧ください。

 ユネスコスクールに加盟する教職員の方々だけでなく、ユネスコスクールにご関心のある方々への情報も数多く発信してまいります。
ページへの「いいね」をよろしくお願い申し上げます!

https://www.facebook.com/aspnet.japan/


16:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/05

実技系教員免許状更新講習 参加者募集中! アクティブな学びを引き出すファシリテーション研修

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

実技系教員免許状更新講習参加者募集中!

アクティブな学びを引き出すファシリテーション研修

 

教員免許状更新講習を実施します。

この研修では、“アクティブ・ラーナ─”の育成を目指した「主体的・対話的で深い学び」を実現する対話型授業の手法と、それを支える“ファシリテーターとしての教師像”を学ぶことを目的としています。

環境教育の領域で蓄積されてきたワークショップの手法や、体験を学びにつなげるファシリテーションを自ら体験し、その背景理論を学ぶことで、生徒が主体的に参加できる授業設計と、学びを深めるための働きかけのスキルを身に付けることを目指します。

身につけることが出来る具体的なスキルとしては、

1)KP法(紙芝居プレゼンテーション法)

2)えんたくんミーティング

3)ABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)などです。

 

講 師  川嶋直/諏訪哲郎/中野民夫/栗原清

日 時  820日(火)~22日(木)

      ※全18時間分の一括講習となります。

       部分受講はお受けしていません。

会 場  学習院大学北一号館3F(東京都豊島区)

対 象  小・中・高校教諭

定 員  70名(先着順)

参加費  18,000

締 切  720日(土)

詳 細  http://www.jeef.or.jp/activities/kyouinmenkyo


11:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/05

令和元年度 教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修 ~持続可能な社会の担い手育成に向けた環境教育・ESDを学ぶ~

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

令和元年度教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修

~持続可能な社会の担い手育成に向けた環境教育・ESDを学ぶ~

 (主催:環境省、協力:文部科学省)

 

学校教育における環境教は、SDGs(持続可能な開発目標)やESD(持続可能な開発のための教育)とも関連付けながら、教職員の環境教育に対する俯瞰的な理解やカリキュラム・マネジメント等の実践力、学校全体としての取組(ホールスクールアプローチ)を向上させていくことが重要です。

さらに、環境教育では、今後も持続可能な社会づくりへの主体的な参加意欲を育むための体験活動を促進していく必要があります。学校教育では、ESDの観点から、地域や企業における体験活動と各教科等の学びをつなげていくことが重要です。

本研修は、持続可能な社会の構築を目指して、学校や地域で環境教育・ 学習を実践・推進するリーダー的な人材を育成することを目的に開催します。

 

1)カリキュラム・デザイン・コース

対 象:小学校・中学校・高等学校の教職員や教育行政担当者

ねらい:学校におけるカリキュラム・マネジメント等の実践力を向上させる

開 催:集合型研修(会場:サンシャインシティ)

    令和元年826日(月)

    令和2112(日)

2)プログラム・デザイン・コース

対 象:教職員、行政職員、企業・NPO団体のスタッフ及び大学生等(環境教育、体験活動に関心がある方)

ねらい:体験活動を企画・実践するための視点や、大人・子どもの行動や意識の変容を促すポイントを学ぶ

開 催:全国9か所

詳細、スケジュール、申込等   

http://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/


11:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345