イベントのお知らせ


 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ
12345
2018/12/17new

2019年度「アートマイル国際協働学習プロジェクト」参加校募集のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

(一財)ジャパンアートマイルは、128日に横浜で開催された第10回ユネスコスクール全国大会において、わが国の持続可能な社会を構築する人材育成に特に顕著な功績があったとして、第10回大会を記念した「ユネスコスクール/ESD推進功労賞」を受賞しました。

2019年度「アートマイル国際協働学習プロジェクト」(後援:文部科学省・外務省、協力:JICA・東京都)は、「東京2020オリンピック・パラリンピックの参加国・地域の子どもたちと協創する未来」をテーマに、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が認証する『東京2020応援プログラム』として実施します。

持続可能な開発目標(SDGs)を学習テーマに、海外の相手校と「自分たちはどういう未来を創りたいか」について多様な視点で議論をして、文化背景が違う相手との学び合いの中から生まれた想いを絵に込めて壁画(1.5m×3.6m)を共同制作します。完成した壁画は東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて展示して、子どもたちの未来に向けたメッセージを世界に発信します。

 詳細はホームページをご覧ください。http://artmile.jp/
 -------------------------------------------------------

2019年度アートマイル国際交流壁画共同制作プロジェクト参加校募集>
【申込期間】201917日(月)~228日(木)
【実施期間】20194月~20203
【実施対象】小学校・中学校・高等学校・大学
【募数】205
【参費】画材費:23,112円+送料
     システム使用料:21,600円(電子フォーラム等相手校と協働学習を
          行うためのシステム使用料)
     送料:1万円~3万円(海外校にキャンバスと絵の具を送る費用)
        国と荷物の重量により金額が異なります。
【申込方法】参加申込書はホームページからダウンロードしてください。
      http://artmile.jp/activity/iime/joiniime/
      参加申込書をジャパンアートマイル事務局に郵送してください。
       [郵送先]〒678-0205 兵庫県赤穂市大町2-16
            一般財団法人ジャパンアートマイル
      併せてWordデータをメールで送付して下さい。
       [送付先]jam@artmile.jp
【お問合せ】JAM事務局 電話:0791-43-5629 メール:jam@artmile.jp
【参加決定】3月に参加決定通知を郵送

 次年度の取組であるため学年等が未定のところはその旨を明記してお申し込みください。詳細についてはJAM事務局にご相談ください。
-------------------------------------------------------

東京2020オリンピック・パラリンピックを機に、世界の人々と共に創る平和で持続可能な未来について考え、これからの時代をリードする子どもたちを育てませんか?多くの学校の参加をお待ちしています。
 

一般財団法人ジャパンアートマイル
  
理事長 塩飽 隆子


17:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2018/12/17new

【JICA中部主催】 開発教育・国際理解教育★実践報告フォーラム2019 ~"ヒント"が見つかる!"仲間"に出会える!~

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

JICA中部は、地域の教育NPOであるNIEDと協働し、持続可能でよりよい未来の実現のために、参加型を通して、一人ひとりをエンパワーし、参加の力を育てる実践指導者を育成することを目的として、6月から開発教育指導者研修(実践編)と教師海外研修(パラグアイ)を実施してきました。


本フォーラムは、
2つの研修受講者が、「研修の成果をどう現場に活かしたか」、「実践のふりかえりと次のステップ」などを参加型で報告し、実践内容を体験していただく場を提供することで、フォーラムに参加する皆さんと、共に学びあい、つながりを築くことを期待して開催します。

 

<主なプログラム>

[10:0012:20]教師海外研修報告、実践40事例のポスターセッション

[13:2015:10]体験ワークショップ

終了後、過年度受講者対象の第2部、懇親会を予定(別途案内します)

15:30-17:00 2部ネットワーク会合(つながりワークショップ)

17:30-19:30 懇親会

 

<日時>

2019210日(日) 10:0015:10

 

<会場>

JICA中部なごや地球ひろば2階セミナールーム

http://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/information/access.html

・名古屋臨海高速鉄道あおなみ線「ささしまライブ」駅下車徒歩5

・近鉄名古屋線「米野」駅下車 徒歩10

・各線「名古屋」駅下車 徒歩13分)

駐車場の用意はありませんので公共交通機関をご利用ください。

 

<定員>100名(申込み先着順)

 

<参加費>入場無料

<こんな方におすすめ!>

開発教育・国際理解教育の教育実践手法を知りたい方!

環境、共生、平和、開発、人権などのテーマやESD(持続可能な開発のための教

育)、SDGs(持続可能な開発目標)に関心がある方

ファシリテーターやワークショップ、アクティブラーニングに関心のある方!

JICA中部の開発教育関連研修に参加したい方

その他、関心を持たれた方、ヒントをお探しの方どなたでも!

 

詳細・申込み方法

JICA中部ウェブサイト

https://www.jica.go.jp/chubu/event/2018/20190210_01.html

 

主催

独立行政法人国際協力機構中部国際センター(JICA中部)

 

協働

特定非営利活動法人 NIED・国際理解教育センター

 

お問合せ・お申込み先(業務委託先)

(特活)NIED・国際理解教育センター

 Eメール:forum2019@love-hug.net

 FAX052-766-6440

 TEL070-5333-5566 

 URL http://nied.love-hug.net/

申込(応募)締切 201929日(土)


11:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/11

12月10日「人権デー」オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
12月10日「人権デー」オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

Message from Ms Audrey Azoulay, Director-General of UNESCO, on theoccasion of Human Rights Day, 10December 2018

The Universal Declaration of Human Rights embodies thedeep yearning of humanity for freedom, justice and dignity. It is not theproduct of a single culture or tradition but a common foundation for allindividuals to lead fulfilled lives, and for all peoples and all nations tolive in peace. This year, we celebrate 70 years since the world’s nations cametogether to define this comprehensive set of inherent, inalienable anduniversal human rights.

Many of these rights underpin the promise of UNESCO’sconstitution for “full and equal opportunities of education for all, in theunrestricted pursuit of objective knowledge and the free exchange of ideas”.Through education, the sciences, communication and culture, our mission is topromote peace and humanist values in the minds of men and women. This missionis as important now as when the Universal Declaration of Human Rights wasendorsed by the international community, as the world rebuilt itself from therubble and trauma of two devastating world wars.

Our work is expanding the right to educationalopportunities to those who have been left behind, particularly women and girls.We defend the right to freedom of expression, denouncing attacks on journalistsand confronting messages of hatred. All people should enjoy the benefits ofscientific progress and its application. The right to water and sanitation, anda clean Ocean that protects livelihoods are of vital importance to human rightsand are among our major priorities. UNESCO also protects and promotesfundamental cultural diversity, our shared heritage and contemporary forms ofexpression, which are the ultimate manifestations of our common humanity.

Unfortunately, once again in our time, human rights areunder threat. Across the world, we see how easily they can be swept aside bydehumanising stereotypes and the rise of intolerant discourse. Conflict,violent extremism and natural disasters can cause chaos, undermining the rightsof the most vulnerable in society. Emerging technologies, particularlyartificial intelligence, also must be developed with full respect for humanrights. We must remain ever vigilant that the progress made in the past 70years is maintained, and UNESCO will continue to play its role being theleading international laboratory of ideas to tackle these challenges.

Eleanor Roosevelt, one of the lead authors of theUniversal Declaration of Human Rights, once said “you have not only the rightto be an individual; you have an obligation to be one. You cannot make anyuseful contribution in life unless you do this”. On this important anniversary,let us each use this right.


11:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/20

【〆切延長・ASPUnivNetシンポジウム】高等教育機関におけるESDの現在、そして展望――関連諸団体の取組みを共有して

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 


 ユネスコスクール全国大会翌日の12/9(日)に横浜で
ユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)のシンポジウムが開催されます。ASPUnivNet加盟大学からはESD教師教育の取り組みを発表いたします。ぜひご参加ください!


シンポジウム概要:
ESD
もしくはSDGsにおいて高等教育機関が果たすべき貢献は大きく、これまでもいくつかの推進団体やネットワークが形成され、一定の活動が蓄積されてきました。それらのうちの一つ、ユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)が2008年に立ち上がってから10年目を迎え、昨年には日本ESD学会も創設された現時点で、いちど日本における高等教育におけるESDHESD)に関わっている主要な諸団体・ネットワークが一堂に会して情報を共有し、学び合う機会を持ちたいと考えました。

 第一部では、幸いにもご協力を得たゲストの諸団体に活動の現状と課題をご紹介いただき、視野を広げて日本における
HESDの全体像を概観したいと思います。そのうえで第二部では、大学の機能のなかでも、次世代の教員を養成する教育研究機能に焦点づけて、ESD教師教育の先行的な取り組みをしている事例をいくつか紹介し、ゲストを交えて意見交換を行い、今後の連携などを展開する可能性を探りたいと思います。

主催:ASPUnivNet

共催:CAS-NetJapan 日本ESD学会 HESDフォーラム

日時:2018129日(日) 13151615

開催場所:JICA横浜 4F かもめ

231-0001 横浜市中区新港2-3-1

https://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html

 

お申し込みはこちら

申し込み締め切り:12/3(月)


チラシ→
ASPUnivNetシンポジウム_チラシ.pdf



15:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/15

11月16日「国際寛容デー」オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
11月16日「国際寛容デー」に向けて、オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ

11月16日は「国際寛容デー」です。1995年の国際寛容年を受けて、翌1996年に制定されました。国連憲章は序文で「寛容を実行し、且つ善良な隣人として互いに平和に生活」することを謳い、またユネスコ憲章には「平和は、失われないためには、人類の知的及び精神的連帯の上に築かなければならない」と記されています。国際化が加速する一方で、民族間の衝突や排他主義が高まっている現代において、寛容であることはますます求めれています。

【オードレ・アズレ ユネスコ事務局長からのメッセージ】

Message from Ms Audrey Azoulay, Director-General of UNESCO, on the occasion of International Day for Tolerance, 16 November 2018

In recent decades, globalization has accelerated at a breakneck pace. The phenomenon is marked by strong ambivalence: on the one hand, globalization brings States and citizens closer together, enabling fruitful cooperation in multiple domains; on the other hand,it creates imbalances, fuels fears and generates tensions. Populism, hate speech and exclusionary rhetoric thrive on the anxiety bred by socioeconomic inequalities, forced migration, societal restructuring, and environmental challenges.

On this International Day for Tolerance, let us remember that cultural diversity is part of the fabric of human society. It is a strength and a driver of development. It is an asset from which we can all benefit, provided that we learn to understand one another, that we are able to see what is universal to all cultures, and that we adopt an attitude of tolerance toward what might at first seem foreign to us.

Tolerance should not be understood as an endurance of people whose characteristics differ from our own;rather, it should be understood as a readiness to respect and appreciate others, to fully grasp the value of other cultures, and to recognize the inalienable equal rights of all human beings. As defined in the Declaration of Principles on Tolerance, adopted by UNESCO in 1995:

“Tolerance is respect,acceptance and appreciation of the rich diversity of our world’s cultures, our forms of expression and ways of being human.”

At once both a moral virtue and a political principle, tolerance is a solid bulwark against racism and all other forms of discrimination. It is a vehicle for peace, which we must cultivate and strengthen. It is in this spirit that the UNESCO-Madanjeet Singh Prize for the Promotion of Tolerance and Non-Violence was established. The 2018 winners of the Prize are Canadian filmmaker Ms Manon Barbeau, who founded a mobile video and music studio programme to raise awareness of the diversity of indigenous cultures and languages, and Kenyan NGO the Coexist Initiative, which works to defend women’s rights and to combat gender stereotypes.

May such efforts be an inspiration to us all and an incentive to cultivate tolerance now and always.


10:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/12

【参加者募集】関東ESD推進ネットワーク 第2回地域フォーラム

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

==============================
 関東ESD推進ネットワーク 第2回地域フォーラム

    地域でSDGs
 地域のSDGs実践者と考える、SDGsに貢献する取り組み~
 
 平成
301222日(土)13:3017:30
 @東京ウィメンズプラザ ホール(東京・青山)
 https://kanto.esdcenter.jp/kanto-esd_rf2018/
==============================


【企画趣旨】

 国連が2015年に定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」は、世界
の様々な諸課題に対して17の目標・ゴールを設定し、「誰も置き去
りにしない(no one will be left behind)」を基本理念に、2030
年を達成年として課題解決を目指しています。「持続可能な開発の
ための教育」(ESD)は、そうした世界から地域まで多様に存在す
る社会の課題をそのつながりとともに理解し、解決に取り組む人を
育む教育・学習です。関東ESDセンターでは、地域ESD活動推進拠点
(地域ESD拠点)とともに、ESDの取組・実践者を支援し、増やし、
つながり、ともにSDGsに貢献する取り組みを推進しています。
 今回のフォーラムでは、SDGsを、いかに自分事として捉え、地域
や職場などで実践・行動するにはどうしたしたら良いか、どのよう
な仕組みが必要なのか。地域ESD拠点・実践者をお招きし、皆で考
える場にしたいと思いますので、是非ご参加ください。

【開催概要】

・日時:平成301222日(土)13:3017:30

・場所:東京ウィメンズプラザ ホール・視聴覚室

    (東京都渋谷区神宮前5丁目53-67)

・対象:SDGsESDにご関心のある教育、NPO、行政、企業、学生の方など

・定員:100名(無料・要申込、懇親会参加費:1,000円)

 

■プログラム-------------------------------------------

13:30   開会挨拶

 ・環境省関東地方環境事務所

 ・関東地方ESD活動支援センター企画運営委員長/

  都留文科大学社会学科 高田研教授

13:40 趣旨説明 関東地方ESD活動支援センター

14:00 事例紹介

 1:地域を理解する、ジオパークと学校連携

   地域の成り立ちを知り、活かす取組としてジオパークの
   活動があります。自然資源を活かし、持続可能な地域づく
   りを目指す活動で、ESDとも関連性が高い活動を紹介します。

  ・鈴木雄介氏(伊豆半島ジオパーク推進協議会 専任研究員)
   <地域ESD拠点>

 2:食品ロス・貧困解消に向け、地域全体を巻き込む
  
   食品ロス解消に向けた取組が、各地で行なわれています。
   資源の無駄を減らせるだけでなく、貧困の対策、ゴミ削減、
   企業の社会的責任を果たすことなど、様々な課題の解決に
   有効な取組について考えます。

  ・大野覚氏(認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ 事務局長)
   <地域ESD拠点>
   (NPO法人 フードバンク茨城 理事長)

 

 3:「誰も置き去りにしない」教育に向け、地域と学校が連携

   SDGsの達成のためには、それを担う人材育成=教育が必要
   であるとともに、経済的理由で十分な教育が受けられないこ
   とによる貧困の連鎖を断ち切るような教育も必要です。

  ・松井晋作氏(多摩大学 高大接続アクティブラーニング研究会 幹事)

 

 4:各主体を繋いで取組む、気候変動対策

   地域の中で低炭素社会を実現していくために、企業・行政・
   NPOが連携して実施する、子どもたちへの環境教育、ライフス
   タイルを変えていく取り組みについて紹介します。

  ・服部乃利子氏(静岡県地球温暖化防止活動推進センターゼネラルマネジャー)
   <地域ESD拠点>

15:00 休憩・移動

15:15 分科会

 事例紹介をさらに深く掘り下げるワークショップを実施。

 ゲスト・事例紹介講師

17:00 全体報告

17:30 終了

18:0019:30 懇親会@GEOC(参加費1,000円)

 

■お申込方法-------------------------------------------

webフォームでのお申込

https://epc.or.jp/contact/1544

FAXでのお申込

下記よりチラシをダウンロードして、03-6427-7976へお送り下さい

https://kanto.esdcenter.jp/kanto-esd_rf2018/

 

【お問合せ先】

関東地方ESD活動支援センター  担当:伊藤、島田
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山BF
TEL03-6427-7975   FAX03-6427-7976
kanto@kanto-esdcenter.jp  http://kanto.esdcenter.jp


20:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/09

第10回ユネスコスクール全国大会 参加者追加募集のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

第10回ユネスコスクール全国大会 参加者追加募集のお知らせ

 

ユネスコスクール全国大会@横浜、すでに500名に迫る多くの方に申し込んでいただいておりますが、より多くの皆様にお越しいただきたく、11/15(木)まで申込締切を延長します!すでに申し込まれた方も、同僚やお知り合いの皆様に声掛けいただき、ぜひお誘いあわせの上お越しください!

日本ユネスコ国内委員会広報大使の末吉里花さんや、ユネスコ・パリ本部の幹部職員など、第10回大会にふさわしい豪華な登壇者が一同に集まります!ご期待ください。

 

(ウェブサイト)

http://www.jp-esd.org/conference.html



15:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集
2018/11/09

【参加者募集】Educators’ Summit for SDGs4.7 2018

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

■–□–■–□–■–□ 参加者募集 □–■–□–■–□–■
Educators’ Summit for SDGs4.7 2018
2018. 11. 25 (Sun)
@聖心女子大学 聖心グローバルプラザ
http://j-gift.org/educators-summit2018/ 
■–□–■–□–■–□–■–□–■–□–■–□–■–□–■

 

この度、(一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)は20181125日(日)に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)の実現を目指す関係者が集い、未来の教育を描く場Educators’ Summit for SDGs 4.7 2018 – For fostering our GlobalCitizenship- を開催いたします。

 「教育を通してSDGsを達成するには何ができるのだろうか?」

「既に存在している
SDGs達成につながる教育は、世界、日本でどんなものがあるのだろうか?」

「それは、今、そしてこれらからの自分たちの教育の実践にどうつなげられるのだろうか?」

この3つの問いについて、サミットを通して対話し、体感し、次のステップをみつける場。

産官学民、それぞれの立場から教育に携わる参加者の皆さんと、それぞれの方が持つ「グローバル・シチズンシップ=世界をよりよくする志」と共に、これからのSDGs教育を共創していきます

当日は、全国から集まったSDGs教育の実践をされている教員のみなさんの実践紹介から、体験を通してSDGs×教育を学ぶことも出来ます。

未来に向けた教育、SDGs×教育にピンとくる方はどなたでもご参加できます。

ぜひこの機会にこれからの教育につながるヒントを得に、会場へお越しください。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

名 称:「Educators’Summit for SDGs 4.7 2018 –For fostering our Global Citizenship- 

日 時:   20181125日(日)13:00-18:00

会 場:   聖心女子大学 聖心グローバルプラザ
      東京都渋谷区広尾4丁目2-24
     (東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩3分)

      懇親会:1F CAFÉ JASMIN

 定 員:   150名(事前登録制)

              申し込みはこちらから http://j-gift.org/educators-summit2018/

参加費:  無料(懇親会参加費3,500円 <学生2,500円>)

主 催:   一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT

共 催:   文部科学省/日本ユネスコ国内委員会、

聖心女子大学グローバル共生研究所

協 力:   慶應義塾大学メディアデザイン研究科

後 援(申請中含む):

UNESCO Asia and the Pacific Regional Bureau for Education、外務省、国際協力機構、ESD活動支援センター、関東地方ESD活動支援センター、株式会社NHKエデュケーショナル、株式会社朝日新聞社、Coalition for Better Education(フィリピン)、WAKUWORK Foundation (フィリピン)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【当日のスケジュール】

12:30             開場

13:00             開会 

                    主催者挨拶

                    文部科学省国際統括官付 ご挨拶

                    聖心グローバルプラザからのメッセージ

13:40             Education for SDGs4.7」ライトニングトーク

                    SDGs教育に関する世界、日本の取り組みについて、

ゲストの方からのライトニングトーク

                    Education for SDGs4.7」参加型ダイアログ

15:00             休憩

15:15             分科会

                    6つの分科会では、テーマごとにSDGs教育の実践を体験いただけます。

SDGs × メディア 

SDGs × ICT 

SDG ×グローバル・シチズンシップ 

SDGs × サステイナビリティ

SDGs4.7教育 海外事例紹介(SDGs4.7 OPEN LAB-日本とフィリピンの共創事業)

SDGs4.7 OPEN LAB ワークショップ

 

17:00             振り返り&今後に向けて

                    総括

                    終わりに

18:00             閉会
18:30         懇親会

 イベント詳細・申し込みはこちらから http://j-gift.org/educators-summit2018/


15:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/09

UNESCO’s #RightToEducation campaign

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
ユネスコでは世界人権宣言70周年を記念して、本年12月18日まで #RightToEducation(教育を受ける権利)のデジタルキャンペーンを行います。動画などを通し、教育を受ける権利に関する法的な意義やそれを妨げる数々の大きな課題に加え、各国がそれぞれの法的義務を確実に遂行するためのユネスコの取り組みについても明らかにします。

学校は、子どもたちに教育を受ける権利についての理解と認識を深め、その権利を守ることについての意識を高める上で重要な役割を果たすことができます。以下に、その方法や提案が満載のリンクがございますので是非ご活用ください。

Calling on all UNESCO Associated Schools to getinvolved
UNESCO’s #RightToEducation campaign

Through a series of videos, animations,visuals, interviews and stories, the UNESCO campaign - that runs until 18December 2018 - will unpack the legal significance of the right to educationand the major challenges that are blocking its path. It will explain the workthat UNESCO does around the world to ensure each country is fulfilling itslegal obligations and commitments.

UNESCO calls on you to get involved as yourschool can play a significant role in spreading the word and sensitizingstudents of all ages to understand, recognize and defend the #RightToEducation.

Belowyou will find ideas and suggestions on how teachers can involve students toparticipate in the campaign and adapt the campaign materials to different agegroups. 

For pre-primary school teachers

  • Have a brief circle time explaining why education and the #RightToEducation is important and ask who they think should go to school. Get inspiration from this article What you need to know about the right to education 
  • Watch UNESCO’s animation video about a girl named Reena and her desire to go to school
  • Ask students to draw and paint their own eyes – mirroring the visual style of the campaign. Additionally, teachers can help students include #RightToEducation on their drawings (get ideas here).
  • Post students’ drawings on the school’s social media channels (using the hashtag #RightToEducation and #ASPnet).
  • Send pictures of the drawings on the ASPnet Platform to show that your school have joined the campaign
  • If you would like to further participate in the #RightToEducation campaign, please consult the campaign website.

For primary school teachers

  • Organize a session explaining why education and the #RightToEducation is important and ask who they think should go to school.

Resources:

  • Ask students to draw their friend’s eyes – mirroring the visual style of the campaign
  • Suggest messages that students can create relating to the #RightToEducation (get ideas here)
  • Post students’ drawings on the school’s social media channels (using the hashtag #RightToEducation and #ASPnet).
  • Upload photos of students’ drawings to the ASP platform to show that your school have joined the campaign
  • If you would like to further participate in the #RightToEducation campaign, please consult the campaign website.

For secondary, technical and vocational school teachers

  • Ask students why they think education is important and ask who they think should go to school. As a class, brainstorm the fundamental reasons of having the #RightToEducation.

Resources:

CONTACT                                                                                         

UNESCO’s Associated Schools Network (ASPnet), Education Sector /  aspnet@unesco.org


10:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/06

平成30年度持続可能な社会づくりに向けた教育推進実践発表会を開催します

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者


東京都教育委員会は、平成29年度から、都内公立学校30校を「持続可能な社会づくりに向けた教育推進校」として指定し、授業改善やカリキュラム・マネジメントの推進等の研究に取り組んできました。
本発表会では、以下のとおり、有識者による基調講演や、推進校の実践発表、パネルディスカッションを実施します。
参加を希望される方は、メール(S9000020@section.metro.tokyo.jp)又はファクシミリ(03-5388-1733)で、所属、氏名、連絡先をお伝えください。リーフレット「持続可能な社会づくりに向けた教育推進実践発表会(最終案内)」

【日時】
平成301116日(金)午後1時30分から午後4時45分まで
【会場】
国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 大ホール
 (東京都渋谷区代々木神園町31)
【内容】
(1) 基調講演

  演題:「持続可能な開発目標(SDGs)」の 実現に向けた教育の役割
  講師:東京大学大学院教育学研究科准教授・東京都教育委員会委員 北村 友人 氏
(2) 実践発表

  発表校:江東区立八名川小学校、大田区立大森第六中学校、
       東京都立町田高等学校、東京都立鹿本学園
(3) パネルディスカッション

  テーマ:「持続可能な社会の創り手を育成するための学校と地域の連携の在り方
       ~地域社会に開かれた学校教育の観点から~」
  コーディネーター:学校法人 自由学園最高学部 特任教授 成田 喜一郎 氏
  パネラー:多摩市立連光寺小学校長 棚橋乾 氏
        大田区立大森第六中学校指導教諭 柴﨑裕子 氏
        東京大学大学院教育学研究科准教授・東京都教育委員会委員 北村友人 氏
        外務省国際協力局地球規模課題総括課経済協力専門員 吉橋明日香 氏
【対象】
都内公立学校関係者、都民等一般の方
一般の方の参加申込は、「持続可能な社会づくりに向けた教育推進実践発表会(最終案内)」参照



20:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。