イベントのお知らせ


 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ
12345
2018/10/18new

Global Media and Information Literacy (MIL) Week 2018

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

2018年10月24日から31日はGlobal Media and Information Literacy (MIL) Week です。現代社会に蔓延する偽情報やヘイトスピーチ、暴力的な過激主義、プライバシー問題に対応するスキルは、どのように身につけられるのでしょうか。本年は"Media and Information Literate Cities: Voices, Powers and Change Makers"をテーマに取り上げます。

Global Media and Information Literacy (MIL) Week 2018

24 - 31 October

Disinformation,hate speech, violent extremism, and privacy issues have become commonplacetoday in the fields of information and communication. Schools play an essentialrole in empowering citizens, especially young citizens, with media andinformation literacy competencies to cope with these issues.

Theannual Global Media and Information Literacy (MIL) Week will becelebrated this year from 24 to 31 October, under the theme “Media andInformation Literate Cities: Voices, Powers and Change Makers”. Officialwebsite: https://en.unesco.org/globalmilweek2018

ItsFeature Conference and Youth Agenda Forum will be held inLithuania and Latvia, from 24 to 25 October 2018 and on 26 October 2018,respectively. MIL-related local celebration events and activities will beorganized by stakeholders from around the globe.

Moredetails about how UNESCO Associated Schools can get involved in Global MIL Week2018 will come shortly.

Contact:Mr Alton Grizzle, a.grizzle@unesco.org, Mr Xu Jing, ji.xu@unesco.org, or Ms Wang Xiaotong, x.wang2@unesco.org.



14:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/10/11

第9回ESD国際交流プログラム 参加者募集中

Tweet ThisSend to Facebook | by 日本ユネスコ協会連盟
日本ユネスコ協会連盟は三菱UFJ銀行のご協力のもと、ユネスコスクールと持続可能な開発のための教育(ESD)の普及を目的として、高校生を対象に2010年度より本事業を実施しています。

現在、第9回「ESD国際交流プログラム」に参加する生徒を募集中です。
今年度はドイツ・ハイデルベルグとフランス・パリを訪問します。ドイツ・ハイデルベルグではユネスコスクールを訪問してESDに関する取り組みを視察します。フランス・パリではUNESCO本部の訪問、世界遺産の見学等を予定しています。

海外で視野を広げ、現地の高校生と交流する絶好のチャンスです!
ドイツやフランスの文化に触れながら、SDGsやESDについて学んでみませんか?
海外が初めてでも、意欲のある高校生を歓迎します。奮ってご応募ください!

概要
※詳しい募集要項、応募書類等は (http://www.unesco.or.jp) をご覧ください。

主催:日本ユネスコ協会連盟
協力:三菱UFJ銀行

実施日程:2019年3月23日(土)~29日(金)
     3月23日は東京で事前研修を行い、24日出発、29日帰国予定。

訪問先(予定):
 ドイツ・ハイデルベルグ ・ユネスコスクール(ESDに関する取り組みについて交流)
 フランス・パリ     ・UNESCOパリ本部 訪問
             ・UNESCO日本政府代表部 表敬訪問
             ・三菱UFJ銀行パリ支店 訪問
             ・世界遺産 見学 等
 ※現地受け入れ先の事情により、変更が生じる場合があります。

参加費:主催者側で負担。ただしパスポート取得、現地でのお土産購入等に関わる費用は自己負担。

応募資格:
・ユネスコスクール加盟校*に在籍する、現高校1、2年生にあたる者
  * 応募時に、UNESCOからユネスコスクールの承認を受けている学校
・事前研修会を含む全日程に参加可能な者
・健康で、現地での研修及び生活に十分に対応できる者
・他の国の文化を尊重し、現地の人々と積極的に交流する意欲のある者
・帰国後、地域や学校において経験を生かした活動を行う者
※ なお、現地では必要に応じて、通訳を挟みます。英語力は必須ではありませんが、英語で積極的にコミュニケーションをとろうという意欲がある高校生を歓迎します。

募集人員:8名程度(予定)

提出書類
①課題作文 『SDGsのゴール達成に向けて、私にできること』
 国連は、2030年までに国際社会が取り組むべき目標として、「持続可能な開発目標(SDGs)」を定めました。SDGsで掲げられている目標について、学校で取り組んだことやあなたが経験したことなどを踏まえて、今後を視野に入れた考えを述べてください。原稿形式:1,600字程度(タイトルを含まない)。
Microsoft Word形式でA4サイズの白紙(縦)に横書きで2枚以内。
②第9回ESD国際交流プログラム参加申込書(様式A)
③学校長の推薦書(様式B)

応募締切:2018年11月19日(月)【消印有効】
     ※ 応募書類は郵送のみ受け付けます。
     ※ 合否通知は2018年1月中旬発送予定。

問い合わせ先:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟事務局 ESD国際交流プログラム担当
 TEL 03-5424-1121 FAX 03-5424-1126


09:46 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/10/05

10月5日「世界教師デー」 UNESCO, ILO, UNICEF, Education International, UNDPの代表からのジョイントメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

10月5日は世界教師デーです。1996年10月5日に「教員の地位に関する勧告」の調印されたことを記念し、1994年に制定されました。今年のテーマは、“The right to education means the right to a qualified teacher”です。


Joint 
Message from the heads of UNESCO, ILO, UNICEF, Education International and UNDP on the occasion of World teachers Day, 5 October 2018

Education is a fundamental human right and a public good. It transforms lives by driving economic and social development. It promotes peace, tolerance and social inclusion. It is key to eradicating poverty. And it enables children and young people to fulfil their potential.

In many places, however, children are deprived of the right to education because of a global shortage of qualified and experienced teachers – particularly female teachers in low-income countries. Despite an overall increase in access to education, more than 263 million children and youth worldwide are not in school. A staggering 617 million children and adolescents – nearly 60 per cent globally – have not mastered basic literacy or numeracy. The poorest, most marginalised children, including those living in areas affected by conflict, are most at risk of either being out of school or attending school, but learning very little.

The 2030 Agenda to which the international Community has committed itself calls for universal early childhood, primary and secondary education for all. To achieve this goal, we must expand access to quality education for every child and youth, end discrimination at all levels in the education system and dramatically improve the quality of education and learning outcomes. These objectives, in turn, will require an increased global supply of qualified teachers – an estimated 69 million more.

The theme of World Teachers’ Day 2018 – “The right to education means the right to a qualified teacher” – reflects this reality. It also echoes the words of the Universal Declaration of Human Rights, adopted 70 years ago, which recognized education as a fundamental right. Today, we remind governments and the international community of the importance of safeguarding that right by investing in a strong teaching workforce, including in conflict-affected countries. To ensure that all children are prepared to learn and take their place in society, teachers must receive effective training and support that equip them to respond to the needs of all students, including the most marginalised.

But teacher shortages are hampering efforts to achieve equitable, inclusive, quality education for all – particularly in countries beset by widespread poverty and protracted crises, and in regions where the youth population is growing rapidly. To meet the demand for new teachers, education authorities often employ individuals with little or no training or by lowering qualification requirements. Some teachers are asked to teach subjects for which they have no pedagogical training. In low income countries, addressing the teacher shortage has meant drastically increasing class sizes, with a devastating impact on the quality of education and teacher workload. 

As a result, the most marginalised and excluded children tend to be taught by the least experienced teachers, who may be on temporary contracts and receive no pre-service or in-service training. Teachers available to work in emergency or crisis contexts may not be trained to respond to the complex needs of vulnerable children, particularly girls, who have been forced to flee their homes because of armed conflict, violence or natural disaster. 

Despite widespread recognition that teachers are key to achieving quality education for all, teaching is still not widely regarded as a valued profession. Its low prestige impedes efforts to recruit and retain teachers in rich and poor countries alike. In response, governments and education partners must take bold action to improve the quality of training for new and practising teachers. Teachers must receive quality initial teacher education, effective induction into the profession, and have opportunities for high-quality professional development to hone their skills throughout their careers. And they must demonstrate to the public that teaching is a valued profession by providing decent salaries and improving working conditions for educators at all levels of education.

On this World Teachers’ Day, as we celebrate teachers’ important contributions to improving the lives of children and youth around the world, we reaffirm our commitment to increasing the global supply of qualified teachers. We urge all governments and the international community to join us in this endeavour, so that all children and young people, no matter their circumstances, can secure their right to quality education and a better future.


17:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/10/05

【参加申込受付開始】全国フォーラム2018(11/30~12/1)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

平成301130日(金)、121日(土)に、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)にて「ESD推進ネットワーク全国フォーラム2018」を開催します。

本フォーラムは、持続可能な社会を担う人づくりに関わる多様なステークホルダーが一堂に集い、ESDに関する最新の国際動向、国内動向及びネットワーク形成の状況を共有するとともに、相互のつながりを構築・強化することにより、ネットワークが成長するための機会として、ESD活動支援センター、文部科学省、環境省が開催しています。

3回目となる今回は、「SDGs(持続可能な開発目標)を地域で達成していくための人づくり:地域ESD拠点の可能性」と題し、SDGsを地域で達成していくための人づくりとしてのESDと、ESD推進ネットワークにおいて重要な役割を担う地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)に焦点を当て、意見交換を行います。

地域ESD拠点及び地域ESD拠点の登録に関心を持つ組織・団体の皆様はもちろん、広く持続可能な地域づくりと人づくりに関心を持つ皆様のご参加をお待ちしています。

 

◆開催案内ページ:https://esdcenter.jp/2018/10/esdcenter-forum2018/

◆参加申込専用フォーム:https://business.form-mailer.jp/fms/e52b3e0992878

【締切:20181120日(火)】

 

◆お問い合わせ先:
ESD活動支援センター(担当:金沢、渡辺)
TEL03-6427-9112
Eメール: esdforumesdcenter.jp(☆を@に変えてお送りください)


09:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/10/02

【お知らせ】12月8日開催!ユネスコスクール全国大会の参加申込受付を開始しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

128日開催!ユネスコスクール全国大会の参加申込受付を開始しました!】

 

10回ユネスコスクール全国大会/ESD研究大会を128日に横浜で開催します。

現在参加申込を受け付けておりますので、是非お申し込みください。

ユネスコスクール・ESD関係者はもちろん、興味がある方ならどなたでもご参加いただけます!

 

★申し込みは以下のURLをクリックしてください★

NPO法人 日本持続発展教育(ESD)推進フォーラム ウェブサイト>

http://www.jp-esd.org/conference.html

 

【開催概要】

日時:2018128日(土)10:0017:15

会場:横浜市立みなとみらい本町小学校(横浜駅東口下車 徒歩8分)

テーマ:「未来はワタシたちを待っているーESDで育てる児童生徒、教師そして学校、地域社会」

内容:特別対談、パネルディスカッション、分科会等

※タイムテーブル等、詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。


14:27 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/09/21

「平成30年度愛知県ユネスコスクール交流会」の参加者を募集します

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

「平成30年度愛知県ユネスコスクール交流会」の参加者を募集します

~ESD活動に取り組む子供たちの輝く笑顔に出会えます!~

全国一の規模を誇る愛知県のユネスコスクールの支援とESD(持続可能な開発のための教育)活動の広がりをねらいとして、日頃ESD活動に取り組む小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の児童生徒、教職員が集う交流会を開催します。交流会では、ESD活動の紹介を通じて、持続可能な社会づくりの重要性について未来を担う子供たちが学び合います。ここに集う子供たちの輝く笑顔は、来場者の心にESD活動の大切さと未来への希望を届けてくれるはずです。

 日 時  平成30年10月20日(土)正午から午後3時まで(雨天決行)

○ 会 場  刈谷市産業振興センター
       〒448-0027 刈谷市相生町1丁目1番地6(TEL 0566-28-0555) 
                     (JR刈谷駅(北口)・名鉄電車刈谷駅(北口)下車 徒歩3分)

○ 主 催  愛知県教育委員会

○ 後 援  日本ユネスコ国内委員会、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター
                     (ACCU)、
中部ESD拠点協議会、ESDコンソーシアム愛知

○ 詳細情報 ユネスコスクール交流会.pdf

○ 参加費  不要

○ 内容・日程

【ポスターセッション(6校、順不同)】12001240 7階小ホールラウンジ
・ 豊橋市立みゆき小学校 ・ 豊橋市立野依のより小学校      ・ 半田市立亀崎かめざき中学
・ 名古屋国際中学校  ・ 名古屋市立山田やまだ高等学校  ・ 日本福祉大学付属高等学校


【分科会(活動発表・ディスカッション)(6校、
順不同)12551350 7階小ホール、6階会議室
・ 一宮市立中島なかしま小学校 ・ 豊橋市立高師たかし小学校         ・ 名古屋市立宝神ほうじん中学校
・ 豊橋市立まえしば中学校 ・ 愛知県立刈谷北かりやきた高等学校 ・ 中部大学第一高等学校

【あいちの未来クリエイト部活動発表(1校12551350 6階会議室
・ 愛知県立知立東ちりゅうひがし高等学校

【基調講演】14001430 7階小ホール
演題「落語から垣間見える江戸時代のエコ社会」
講師 春風亭しゅんぷうてい しょうきち 氏(落語家)

○ 申込方法
  申込書(
ファックス申込書.pdf)にて、お申込みをお願いいたします。

○ 申込期限
  平成30年10月10日(水)

※ 当日お越しいただいても御参加いただけますが、台風等の緊急時に連絡をするため、緊急連絡先(メールアドレス)をお知らせいただくことに御協力ください。

○ 申込・問合せ先
  愛知県教育委員会 生涯学習課 担当(横井)
  (電話番号052-954-6749
  (ファックス番号)052-954-6962

○ 災害等における対応について
  
災害等における対応について.pdf


本イベントのチラシはこちらから→平成30年度愛知県ユネスコスクール交流会チラシ」.pdf


14:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/09/19

「国際平和デー」オドレー・アズレー ユネスコ事務局長からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by MEXTユネスコスクール担当

921日「国際平和デー」に向けて、オドレ-・アズレー ユネスコ事務局長からのメッセージ

 

 921日は「国際平和デー」です。すべての国、すべての人々にとって共通の理想である国際平和を記念、推進していく日として、1981年に初めて宣言が出され、2002年以降、毎年9月21日を「国際平和デー」とすることを国連が定めました。以後、世界の停戦と非暴力の日として、すべての国と人々に、この日一日は敵対行為を停止するよう働きかけています。


【オードレ・アズレー ユネスコ事務局長からのメッセージ】
Message from Ms Audrey Azoulay, Director-General of UNESCO, on the occasion of International Day of Peace, 21 September 2018

"There will be no peace on this planet as long as human rights are violated somewhere in the world."

On this International Day of Peace, the words of Renē Cassin, one of the architects of the Universal Declaration of Human Rights in 1948, remind us that peace will remain an unattainable ideal as long as fundamental human rights are not respected. They are a prerequisite for a peaceful society in which the dignity of all individuals is respected and everyone can fully enjoy equal and inalienable rights.

These words remind us of our duty of solidarity towards our fellow human beings: peace is imperfect and fragile unless everyone benefits from it; human rights are either universal or they are not. This intrinsic link between peace and respect for human rights is the theme of this year's International Day of Peace, as this year we celebrate the seventieth anniversary of the Universal Declaration of Human Rights.

The ideals of peace and universal rights are challenged and violated on a daily basis. There are numerous obstacles to their realization. All kinds of challenges test our ability to build a world of harmony, understanding and peaceful coexistence: social and economic inequalities, which lead to distress and poverty; climate change, which gives rise to new conflicts; and the population explosion, which creates new tensions. Forms of populism and extremism are also spreading all over the world.

To overcome these challenges, we must act collectively and build the edifice of peace brick by brick. That is the whole aim of the United Nations 2030 Agenda for Sustainable Development, which calls for concerted action to achieve 17 Sustainable Development Goals, all of which contribute to a more just and peaceful world by, inter alia, combating poverty, hunger and gender inequality, promoting education, defending justice and committing to a healthy environment.
 
Every day, UNESCO, through its programmes and action on the ground, reaffirms its original commitment, enshrined in its Constitution: to construct the defences of peace in the minds of women and men. As the lead agency responsible for the International Decade for the Rapprochement of Cultures 2013 - 2022, UNESCO is fully engaged in developing a worldwide culture of prevention through education, international cooperation and intercultural dialogue.

The road to peace is long, but it is up to each and every one of us to influence its course by committing ourselves on a daily basis to a society that is more inclusive, more tolerant and more just.



09:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/09/13

「国際民主主義デー」オドレー・アズレー ユネスコ事務局長からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by MEXTユネスコスクール担当

915日「国際民主主義デー」に向けて、オドレ-・アズレー ユネスコ事務局長からのメッセージ

 

 915日は「国際民主主義デー」です。民主主義の原則を推進し維持する目的で2007年に国連で制定されました。今年のテーマは「Democracy under Strain: Solutions for a Changing World」です。


【オードレ・アズレー ユネスコ事務局長からのメッセージ】

Message from Ms Audrey Azoulay, Director-General of UNESCO, on the occasion of International Day of Democracy, 15 September 2018


Today, we celebrate the International Day of Democracy. Democracy is an ideal which recognizes that every human being has equal dignity and the same fundamental freedoms: the freedoms of thought, belief, expression and movement.


These universal values are enshrined in the Universal Declaration of Human Rights, whose 70th anniversary we are celebrating this year, and permeate the UNESCO Constitution. If culture, education, science, communication and information, which UNESCO aims to promote throughout the world, are not upheld by universal values, or if they exclude part of humankind and do not contribute to greater peace and justice, then they lose their essence.


Democracy is not only a moral ideal, but also a political and legal principle. Democracy is organized, constructed and deepened through the granting of political rights to participate in the joint development of laws and institutions, through free elections by universal suffrage, through a system of checks and balances inherent in a State governed by the rule of law, through a free and independent press, and through active citizens and an open and dynamic civil society. UNESCO is actively involved in the promotion of citizenship and works closely with many civil society partners.


One of the defining features of the democratic spirit is the belief that more is obtained through dialogue, consultation and mediation than through coercion and arbitrary practices: in short, the law must prevail over the use of force. The democratic ideal is inextricably linked to a commitment to the peaceful resolution of conflicts and an aspiration for peace. UNESCO bears this aspiration like a standard.


The democratic ideal is an incentive to work relentlessly to ensure greater equality, freedom and justice, the right to quality education for all, the right to information, the right to dignified living conditions, a healthy environment and decent employment. For this reason, the United Nations 2030 Agenda for Sustainable Development is the ramification of this ideal, growing ever-deeper according to the new challenges faced by each new generation, and at the beginning of the twenty-first century, these difficulties look set to continue.


This International Day is an opportunity, particularly in this anniversary year of the Universal Declaration of Human Rights, to examine the progress made in the democratic ideal worldwide and in the respect for fundamental rights and freedoms. Let us rally together to ensure that the promise of peace and justice borne by democracy is fulfilled.


10:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/09/10

国際理解教育講座2018 テーマ編

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

NIED主催講座「国際理解教育講座テーマ編」が929日から始まります!
今年は、コミュニケーション・セルフエスティーム・人権・環境(水)・人権の全5回。全回通して参加型ワークショップで行います。

テーマに関心がある方はもちろん、参加型ワークショップやファシリテーターに興味のある方、初めての方も大歓迎です。是非ご参加ください。定員が少ないので早めのお申込みをお待ちしております!


■スケジュール
※開催時間は各回10:0017:00です。

<第
1回>
929(土)
コミュニケーション『コミュニケーションを考える』

<第
2回>
1014(日)
セルフエスティーム『楽笑楽生<ラクショウ!ラクショウ!>』

<第
3回>
1125(日)
人権『人権とわたし』

<第
4回>
1223(日)
環境(水)『めぐるめぐる水』

<第
5回>
2019.112(土)
人権『ハラスメントのない社会へ』

 

■講座詳細・お申し込み方法

https://kokucheese.com/event/index/530746/

 

■お申込み・お問合わせ先
特定非営利活動法人NIED・国際理解教育センター 
TEL070-5333-5566
FAX052-766-6440
Emailnied@love-hug.net
Webhttp://nied.love-hug.net/
FBhttps://www.facebook.com/nied.love.hug



11:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/16

『国際識字デーイベント2018 -読み書きの力が、生きる力に』、今年も開催します。

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者



 2015
年に国連で提唱された持続可能な開発目標(SDGs)の4つめの目標『質の高い教育をみんなに』では、「2030年までに、すべての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする」と、識字問題解決を明確に打ち出しています。他方で、世界の成人で読み書きができない人は7億5700万人。世界人口76億人の1割の人たちは今も読み書きができません。

 識字は開発途上国の問題と捉えられがちです。実際、非識字者の大半は開発途上国に居住していますが、実は日本のような先進国においても、社会格差の拡大や社会構造の変化を背景に、識字問題が深刻化しています。

 9月8日は、国際識字デー。これにちなみ、ACCUは識字支援に取り組むNGO2団体と共催して、2012年から「国際識字デーイベント」を開催してきました。今年は、ACCUが幹事団体として、昨年、一昨年に引続き日本国外と日本国内の識字課題を取り上げます。運営者の視点から識字教室の現状を語ってもらい、読み書きが人間にもたらす「力」とは何かを改めて問いかけます。

●日時:2018年9月7日(金)19:00~20:30 (開場18:30)

●会場:新宿NPO協働推進センター 501会議室
(JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」より徒歩13分)
※アクセス情報はこちらをクリック
※チラシのダウンロードは、こちらをクリック

●定員:先着60名

●テーマ:「学ぶ力が、生きる力に」
 読み書き能力の習得と向上を目的とした事業事例を運営者の立場から語っていただく。日本国外、国内の二つの事例を扱うことで、識字を巡る問題が国や地域を問わず現在も存在すること、そして識字が人間の尊厳に関わる重要な役割を果たすことを広く知っていただく。

●登壇者:
-ノン・ブッタさん(日本ユネスコ協会連盟カンボジア事務所所長)
-ソウム・サベットさん(同職員)
-関本 保孝さん(元夜間中学校教員、基礎教育保障学会事務局長)
-ファシリテーター:大安喜一(ACCU教育協力部部長)

●同時開催:識字教育関連の教材・団体紹介資料展示

●参加費:1,000円
 (主催3団体いずれかの会員および学生は500円)

●主催:公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会
公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
    公益財団法人 ユネスコ・アジア文化センター
  後援:基礎教育保障学会

●お申し込み:以下からお申し込みください。
-URL:https://ws.formzu.net/fgen/S74843085/  
-QRコード


-メール・FAXでのお申込をご希望の方はチラシをご覧ください。


【お問い合わせ】
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)
担当:若山、藤本
Emal:webmaster@accu.or.jp
Tel :03-3269-4559
Fax:03-3269-4510 
.
12:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。