聞くこと・記録すること―「聞き書き」という手法―

分類 冊子
テーマ 環境問題
著者 共存の森ネットワーク、国連大学高等研究所
対象 中学生、高校生、大学生、一般、教職員
推薦者
登録日

「聞き書き」という一対一の対話を通じて、「話し手」の人生や価値観を引き出し、記録する作業です。「話し手」の言葉はすべて録音し、一言一句文字に書き起こし、文章にまとめます。そのプロセスの中で、自然に生かされ、生きてきた人の価値観やその地域の暮らしや文化、持続可能な自然資源の利用等を学んでいくことができます。
本冊子では、「聞き書き」を行うための手法、実践するためのノウハウ、事例、聞き書き作品などを掲載しており、若い世代や初めての方でも「聞き書き」を取り組むことができるよう作成しています。

【目次】
1. 聞き書きの意義
「聞く」ことからはじまる
―「聞き書き」による自然共生社会の実現―
2. 「聞き書き」12の心得
3. 聞き書きの実践
「聞き書き」をしてみよう!
4. 聞き書きの応用
「聞き書き」の手法を活かした
教育プログラムの事例
―日本の「聞き書き甲子園」の活動を中心に―
5. 「聞き書き」作品

【入手方法】
団体教育機関で使用する場合にはNPO法人共存の森ネットワークまでお尋ねください。
個人で入手をご希望する方は、当サイトからダウンロードしてください。

 

 

 

内容

【「聞き書き」の主な事例】
実践例1)「聞き書き甲子園」
http://www.kyouzon.org/active/active04.html
文部科学省、農林水産省等で構成する実行委員会が主催し、2002年から11年間実施。

実践例2)筑波大学附属坂戸高校
2009年より授業の一環として毎年実施

【「聞き書き」を体験した若者たちの言葉】
・森は生活の下地のようなものかもしれないと思った。離れた存在ではない、ごく自然に暮らしとつながっている、そんな森の存在を感じました。(高校2年生・女子)
・人一人の中にこんなにも物語が溢れているのです。それは当たり前のことかもしれません。しかし特別なことだとおもいます。(高校1年生・女子)

■聞き書き甲子園に参加しているユネスコスクール

出版
発行 製作:SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ事務局 国連大学高等研究所  製作協力:特定非営利活動法人 共存の森ネットワーク・環境省
発売
出版年 2012年
税込価格 非売品
問い合わせ先 特定非営利活動法人 共存の森ネットワーク 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A TEL:03-6450-9563 FAX:03-6450-9583
PAGE TOP
MENU