• いなぎしりついなぎだいにちゅうがっこう
  • 稲城市立稲城第二中学校

  • Inagidaini Junior High School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野登録なし

所在地 〒206-0822 東京都稲城市坂浜1340
電話番号 042-331-3640
ホームページ https://www.fureai-cloud.jp/inagi2j/
加盟年 2014

2021年度活動報告

活動分野

減災・防災, エネルギー, 環境, 世界遺産・無形文化遺産・地域の文化財等, 国際理解, 平和, 人権, 福祉, 持続可能な生産と消費, 食育

本校は、「21世紀をたくましく生き抜く生徒の育成を」を学校理念として、ESDの実践活動を通して、社会の変化に自律的に対応でき、社会的・職業的に自立を図る生徒の育成を目標とした。

具体的には、「自ら課題を発見できる力」「課題解決を考える力」「主体的に判断し行動できる力」を柱に、①授業改善に向けた取組。②教科等の横断的な視点による組織的な取組。③外部人材の活用や地域との連携を図った取組をおこなった。

① 授業改善に向けた取組

「課題発見・解決力」「表現する力」「人と関わる力」を身に付けさせることを目指し、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善に努めた。さらに、グループでの討論、表現のスキルの向上、協同して物事に取り組む活動を意図的に取り入れた。そのことにより、様々な立場や状況の人々への理解を深め、コミュニケーション能力の育成につながった。

② 教科等の横断的な視点による組織的な取組

各教科、領域におけるESDの視点を生かした実践を行った。例えば、理科、社会科、技術・家庭科が連携し、「環境エネルギーについて」の授業展開を進めた。また、音楽科では、日本文化伝統教育の一環として「箏」の授業、総合的な学習の時間の中では「言語技術」の授業などに取り組んだ。

③ 外部人材を活用や地域との連携を図った。

【キャリア教育】

将来の夢や目標について考え、勤労観や職業観を育成するとともに、自己実現のために努力する姿勢の育成に取り組んだ。

【減災・防災教育】

地域連携型防災訓練を通して、「地域へのかかわり」合言葉に「防災・減災教育に取り組み、災害発生時における「防災団員」として、「自助」・「共助」・「公助」の大切さを考えるとともに、判断し、行動できる意識や態度を育んだ。

【地域から学ぶ】

地域の活動に積極的に参加できる場を多く作り、ボランティア体験の活性化を推進する計画を立てた。しかし、コロナ禍の影響により「社会を明るくする運動」や地域行事「盆踊り」や「塞ノ神・どんど焼き」などが中止・縮小になり、地域の伝統文化に直に触れ地域の方々との交流を図る場を作ることができなかった。

来年度の活動計画

ESDの実践を通して社会の変化に自律的に対応でき、社会的・職業的に自立を図る生徒の育成を目標とする。

① 授業改善に向けた取組

・「課題発見・解決力」「表現する力」「人と関わる力」を身に付けさせる。

・協同して物事に取り組む活動を意図的に取り入れた授業。

② 教科等の横断的な視点による組織的な取組。

・各教科、領域におけるESDの視点を生かした授業。

・音楽科での日本文化伝統教育。

・「言語技術」の推進

③ 外部人材や地域との連携を図った取組

・【キャリア教育】 ハローワークとの連携、保育体験

・【減災・防災教育】 地域連携型防災訓練の実施

・【地域から学ぶ】 「社会を明るくする運動」への参加。「盆踊り」「塞ノ神・どん焼き」の準備への参加

過去の活動報告