• たましりつひじりがおかしょうがっこう
  • 多摩市立聖ヶ丘小学校

  • Tama Municipal Hijirigaoka Elementaly School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野登録なし

所在地 〒206-0022 東京都多摩市聖ヶ丘3−66
電話番号 042-374-0647
ホームページ http://schit.net/tama/eshijirigaoka/
加盟年 2012

2021年度活動報告

活動分野

環境, 文化多様性, 国際理解, 人権, 福祉

本校は、「考える子」「助け合う子」「元気な子」を学校教育目標としており、今年度は特に「助け合う子」の育成を重点に置いて教育活動に取り組んでいる。
また、本校はユネスコスクールが重点的に取り組む3つの分野をESDの実践を通して育成していこうと考えている。それらを踏まえ本校は「持続可能な社会の担い手」「共生社会の担い手」を育成することをめざし、ESDの実践を通して主体的に問題解決できる力の育成を目標としている。
具体的には、人との関わりを柱に、①まちづくり係わる教育、②環境に係わる学習、③福祉に係わる活動を行った。

① まちづくりに係わる教育
・6年「聖ヶ丘をすてきな町に」(住みよい町づくりを提案する)
小学校の学習のまとめとして、誰もが安心して暮らし続けられる、住みよいまちづくりについて考えた。人、社会、自然との「関わり・つながり」を尊重できる児童の育成を目指していたが、コロナ禍で人との関わりが断たれ、工夫が必要であった。今年度は屋外での金管バンドのパレードも中止となったが、10月に「ありがとうの会」と題した計画を子供たちが立て、それを支えてくれた保護者や地域の方々、先生方に披露したことで、地域とのつながりを実感することができた。
② 環境に係わる学習
5年「米からみよう、日本と世界」
敷地内田んぼでの米作り体験を通して、地域の環境について考えるとともに、環境を守ろうとする地域の方の熱い思いに触れることができた。今年度は、リモートで実際に米農家の方からお話を聞き、米作りには「自然環境」が大切であることを学んだ。また、社会科の食糧生産の学習を通して、自給率・米離れ等の問題に対する関心をもち、探究学習によって理解を深めた。コロナ禍での活動で、地域の方を招いた収穫祭等実施することができなかったが、自分たちの考え、取り組みを発信することができた。
③ 福祉に係わる活動
3年「広げよう友達の輪」(特別支援学校児童との交流)
地域の特別支援学校に通う児童とのふれあいを通して、人々の多様性、相手を理解し認めることの重要性に気付くことができた。直接的な交流が難しい中で、手紙のやり取りや共同作品の制作など工夫して活動した。工夫して活動する良さもあるが、直接的な交流の重要性を改めて実感することとなった。

来年度の活動計画

低学年では生活科を中心に、中学年、高学年では「総合的な学習の時間」を核とし、児童の主体的な探究活動を引き出し、支援しながら、持続可能な開発のための教育を推進する。
1年「はるをみつけにいこう」他(身の回りの自然に興味をもつ)
2年「町のすてきつたえたい」(身の回りの地域に興味をもつ)
3年「広げよう友達の輪」(近隣の特別支援学校児童との交流)
4年「つながろう聖ヶ丘」(地域の高齢者施設入居者との交流)
5年「米からみよう、日本と世界」(米作り体験を通した環境学習)
6年「聖ヶ丘をすてきな町に」(住みよい町づくりを行政に提案する)

人、社会、自然との関係性を意識し、その大切さを実感できる学習を積み重ね、「関わり・つながり」を尊重できる児童を育成するとともに、進んで社会参加・地域貢献しようとする児童の育成を図る。

 

過去の活動報告