「国際防災デー」(10/13)を記念して


10月13日は「国際防災デー」です。国連総会にて危機意識と防災に関するグローバル文化を推進する呼びかけに応じ、1989年に制定されました。

毎年、自然及び技術的(技術が要因の)ハザードが何百万人もの人々に影響を及ぼしています。しかし、その多くは積極的な対策や計画で軽減することができます。国際防災デーでは、毎年世界各国の人々や社会が、どのように減災に取り組んでいるかを振り返る日です。ユネスコは、災害発生後の対策よりも、災害発生前の行動に考え方をシフトし、各国の災害管理と気候変動に対応する能力構築の取り組みを支援しています。

本年の国際防災デーでは、「開発途上国の災害リスクおよび災害損失を削減するための国際協力」に焦点を当てます。また、仙台防災枠組 2015-2030のターゲットFに沿い、人災や天災に影響される人々を減らすため、災害の起こりやすい地域に住む人々の生活にプラスの効果のある国際協力の優良事例を紹介します。

完全に災害リスクを排除することは不可能ですが、仙台防災枠組みのゴール、ターゲット及び優先事項に沿って政策や法的枠組みを策定し、関連機関を整備している国は、より災害リスクを管理する能力を有し、そのため災害が起きた際の影響を弱めることができます。しかし、防災のための成功戦略は複雑であり、とりわけマルチステークホルダーを調整するための効果的なメカニズムや包括的な国策、学際的で他部門にわたる協働と情報・意見の交換等が必要です。

以上の点を念頭に、また災害が社会、個人、インフラとその健全性に与える深い影響に焦点を当てつつ、本年のテーマは、現存するリスクを管理・軽減し、新しいリスクを引き起こすことを避ける災害リスクの削減戦略が整っていれば多くの災害を防ぐことができる、というメッセージを発信することにあります。言い換えれば、「良い防災ガバナンス」です。

#(ハッシュタグ) #OnlyTogether #DRRdayを活用し、対話に参加しましょう!

ユネスコスクールの国際指針では、年に2回以上国際デーを記念することが加盟継続の条件とされています。「国際防災デー」を記念して、本テーマでSDGs達成に向けた取組をしてみませんか?

ユネスコHP「国際防災デー」(英):https://en.unesco.org/commemorations/disasterreductionday
ユネスコスクールHP(英)「国際デー」:https://aspnet.unesco.org/en-us/international-days


≪ カレンダーページへ