このサイトは文部科学省の委託による「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCUにより構築されています。

 


イベントのお知らせ

 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ >> 記事詳細

2017/11/13

「ICANノーベル平和賞受賞記念 折り鶴プロジェクト」へのご協力のお願い

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

ユネスコスクール加盟校の皆様へ

 

ICANノーベル平和賞受賞記念 折り鶴プロジェクト」へのご協力のお願い

兵庫県立北須磨高等学校 ESD推進委員会

 

今年の7月に国連で「核兵器禁止条約」が採択され、それに続いてICANがノーベル平和賞を受賞し、核兵器廃絶への機運が高まっています。核兵器の犠牲になった方々へ哀悼の意をこめて、また世界の平和を祈願しながら折り鶴を折ることを通じて平和について考えてもらう「折り鶴プロジェクト」を実施します。

 

実施方法

①各学校で折り鶴を作成して、それを撮影したものとメッセージ(ICANのノーベル平和賞受賞へのメッセージや世界平和、核兵器廃絶実現のためのメッセージ等)を添えて下記のアドレスにe-mail添付で送ってもらいます。(千羽鶴にするかどうか、生徒が写るかどうか、学校名を出すかどうかは各学校で判断してください。画像ファイルはJPEG形式で1Mb以下のサイズでお願いします。)

 

②集まった画像ファイルを国別に分類してWEBに掲載します。また、ユネスコスクールのホームページからリンクを貼ってもらう予定です。さらに、印刷したものを12月10日のノーベル平和賞受賞式会場、もしくは関連イベントに持参して展示することも計画中です。

 

宛先及びお問い合わせ先:兵庫県立北須磨高等学校 ESD推進委員会 担当:壷井宏泰

TEL: 078-792-7661

FAX:  078-792-7662

e-mail: orizuru2017@yahoo.co.jp

 

今夏の「祈りづるプロジェクト」では多くの学校に賛同いただき、約20万羽の祈り鶴が集まりました。ご協力ありがとうございました。

今回は世界中のユネスコスクール(ASPnet)に呼びかけて、できるだけ多くの国々に参加してもらう予定です。今回のプロジェクトが世界のユネスコスクール同士の交流のきっかけになることも期待していますので、ご協力よろしくお願いいたします。

授賞式に間に合わせるために1130日を一応の期限とさせていただきますが、それ以降も受け付けて、随時WebUPさせていただきます。

 

賛同者:佐々木祐滋氏 原爆の子の像のモデルとなった佐々木禎子さんの甥。禎子さんの折った鶴をアリゾナ記念館やトルーマン大統領博物館に寄贈することを通じて、核兵器廃絶と世界平和の実現を目指して活動中。


11:11 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 参加募集

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。