このサイトは文部科学省の委託による「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCUにより構築されています。

 


イベントのお知らせ

 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ >> 記事詳細

2017/08/16

関東地方ESD活動支援センター “ESD勉強会”の開催

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

                 関東地方ESD活動支援センター “ESD勉強会”の開催
                     
                    社会教育施設と学校との地元連携を考える

            ~ESDで地域学習した小学生が、郷土資料館で展示解説にチャレンジ!~

 関東地方ESD活動支援センターでは、関東地域のESD(持続可能な開発のための教育)の推進を目的に、セミナー等の開催などを通じ、ネットワークの構築を目指しています。今回は、ユネスコスクールの小学校が地域の資料館と連携して、ESDで学んだ地域の歴史を6年生が資料館で発表する取り組みから学び、考えます。
 ESDは、様々な手法により各地で取り組まれていますが、自分たちの住む町の過去の様子を学ぶことは、地域への「愛着」や「誇り」を持つことに繋がります。今回、八名川小学校と江東区深川江戸資料館のご協力を得て、実際の発表の様子の見学と、こうした取組みの意義について、参加者の皆さんとともに考えます。

○日時:平成29925日(月)9:3016:00
○会場:江東区深川江戸資料館(東京都江東区白河1-3-28

○対象:学校、社会教育施設等関係者、ESDに関心のある方

チラシPDF
http://kanto.esdcenter.jp/wp-content/uploads/sites/4/2017/07/KantoESD_study170925.pdf


○申込:915()締切
○主催:江東区立八名川小学校、江東区深川江戸資料館、関東地方ESD活動支援センター
○参加費:無料 ※午前は入館料400円(当日徴収)
○定員:30


○八名川小学校のESDの取組
江東区立八名川小学校は、平成22年度よりユネスコスクール認定校となり、以来「ふるさと深川を愛し、町の歴史を語れる児童を育てる」べく、6年生を対象に総合的な学習の時間を中心に「江戸深川の町を語ろう」を展開している。この学習は年々進化を続け、平成27年度より、深川江戸資料館の協力を得て、館内各コーナーで子ども解説員活動を展開している。

~以下、手島利夫校長の資料より~
ESD
を踏まえて豊かな学びを創るために、教科・領域をつなげ、既習事項を活用する視点と、「学びに火をつける」指導の充実を図ってきた。その中から、大人を信頼し、自分事として学び、和やかに協力し合い、やる気に満ちた子どもたちの姿が実現されてきた。これと呼応するように、学力も育っている。文部科学省の全国学力学習状況調査でも、この7年間で、国語や算数の活用能力などが飛躍的に伸びてきた。豊かな学校生活と主体的な学びと総合の充実の上に「学力」も育っているのである。


○八名川小学校児童による「江戸の町案内」
○発表者:八名川小学校6年生児童(45名)
○参観者:八名川小学校5年生児童(69名)、
 深川小学校5年生児童(予定)
 八名川小学校保護者(事前申込制)、
 区民・教育関係者(事前申込制)
○発表内容(例:昨年度の児童テーマ)
江戸の食べ物や食生活、江戸の野菜、江戸前寿司、江戸の漁業、長屋
の暮らし、江戸の服装、江戸の船と水路、橋、松尾芭蕉、深川の地名
と地形、深川の船の歴史、相撲の歴史、松平定信、徳川家康と深川、
富岡八幡宮、深川神明宮、お神輿の歴史、深川めし、江戸切子など

【プログラム概要】
AM:小学生による江戸・深川の歴史案内
 9:15
 受付開始
 9:30
~ 児童による解説 第1部
10:50
~ 児童による解説 第2部
○昼食
12:00
~ 各自(一度会場を出て、各自で昼食を摂ってください)
PM:社会教育施設と学校との地元連携を考える
13:15
 受付開始
13:30
~ 八名川小のESDの経緯と取り組み状況について(手島先生)
14:00
~ 深川江戸資料館の目指す、社会教育のポイント(資料館)
14:15
~ 参加者自己紹介
14:30
~ 小学校と社会教育施設連携についてのワークショップ(関東ESDセンター)
 1. そのメリットを考える(30分)
 2. 各地でさらに普及するには(30分)
15:40
~ 振返り(手島先生、資料館)
16:00
終了


■会場
江東区深川江戸資料館(東京都江東区白河1-3-28
https://www.kcf.or.jp/fukagawa/access/
 最寄:「清澄白河」駅 A3出口より徒歩5
  東京メトロ半蔵門線(Z11
  都営大江戸線(E14


■お申込方法
9
15日(金)15:00締切
送信先:kantokanto-esdcenter.jp(★を@に変えてください)
下記必要事項を、事務局までお送りください。
お名前:
ご所属:
メールアドレスまたはFAX番号:
参加時間体:午前、午後
ご関心ごと:


■連絡先
関東地方ESD活動支援センター
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山BF
http://kanto.esdcenter.jp/
kanto@kanto-esdcenter.jp
TEL
03-6427-7975
FAX
03-6427-7976

 


10:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。