北海道教育大学釧路校


北海道の豊かな自然環境を生かしたESDの推進地域と連携した持続可能な社会を目指して
 
ユネスコスクール支援内容

   ESDユネスコスクール全道研修会の開催 
 

  2014年12月に北海道教育大学札幌駅前サテライトににおいて実施されました。センター長による基調講演並びに北海道大学教育学研究員の河口教授を招いて基調講演を行いました。
 また、羅臼町教育委員会の金澤祐司先生から第70回全国知床大会報告を行って頂き、北海道ユネスコ連絡協議会長の大津和子先生からはユネスコスクール全国大会報告を行っていただきました。更にユネスコスクール全国大会参加校として札幌大通高等学校からも報告を頂きました。ESD・ユネスコスクール全道研修会は、例年北海道湯ユネスコ連絡協議会との連携によって実施されており、全道40名以上の関係者が集まりました。


  ユネスコスクール加盟支援 
 

  2015年2月に北見市市民会館において、ESD推進センター・副センター長である境智洋准教授による基調講演並びに事例報告を行い、ユネスコスクールの普及啓発と登録促進を行いました。これによって道北地域におけるユネスコスクールの推進を図りながら、北海道内の各ユネスコ協会との連携を進めていきたいと考えています。

 
 
ESD活動紹介


  ESDプランナー資格 
 

  ESD推進センターでは、毎年所定の科目を修了した学生や公開講座を受講した地域住民の方に”ESDプランナー”資格を出しています。毎年北海道教育大学釧路校の卒業証書授与式の日程に合わせて、資格授与が釧路校の副学長室で行われています。今回も学生並びに地域住民が資格を取得しました。□取得者には、今後の地域や学校でESD実践活動の中核として活躍してもらえることを願っています。

 北海道教育大学ユネスコクラブの活動 
 

 2010年に設立された学生のユネスコ団体である「ユネスコクラブ・ピース」の活動をサポートする形でESD推進センターは様々な取組みを行ってきました。
 2013年度は玉川大学で実施されたユネスコクラブ全国サミットに学生2名を派遣し、ユネスコ活動を行う全国の大学ユネスコクラブの学生と情報交換を行いました。2014年度はキタキツネとの共生を掲げた活動の検討が行われました。

 ESD推進センタ紀要「ESD・環境教育研究」の刊行 
 

 ESD推進センターでは毎年センター紀要として「ESD・環境教育研究」を刊行しています。第17巻が2015年3月に刊行されます。内容は論文、実践報告、シンポジウム報告、資料などです。

 

ASPUnivNet
検索