東海大学教養学部

住所:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目 4-1-1
URL :http://www.shc.u-tokai.ac.jp/ 

ユネスコスクール支援内容

「多文化共修」をキーワードに、多国籍な生徒・学生・教員間の交流を促進

1.ユネスコスクール加盟支援

本学は主に神奈川県内の学校を担当、チャレンジ期間中・修了希望の学校や新規加盟申請校に対して助言・指導・教員研修・出前授業等を実施しました。また、他府県にある本学の付属高校からも依頼を受けて、情報・アドバイス・出前授業を提供し、その地域を担当する大学につなぐなどもしました。

2.ユネスコスクール活動支援・地域連携支援

「多文化共修」をキーワードに、例年、神奈川ユネスコスクール連絡協議会とNGOのCRI-チルドレンズ・リソース・インターナショナルとの共催で、ユネスコスクールと加盟希望校、及び外国学校が交流するUNESCOユースセミナーを開催しています。コロナのため今年も昨年に続きオンライン開催となりました。参加校からそれぞれの学校の様子やコロナへの対応の状況などをビデオで報告してもらい、オンラインでできるアイスブレイクのゲームやディスカッションを取り入れて交流しました。

UNESCOユースセミナーの紹介動画へのリンクQRコード

3.ユネスコスクールネットワーク形成支援

成蹊大学の主催で開催されたユネスコスクール関東ブロック大会に参加して、東京都内の他の支援大学や神奈川ユネスコスクール連絡協議会とともに分科会を担当しました。来年度の関東ブロック大会の準備の会合にも参画しました。さらに、神奈川県内にはシュタイナー学校が1校ユネスコスクールに加盟していますが、その学校と京都府にある他のシュタイナー学校、そして海外のシュタイナー教育系ユネスコスクールがネットワークを作る活動への支援を2019年度に開始、オンラインでおよそ2ヶ月に1度の会合が続いています。

ESD活動紹介

プロジェクトベースで地域連携型のESD活動を多数実施

本学の教養学部は人間環境、国際、芸術の3学科からなり、学際的なアプローチで環境、国際理解、平和、人権、地域の文化などに関する教育を推進しています。異なった専門分野から集まる教員たちが共同でプロジェクト(*)を立ち上げ、異なった学科の学生を集めて座学の授業とフィールドでの実習をおこなうなどしています。

*現在進行中の ESD 関連プロジェクトの例:アースミュージアムプロジェクト、多文化子どもプロジェクト、北東アジア環境共生プロジェクト、湘南地域ブランド創造プロジェクト など

前の記事

成蹊大学

次の記事

金沢大学