玉川大学教育学部

住所:〒194-861 東京都町田市玉川学園6-1-1
URL:https://www.tamagawa.ac.jp/education/

ユネスコスクール支援内容

1.ユネスコスクール(ASPnet)およびASPUnivNetへの加盟の経緯

玉川大学教育学部は、2008年10月24日に教員養成大学としてユネスコスクール(ASPnet)に加盟しました。同年ASPUnivNetにも加盟しました。玉川大学の創設者小原國芳の提唱した全人教育の伝統を活かし、近隣自治体の小中高校や教育委員会、ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)、日本ユネスコ協会連盟、ESD活動支援センターと連携しつつ、SDGs目標達成に向けたESD(持続可能な開発のための教育)及びGCED(地球市民教育)を軸にしたユネスコの変容的教育を推進するため、多摩市との基本協定を含むASPnet多摩地域ネットワークの構築を目指しています。2022年度のASPUnivNet運営委員長です。

2.「ユネスコスクール関東ブロック大会」における大学間協同

ユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)の大学間連携と協同の成果の一端として玉川大学は首都圏に位置する他のASPUnivNet加盟大学(東海大学、創価大学、成蹊大学)、ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)および神奈川県ユネスコスクール連絡協議会と連携し2019年10月5日(土)に「ユネスコスクール関東ブロック大会」を開催しました。この成果を受け、成蹊大学の主催で2021年8月7日に開催された「第2回ユネスコスクール関東ブロック大会」では、玉川大学教育学部は共催大学として、大妻中野中学校高等学校と連携して分科会「SDGs目標達成に向けて私たちにできること-高大連携による共同イニシアティブの試み」を実施しました。世界の青少年に向けた「ユース共同声明」を日本語・英語・フランス語の3か国語で作成し、ユネスコ本部に送付しました。

3.ユネスコスクール加盟申請校への教員研修会

玉川大学教育学部は2021年度、ユネスコスクール加盟申請中の八千代市立みどりが丘小学校、町田市立町田第五小学校、八千代市立高津中学校、板橋区立緑小学校、東京女学館小学校・中学校・高等学校、創価大学、実践女子学園中学校・高等学校、板橋区立西台中学校、町田市立小山田小学校、八千代市立南高津小学校、八千代市立新木戸小学校、八千代市立高津小学校、八千代市立西高津小学校、創価高等学校、八千代市立東高津中学校、日本体育大学柏高等学校、秀明八千代中学校高等学校にユネスコスクール加盟に向けたESD教員研修等の支援活動を行いました。創価大学グローバルシティズンシッププログラムではユネスコ価値教育の今日的意義についての特別講義を行いました。淑徳SC中学校高等学校ではユネスコ世界遺産教育の意義について講演を行い、ユネスコスクール加盟申請に関連した諸課題について協議しました。またユネスコスクール加盟申請を予定している横須賀学院高等学校ではユネスコスクール今日的意義について教員研究会および生徒への出張授業にて説明を行いました。さらにユネスコスクール・キャンディデート校となった大妻中野中学校・高等学校の校内行事「グローバル教育発表会」に審査員として参加し、講評と指導を行いました。

ESD活動紹介

1.「ESD実践活動プログラム」と「高等教育におけるESD指導に向けた教材開発の試み」

玉川大学教育学部は卒業生の大半が学校教員になることから、学校現場でESD/SDGsを効果的に教えることのできる教師力の育成を目標に掲げ、学部等改革推進制度として「ESD実践学習プログラム」を実施しました。外部機関の訪問をはじめ、近隣の小学校でのボランティア活動、自然文化体験活動などを行いました。学生は小学校現場で使うことのできるESDワークシート教材を作成し、持続可能な社会の担い手を育成する教師のESD指導スキルの向上に努めました。また学内共同研究として、「高等教育におけるESD指導に向けた教材開発の試み」を実施し、大学の教師教育プログラムにて活用できるESD教材の開発を行いました。これらの成果を含め、カリキュラムポリシーにESD/SDGsの推進が明記されたことを受け、2020年4月に教育学部ホームページに「ユネスコスクール加盟大学として」という特設サイトを開設し、ユネスコスクール加盟大学としてのビジョン共有と広報を図っています。

2.京都外国語大学との共同研究および交流授業

ASPUnivNet加盟大学である京都外国語大学の共同研究「『グローカル』マインドを育てる文化多様性・多文化共生教育および平和へのキャリア形成を目指して」に協力大学として参加し共同研究活動・協働学習活動を進めています。2021年10月30日(土)にオンライン大学間交流授業「アジア共同体の形成を目指して」を開催し、日韓の対立等多くの問題を抱えるアジアにおいて広域共同体を形成する可能性と課題について協同討議を行いました。2022年1月15日(土)に大学間シンポジウム「アジア共同体の内実を問うーアジア太平洋地域のグローバル市民教育(GCED)を探る」を開催します。

3.アジア太平洋地域GCEDネットワーク

玉川大学教育学部はユネスコ・バンコク事務所が運営する「アジア太平洋地域GCED(地球市民教育)ネットワーク」のコアメンバーとしてアジア太平洋地域におけるGCEDの普及と拡充に協力しました。ユネスコ・バンコク作成の「教師のためのGCEDミニガイド」にも執筆しました。2021年9月25日(土)にはユネスコ・バンコク事務所、日本国際理解教育学会、韓国国際理解教育学会と共同で「アジア太平洋地域GCEDネットワーク・オンラインフォーラム」を開催し(19ヵ国から178名参加)、アジア太平洋地域でのGCEDネットワークおよび変容的教育の拡充と教師教育・教材開発に寄与しました。

4.  玉川大学ユネスコクラブの活動

大学公認の文化会である玉川大学ユネスコクラブは「持続可能な社会づくりのために大学生ができること」をテーマにした実践活動を展開しています。日本ユネスコ協会連盟の構成団体会員でもあります。2021年度は通常活動として「SDGsワークショップ」を実施し、SDGs5(ジェンダー平等)およびSDGs10(不平等の是正)をテーマにした学生主体のワークショップにより持続可能な社会の担い手育成に向けた実践学習を進めました。ユネスコスクール支援活動として、玉川大学ユネスコクラブは、2021年11月10日(水)・11日(木)に、町田市立南大谷小学校にて3年生の総合学習の時間にSDGsをテーマにした出張授業を行い、児童たちのSDGsの諸課題に対する気づきと理解を深めることに貢献しました。大学間交流としては、2022年2月19日(土)・20日(日)に日本ユネスコ協会連盟の「ユネスコスクールSDGsアシストプロジェクト」助成金により、玉川大学ユネスコクラブと奈良教育大学ユネスコクラブの共同主催で「第8回ユネスコクラブ全国サミット」を開催し、国内外のユースを対象としたSDGs指導教材およびSDGsワークショップを作成する予定です。

前の記事

宮城教育大学