静岡大学教育学部

住所:〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
URL:http://www.ed.shizuoka.ac.jp/ 

ユネスコスクール支援内容

1.全国幼児教育ESDフォーラム2020

 昨年度に引き続き、「全国幼児教育ESDフォーラム2020」(テーマ:ESDを基軸とした質の高い幼児教育の推進と学校種間の接続:持続可能な社会をめざした他セクター連携)を2020年11月14日(土)(バーチャルフォーラム11月1日(日)〜)を開催いたしました。「ともにつくる学びの場」をコンセプトに、当日は、全国からの210名(対面75名を含むハイブリッドでの開催)の参加者によるディスカッションと、フォーラムに引き続き、「フォローアップ研修会」を行いました。

 本フォーラムは、「生物圏(環境)」、「社会」、「経済」での多セクターの連携を主眼としており、キーノートスピーチと分科会は、SDGsを実践し、学習する場としての機能を有している静岡市立日本平動物園の実践を核とした企画となっております。また、フォローアップ研修会では、参加者によるバーチャルフォーラムから当日までのリフレクション後、SDGs未来都市北九州市で活動をされているNPO法人里山を考える会代表 関宜昭氏とのトークセッションも行いました。2つの危機を解決する方向性がフォーラムとフォローアップ研修会で示されたように思います。

※バーチャルフォーラムの11月1〜14日のページビュー数1,487。現在でも視聴可能です。

全国幼児教育ESDフォーラム2020報告書:https://knotworklab.com/data/531/

ESDを基軸とした質の高い幼児教育の推進と学校種間の接続〜全国初の幼児教育ESDフォーラムを基盤とした新たなる展開〜事業評価会報告書:https://knotworklab.com/data/586/

2.ユネスコスクールの遊びと生活展

 今年も全体の企画・運営は静岡大学教育学部で行い、展示については、ユネスコスクールの静岡市立こども園5園を中心に企画していただき、11月27日(金)、28日(土)、29日(日)に静岡ホビースクエアで、「ユネスコスクール の遊びと生活展」を実施いたしました。出展したこども園も昨年度より5園増え、26園の遊び作品が会場を飾りました。また、今年度は、ユネスコスクール5園の職員が、出展園「協同的な遊び」とESDとのかかわりについて解説しました。

 ユネスコスクール以外の静岡市立こども園にも、徐々にESDの理念が浸透し、ESDプロジェクトを前面に出した遊び作品と解説を展示している園もありました。グローバルシチズンシップの基礎となる協働的な遊びの足跡を体感できるイベントでした。3日間で、教育関係者、保護者、子ども、学生など280名が来場され、実際に触れたり遊んだりしながら楽しまれました。

  

ESD活動紹介

 昨年度制作したSDGs普及啓発向上リーフレット「No one will be left behind」の子ども向けSDGsデジタル絵本『どうぶつと いっしょに ちきゅうの みらいを かんがえよう 〜もりは かんたんには かいふくしないんだ〜』を静岡市立日本平動物園さまとの協働で制作いたしました。日本平動物園ホームページの「日本平動物園学習プログラム」からダウンロードできます。

前の記事

信州大学教育学部

次の記事

岐阜大学