信州大学教育学部

住所:〒380-8544 長野県長野市西長野6の口
URL:http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/education/

ユネスコスクール支援内容

1.ユネスコスクール加盟申請の支援

信州大学教育学部は長野県内の小・中・高等学校などのユネスコスクール加盟申請を支援しています。ユネスコスクールへの加盟を検討している学校や、実際にチャレンジ期間に入っている学校を対象に、活動実践への指導や助言をおこなうほか、要望に応じてコーディネーターが学校に出向いて、教職員全員を対象としたESD/SDGsの出前研修会をおこなっています。今年度は遠山中学校(飯田市)はじめ4校に対して支援を実施しました。

2.ユネスコスクールの活動支援

信州大学教育学部はユネスコスクールに加盟済みの学校に対しても、活動実践に対する各種支援を実施しています。日常的に学校訪問をおこないながら活動実践に対して指導・助言をおこなうとともに、課題や要望をうかがい、時宜にかなった支援を提案しています。支援内容はESD/SDGsの出前研修会の開催や校内研究会・授業公開への参加、活動をサポートする外部団体などのコーディネートなど、教職員を対象としたものが中心ですが、コーディネーター自身がゲストティーチャーとして直接、子どもたちと関わることもあります。今年度は山ノ内南小学校(山ノ内町)はじめ5校に対して多様な支援を実施しました。

オンライン併用で開催した山ノ内南小学校の校内研修(12月21日)

ESD活動紹介

1.地域連携・交流支援

信州大学教育学部は長野県内にESDを普及し、またその実践を推進することを目指して、2017年2月に「信州ESDコンソーシアム」を立ち上げました。信州ESDコンソーシアムには各ユネスコスクールやその加盟希望校のほか、教育委員会、民間ユネスコ協会、NGO、企業・団体など多様な主体が参加しており、県内ユネスコスクールの活動を支援するプラットフォームとしても機能しています。信州ESDコンソーシアムでは、ユネスコスクールで学ぶ子どもたちが日頃のESD実践の成果を互いに発表し合い、交流を通じて学び合う『成果発表&交流会』を毎年開催しています。またユネスコスクール全国大会など県外の交流機会を通じて、県内加盟校と全国のユネスコスクールなどとの交流を促進しています。

2.ユネスコエコパーク(BR)を活かしたESD

自然豊かな長野県には志賀高原BR、南アルプスBR、甲武信BRの3つのユネスコエコパークがあり、県内のユネスコスクールの多くがユネスコエコパークに関わっています。このため信州ESDコンソーシアムでは、ユネスコエコパークを活かしたESD/SDGsの普及・推進に取り組んでいます。今年度は地元の学校だけでなく、エリア外から訪れるユネスコスクールが志賀高原で実施する高原学習を支援しました。また6月には、ユネスコエコパークに関わる各地の小中学校の児童・生徒を対象に、ユネスコエコパークの制度やユネスコの活動を紹介するオンライン授業を実施し、7校160名の児童・生徒が参加しました。2022年2月にイオン環境財団の協力のもとオンラインで開催した『成果発表&交流会』には、長野県内の学校だけでなく、みなかみBR(群馬県)から屋久島・口永良部島BR(鹿児島県)まで、全国各地のBRでESD/SDGsを実践する学校が参加し、日頃の学習成果を発表するとともに、交流を通じて学びを深めました。

志賀高原で実施された信州大学附属長野小学校の高原学習(7月19日)

前の記事

金沢大学

次の記事

静岡大学教育学部