広島大学大学教育学部

住所:〒739-8524 広島県東広島市鏡山1-1-1
URL:http://www.sdgsconsortium.hiroshima-u.ac.jp/

ユネスコスクール支援内容

1.ユネスコスクールの加盟支援

 2020年度は、広島県内の小学校1校、高等学校1校、山口県内の高等学校1校、岡山県内の高等学校1校の加盟申請を継続して支援している(チャレンジ期間中の支援も含む)。

2.ユネスコスクールの活動支援

 例年、広島県ユネスコ連絡協議会との共催により、広島県ユネスコESD大賞の表彰を行っていたが、2020年度は各学校で臨時休業などの対応で多忙とのことで中止した。

3.ユネスコスクール地域連携支援

 広島県ユネスコ連絡協議会および広島県ユネスコスクール連絡協議会、広島県教育委員会との連携によって、フォーラムを開催した。ひろしまユネスコ協会のユネスコ活動奨励賞選考に協力した。

4.ユネスコスクールネットワーク形成支援

 広島県ユネスコスクール連絡協議会と隣接県のユネスコスクールのネットワーク形成のための組織作りの準備をしている。

ESD活動紹介

研修会・ワークショップの開催

 2020年度は、広島県ユネスコ連絡協議会、広島県ユネスコスクール連絡協議会との連携で、広島県共同募金会の助成を受けて2020年12月12日に「広島ESD×SDGsフォーラム」をオンライン開催した。参加者は101名であった。研修会のプログラムは次の通りである。

提案発表(敬称略)  

  • 澤田純二(東京都江東区立八名川小学校):新しい時代を切り拓く資質・能力のある子の育成~問題解決学習、問題解決的な学習を通して~
  • 神野幸隆(広島大学附属三原小学校):持続可能な水産業の在り方や消費者としての関わり方を考える社会科授業〜ESDの「統合的・協働的な解決アプローチ」に着目して〜
  • 柳生大輔(広島大学附属三原中学校):新領域「光輝(かがやき)」について ~附属三原中学校の実践~
  • 永田成文(三重大学教育学部):三重大学附属中学校での世界遺産学習の取り組み
  • 時本 直(広島県立福山誠之館高等学校):『産業社会と人間』におけるSDGsを採り入れた自己探究プログラムの実践

※提案発表資料は後日下記のサイトよりダウンロードできるようにした。

https://home.hiroshima-u.ac.jp/unescohp/

前の記事

岡山大学

次の記事

福山市立大学