• ちょうふしりつぬのだしょうがっこう
  • 調布市立布田小学校

  • Chofu Municipal Fuda Elementary School
  • 種別 地区
  • 主な活動分野登録なし

所在地 〒182-0023 東京都調布市染地1-1-85
電話番号 042-481-7652
ホームページ https://www.chofu-schools.jp/fuda-sho/
加盟年 2008

2022年度活動報告

活動分野

生物多様性, 減災・防災, 環境, 世界遺産・無形文化遺産・地域の文化財等, 平和, 人権, 福祉

本校は,ユネスコスクールの理念である「あらゆる差別の撤廃や人権の尊重を促進するための教育を行う」ことにより,平和の実現に寄与する。教育活動を通して将来子どもたちがSDGsの実現するための多様な見方や考え方を育成する。

具体的には,①自然学習,②地域への貢献,③SDGs学習とキャリア教育の3つを柱とする学習を行った。

  • 環境学習(自然体験学習・農業体験・移動教室)
  • 自然体験学習

3・4年生が4月~11月に社会・理科の学習を通して環境学習に取り組んだ。多摩川の河原に生息している動植物について、多摩川河川敷への校外学習を行い学んだ。また、下布田遺跡の昆虫・植物の観察をした。学習のまとめとして、3学期に社会科で未来の調布市や下布田遺跡を考える学習を行い、自然環境を守る大切さ・よさに気付くようにした。

また、5年生は10月中旬に八ヶ岳へ、6年生は9月初旬に日光へ、移動教室に行った。現地の豊かな自然環境について、事前学習と現地見学によりその雄大さやよさ、大切さを学んだ。

  • 農業体験

1・2年生はJAと連携し、サツマイモ掘り、ダイコン・白菜の種まきと収穫を行った。5・6年生は近隣農家と連携し、田植えと稲刈りを行った。農業体験を通して、土や水・食物の様子を実感を伴って理解したほか、田畑に生きる生き物に触れたり、農作物の様子を知ったりして、自然を身近に感じた。

  • 地域への貢献(下布田遺跡公園整備事業への協力・防災教育)
  • 下布田遺跡公園整備事業への協力

調布市郷土博物館からの依頼を受け、4年生が2学期に下布田遺跡公園整備事業への協力をした。今年度は、下布田遺跡の自然を踏まえた看板・表示等の検討と作成、下布田遺跡発掘現場の見学を行った。子どもたちは地域への愛着を深め、地域の発展に貢献しようとする意欲を高めた。

  • 防災教育

4月23日(土),防災に関する命をテーマとした授業を全学級行うとともに,国土交通省河川事務所の協力により,「水害から身を守る方法」について学んだ。また,市役所と地区協議会と連携して避難所開設訓練を行い,防災の意識を高めた。

③SDGs学習とキャリア教育

5・6年生では、社会科や総合的な学習の時間に、「SDGs」の理念や取組を知る学習を行い、自分が取り組んでみたいことを発表した。さらに、全学年で12月に自他の人権を守るためのスローガンづくりを通して人権・平和について考えた。まとめとして、これらの学習と6年生のキャリア教育と関連付け、将来自分がどのように社会に貢献するかビジョンをもつようにした。

来年度の活動計画

①環境学習(自然体験学習・農業体験・移動教室)

●多摩川学習

地域の自然を教材とし、社会・理科の学習を通した環境学習を3・4年生で行う。多摩川河川敷や下布田遺跡を活用した動植物の学習、3年生社会科での未来の調布を考える学習を行う。また、5年生の八ヶ岳移動教室、6年生の日光移動教室の機会を活用し、豊かな自然環境について学ぶ。

●農業体験

1・2年生の農作物の種まきと収穫、5・6年生の田植えと稲刈りを、JAや近隣農家と連携して行う。

②地域への貢献(下布田遺跡公園整備事業への協力・防災教育)

●下布田遺跡公園整備事業への協力

調布市郷土博物館からの依頼を受け、4年生下布田遺跡公園整備事業への協力を行う。

●防災教育

「命の尊さ」について学ぶこと,「自らの命は自らが守る」という意識を高める防災教育を、市役所と地区協議会と連携して行う。

③SDGs学習とキャリア教育

4年生で障害福祉について学習するとともに、5・6年生で「SDGs」について学ぶ。また、全学年で12月に人権スローガンの作成を通して人権・平和について考える。最後に、6年間の学習のまとめとして、6年生で将来なりたい自分を考える学習を行う。

過去の活動報告