ツバメ観察プロジェクトとは

神奈川県ユネスコスクール連絡協議会事務局・日本ユネスコ協会連盟評議員の望月浩明と公益財団法人日本野鳥の会が連携して行っているプロジェクトです。

学習解説用のスライド、観察用ワークシートが「日本野鳥の会」のウェブサイトからダウンロードできるようになっています。教材は主として小学校向けに作られていますが中・高校でもアレンジして活用できます。

ツバメは、私たちにとってもっとも身近な野鳥であり、古くから私たちの暮らしと密接に関わりあっています。しかし近年、ツバメは減少傾向にあり、その原因は私たちの身近な自然環境や社会の変化に関係していると考えられています。ツバメをまもるために、私たちにできることは何でしょうか。
(参考:日本野鳥の会「ツバメをまもろう」

ツバメの生態観察を通してSDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標15「陸の豊かさを守ろう」などについて学習することができ、持続可能な社会づくりの担い手を育む学習活動にもつなげてゆくことができます。

また、ツバメは冬になると日本から南方へ渡ってゆきます。条件が整えば、ユネスコスクールのネットワークを活用して越冬先の国・地域の学校との間で協働学習を行い、現地でのツバメの様子を知ることも可能になります。

参加方法

  • 「ツバメ観察プロジェクト」に参加したい旨を、プロジェクトコーディネーター(下記「お問合せ先」参照)までご連絡ください。コーディネーターより、「日本野鳥の会」へも参加希望の連絡を転送いたします。
  • 「日本野鳥の会」ウェブサイトから「ツバメの子育て状況調査」への登録を行い、子育て状況を観察し、調査結果を「日本野鳥の会」に報告してください。(任意ですが、観察データ蓄積のためできるだけ報告をお願いいたします)
    ▶日本野鳥の会「ツバメの子育て状況調査」
  • 「日本野鳥の会」ウェブサイトの教員向けガイドブック『ツバメの子育てを観察しよう』をダウンロードします。(観察方法や観察用ワークシートが載っています)
    ▶日本野鳥の会「教員向けガイドブック『ツバメの子育てを観察しよう』」
  • 「理科」「総合的な学習の時間」などで3月頃から飛来してくるツバメの生態や地域社会とツバメの関わり方などを調べていきます。
  • 「日本野鳥の会」のスタッフがオンラインなどでツバメ観察についてのレクチャーを行ってきましたので、もし希望される学校がありましたら「日本野鳥の会」にご相談ください。「授業展開例」もウェブサイトに載っています。また、ツバメの観察方法を紹介する10分程度の動画「ツバメの子育てを観察しよう!」をYoutubeで公開しておりますので、授業でご活用ください。
    ▶動画「ツバメの子育てを観察しよう!」
  • 「日本野鳥の会」ウェブサイトから事前学習用教材、調査のまとめ用の補助教材を入手し活用することもできます。

【事前学習用PPT】ツバメの子育てを観察しよう-Ⅰ事前学習(PDF: 5.9MB)
【事前学習用PPTの解説】(PDF: 1.3MB)
【調査のまとめ用PPT】ツバメの子育てを観察しよう-Ⅱ調査のまとめ(PDF: 2.4MB)
【調査のまとめ用PPTの解説】(PDF: 677KB)

※教材はPDFに変換したものを掲載しておりますが、元データ(Power Point)も提供可能です。
希望される方は、日本野鳥の会(E-mail : hogo@wbsj.org)までお問合せください。

参加校の声

宮城県気仙沼市立面瀬小学校は、3年間このプロジェクトに参加し、「日本野鳥の会」のリモート授業やタイの小学校との交流などの活動を行ってきました。活動の詳細はレポートをご覧ください。

面瀬小学校レポート

お問い合わせ

参加申込、全般的なご相談について

プロジェクトコーディネーター
神奈川県ユネスコスクール連絡協議会 望月浩明
E-mail: QYF01463☆nifty.com (☆を@に変えてご送信ください)

観察学習の内容、教材、出前授業等について

公益財団法人日本野鳥の会 自然保護室
東京都品川区西五反田3-9-23 丸和ビル
電話03-5436-2633 FAX 03-5436-2635
E-mail: hogo@wbsj.org

※「日本野鳥の会」では次のような活動も行っています。

「eBird」は、インターネットを介して世界中の野鳥の観察記録を集約する、市民参加型の野鳥観察記録データベースで、自分が見た鳥をオンラインで記録できるほか、世界の野鳥情報やバードウォッチングスポットの検索などができます。アメリカのコーネル大学鳥類学研究室と、日本野鳥の会の共同で、その日本語版「eBird Japan」ができました。

同時に、eBirdと連動して野鳥の識別をサポートするアプリ「Merlin野鳥識別」も日本語で利用できるようになりました。Merlinを使うことで、初めて見た鳥や名前のわからない鳥を知る助けになり、野鳥を学習に取り入れやすくなります。

*eBird Japan について
https://www.wbsj.org/activity/conservation/ebird/
*アプリMerlin野鳥識別
https://ebird.org/japan/about/merlin

eBird、野鳥識別アプリMerlinともに学校教育の場でも活用いただけますと幸いです。現在教育関係者向けのガイドの翻訳を進めております。完成しましたら、「日本野鳥の会」ウェブサイト等でお知らせします。