豊島・島の学校 -豊かなふるさとを守る努力が未来をつくる

分類 冊子
テーマ 環境問題
著者 NPO法人瀬戸内オリーブ基金・廃棄物対策豊島住民会議・豊島応援団
対象 小学生高学年から中学生
推薦者
登録日

この教材は、主に小学校高学年から中学生のみなさんに、「持続可能な社会」を作るためには、何を知り、どのように行動すればよいかを考えてもらうためのものです。

私たちは、豊島事件の歴史と瀬戸内海に浮かぶ豊島の現場そのものが「持続可能な開発のための教育」の生きた教材であると考えており、本教材が将来のライフスタイルや環境保全についてこどもたちが考えるきっかけになることを願っています。

 【入手方法】ウェブサイト「豊島・島の学校-豊かな島と海を次の世代へ」からダウンロードができます。

内容

本教材には以下の内容が含まれています。
Ø        豊島は瀬戸内海国立公園の中にあり、豊かな自然に恵まれていること。
Ø        豊島に産業廃棄物が持ち込まれ、自然環境や生活環境が大きく損なわれたこと。
Ø        産業廃棄物とはどのようなもので、なぜ豊島に持ち込まれたのかを知る。
Ø       豊島の住民たちは廃棄物問題に対して、どのように考え、どのように行動したのかを知る。
Ø       私たち一人ひとりができることは何かを考える。 

【本教材の構成】
 1.「豊島」を知っていますか?
 2.「豊島」は瀬戸内海国立公園の一部です
 3.豊かで美しい島に、とんでもない問題が起こりました
 4.豊島は変わってしまいました
 5.ところで「産業廃棄物」ってどんなもの?
 6.どうして豊島にごみが捨てられたんだろう?
 7.美しい「豊島」をとりもどそう
 8.廃棄物処理に取り組む豊島
 9.「豊島」はいま
10.いま、そしてこれから、わたしたちにできること
11.考えて、まとめてみよう
12.ふり返ってみよう 

ウェブサイト「豊島・島の学校-豊かな島と海を次の世代へ」は豊島事件の歴史や意義、調停成立後の状況等について、正確に、分かりやすく、社会に伝えること、そして豊島事件で得られた教訓を、次の世代に語り継いでゆくことを目的として、20136月に立ち上げました。本教材の詳しい内容が掲載されています

出版
発行 NPO法人瀬戸内オリーブ基金
発売
出版年 2014年
税込価格
問い合わせ先 NPO法人瀬戸内オリーブ基金 〒761-4661 香川県小豆郡土庄町豊島家浦3837-4 E-mail info@olive-foundation.org
PAGE TOP
MENU