「国際母語デー」(2/21)を記念して


「国際母語デー」(International Mother Language Day)はバングラデシュが発案し、1999年のユネスコ総会で認定され、翌年より世界各国でお祝いされています。

ユネスコは、持続可能な社会の実現に文化と言語の多様性は欠かせないと考えており、これらを保護することが寛容と他者への敬意の心を育み、平和につながると信じています。

言語の多様性は、多くの言語が失われていく中、ますます脅威にさらされています。世界において40%の人々が、それぞれが使用する、あるいは理解する言語で教育を受けることができていません。しかしながら、母語を基礎とした多言語教育は、特に幼児教育と市民生活の発展において、重要であるという理解が深まっています。

持続可能な方法で伝統的な知識や文化を伝え、保護する役割を果たす母語があることによって、多言語および多文化社会が実現します。

2021年の国際母語デーのテーマは「Fostering multilingualism for inclusion in education and society (教育と社会におけるインクルージョンのための多言語使用の促進)」です。多言語使用は包摂を促進し、持続可能な開発目標も誰も取り残さないことに焦点を当てています。ユネスコは、母語に基づく教育は幼児保育の段階から進められるべきであり、また、教育が学びの礎であると信じています。

  • ユネスコ本部主催イベント

ユネスコスクールの国際指針では、年に2回以上国際デーを記念することが加盟継続の条件とされています。国際母語デーを記念して、母語に対するユネスコの取組を参考に活動してみませんか? 詳細は下記サイトをご参照ください。

https://en.unesco.org/commemorations/motherlanguageday


≪ カレンダーページへ