「世界の先住民の国際デー」(8/9)を記念して


8月9日は「世界の先住民の国際デー」です。先住民の権利の推進と保護を支持するという国連の姿勢を示すために1994年12月23日に国連で定められました。8月9日は、1982年に国連人権保護・推進分科会の国連先住民族作業部会(UN Working Group on Indigenous Populations of the Sub-Commission on the Promotion and Protection of Human Rights)が初めて開催された日です。また1990年には、国連総会が1993年を世界の先住民族の国際年と制定しました。

先住民は世界のどの地域にも居住し、彼らが居住あるいは利用する地球の陸地面積は22%に上ります。人口は少なくとも3.7億~5億人おり、世界の文化多様性の大部分を形成し、7,000近い言語の大半を生み出し、話します。一方、多くの先住民族は、疎外、極度の貧困、その他の人権侵害に直面し続けています。ユネスコは先住民族とのパートナーシップを通じて、世界の文化的および生物学的景観の多様性を維持する上での彼らの重要な役割を認めながら、彼らが直面する複数の課題への取り組みを支援することを目指しています。

ユネスコスクールの国際指針では、年に2回以上国際デーを記念することが加盟継続の条件とされています。「世界の先住民の国際デー」を記念して、本テーマでSDGs達成に向けた取組をしてみませんか?

ユネスコHP「世界の先住民の国際デー」(英):
https://en.unesco.org/commemorations/indigenouspeoplesday

ユネスコスクールHP(英)「国際デー」:
https://aspnet.unesco.org/en-us/international-days


≪ カレンダーページへ

前の記事

日本のユネスコ加盟70周年