創価大学 教育学部・教職大学院
SOKA University
Faculty of Education & Graduate School of Teacher Education

担当者:鈴木将史
住所:東京都八王子市丹木町1-236
TEL:042-691-9494
URL: 
https://www.soka.ac.jp/education/
 
ユネスコスクール支援内容

1. ASPUnivNet加盟への経緯
 創価大学教育学部・教職大学院は、20187月に新たにASPUnivNetに加盟しました。ユネスコスクールは全国に1,000校以上ありますが、東京都の北西部・地域には数えるほどしかありません。そこで創価大学は、地元八王子を含むこの地域のユネスコスクール活動を支援するために、教育学部・教職大学院合同で支援プロジェクトを立ち上げました。
 まずは、地元八王子市の教育委員会に協力を仰ぎ、同年12月に行われた小学校校長会および中学校校長会において、ユネスコスクール支援内容に関する説明を行いました。すでにいくつかの学校が強い関心を示し、加盟申請に向けて検討を始めています。また、近隣の教育委員会を順次訪問し、本活動の趣旨を説明しています。今後は本学同様、東京の市部にあるユネスコスクール支援大学と連携し、主に北西部の16市町村にある学校がユネスコスクールの認定を受けるための支援を進めていきます。

※支援対象市町村(
50音順):昭島市・あきる野市・青梅市・奥多摩町・小平市・立川市・八王子市・羽村市・東村山市・東大和市・日野市・日の出町・檜原村・福生市・武蔵村山市・瑞穂町

2. 支援体制の充実
 より良いユネスコスクール支援には、支援する側の研鑽が必要です。創価大学では支援プロジェクトに直接携わる8名の教員が中心になり、学内の教職員及び学生向けにユネスコスクールの活動について勉強会を開いています。2018年度は10月に玉川大学教育学部の小林亮先生をお招きし、ユネスコスクールの意義や支援の方法について学びました。講演は、広く学外の皆様にもご覧いただけるように「教育学論集(第71号)」に採録されています。

【参考】本学のSDGsの取り組みは、オフィシャル広報誌『SUN(第99号)』をご覧ください。
https://www.soka.ac.jp/assets/static/special/SUN/sun_99/index.html
 
ESD活動の紹介

1. ESD講演会の実施
 2018年度は1123日に、創価大学教育学部・教職大学院がユネスコスクール支援プロジェクトを開始したことを記念し、ESD(持続可能な開発のための教育)活動支援センター、ユネスコスクール支援大学ネットワークの後援のもと、近隣市町村の小中学校や教育関係者向けの講演会「ESDとユネスコスクール」を開催しました。
 講演会では馬場善久学長の挨拶の後、鈴木克徳氏(ESD活動支援センター副センター長)が講演し、ESDの歴史や最新の動向などを踏まえ、持続可能な社会の構築に向けた本学のリーダーシップに期待が寄せられました。その後、本学学生によるESD活動に関する発表と、鈴木将史教育学部長による本支援プロジェクトの主旨説明がありました。
  講演の採録は、広く学外の皆様にもご覧いただけるように「学士課程教育機構研究誌(第8号)」に掲載されます。

2. ESD関連学内活動の掌握
 創価大学では教職員だけでなく、多くの学生団体がSDGsを意識した活動を行っています。昨年度だけでも、経営学部、経済学部、教育学部、理工学部、看護学部、学生自治会の各学部、団体において、SDGs達成に向けた活動やプロジェクトが20ほど取り組まれています。今後は、こうした学内リソースを一覧にし、対象地域下にある小学校、中学校、高校に積極的に紹介することで、ユネスコスクール活動の支援に役立てていきます。

 

ASPUnivNet
検索