日本語|English
 
お知らせ・イベント案内
12345
2020/10/01new

※締め切り延長【参加者募集】文科省「新時代の教育のための国際協働プログラム」教員交流研修(一部オンライン実施)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

先般ご案内の以下募集の応募締め切りが、102()→1016()17:00 に延長となりました。ぜひご検討ください。

一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)では、文部科学省「新時代の教育のための国際協働プログラム」に採択され、
「持続可能な社会の創り手」意識と行動変容をもたらすためのメーカー(ものづくり)教育/クリエイティブラーニングの実践・研究を行なっております。

この度事業の一環として教育委員会、各種学校の教員を対象にオンラインで教員研修を行うこととなり、参加者を募集しております。
SDGs
や持続可能な社会作りにおいては、実際に作ったり表現を伴う図工、技術、家庭科、美術、保健体育、音楽、情報など、
生徒の創造性や表現力を高める様々な教科が重要になると考えています。

表現活動を伴うことで発表だけではない形で表現したり、実際に社会のために何か作りあげる学習活動を通して、
より「持続可能な社会の創り手」意識を高めていくための学習プログラム、カリキュラムを考えていく機会としていきたいと考えています。
「持続可能な社会の創り手」育成においてたくさんの実践や事例を重ねてきているユネスコスクールの皆様にご参加いただき、
次年度以降、物づくりや表現に関わる教科を中心としたSDGs学習・カリキュラムの可能性について一緒に探求できれば幸いです。

プログラムは以下2種類があります。
国内コース(全国の教員・教育行政担当者と共に、メーカー教育、クリエイティブ学習を通した変容を促す教育について学び、次年度カリキュラムマネジメントの方向性を作る)
国内コース+海外コース(アメリカ・ブラジルの実践者と実践事例共有をしながら、これからの教育を創るにあたって必要なことについて提言をまとめていく)

本事業を通して、より包括的なカリキュラムマネジメントや創造性を高める教育の可能性についてご一緒できれば幸いです。
皆様のご参加お待ちしております。


【研修概要】

日程:

 国内研修(国内研修、海外研修参加者全員対象<最大18名>) 計5回のオンラインセッション
10
下旬:参加者確定、事務連絡及びオンラインによる自己紹介、事前課題

11/8(日):第一回研修(全体セッション)
11/22
(日):第二回研修(全体セッション/後日配信参加可)
12/6
(日):第三回研修(全体セッション/後日配信参加可)
12/13
(日):第四回研修(全体セッション)
2021/2/11
(木・祝):第五回研修(全体セッション)

 海外研修(海外研修参加者6名)
海外での研修を前提にしていますが、新型コロナウイルス感染症の状況に応じてオンラインでの研修に切り替える可能性もあります。
12
月:オンラインにて事前共有(アメリカ、ブラジル教員チームとのオンラインによる自己紹介、事前課題)
1/23
(土):出発直前研修
1/24
(日)〜1/31(日):アメリカ・ブラジル・日本の3カ国参加者による研修
2/13
(土):成果総括セッション(オンラインにて全体セッション)
3
月:(各自)参加者による、各校、地域や事業成果報告会、学会等で事例や提言の発表を行う

締め切り:20201016日(金)17時まで
応募方法:以下のリンクまたは添付資料に記載のQRコードからフォームに記入ください。
リンクはこちら⇒https://j-gift.org/24355-2/
資料はこちら⇒
20201001修正版_新時代プログラム事業教員交流.pdf



17:00
12345

ASPUnivNet
検索