このサイトは文部科学省の委託による「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCUにより構築されています。

 


イベントのお知らせ

 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ >> 記事詳細

2017/04/10

【二次募集】韓国政府日本教職員招へいプログラム(締切5/22月 午前10:00)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

【二次募集】韓国政府日本教職員招へいプログラム
(締切
5/22月 午前1000

公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)では、上記プログラムに参加する教職員を約15~20名募集します。

 

本プログラムでは、韓国のユネスコスクールを訪問を予定しており、ユネスコスクール所属の教職員の方々にとっては、海外のユネスコスクールの活動やESDGCED(世界市民教育)の実践例を知るまたとない機会です。その他、訪問校で授業をしたり、給食を体験してみたり、ホームビジットで韓国の家庭の温かさに触れたり、韓国を肌で感じる一週間となっております。

 

たくさんのご応募をお待ちしております。

 

〔プログラム概要〕

●派遣期間:

平成29711()717()

610日(土)に都内にてオリエンテーションを開催(全員参加)

710日(月)は翌日の出発便が早朝のため、参加者全員前泊とします。

 

●派遣先:

大韓民国(ソウル、忠清北道・大邱、仁川)

 

●活動内容:

(1)小・中・高・特別支援学校や教育施設訪問を通じて、持続可能な開発のための教育(ESD)や地球市民教育(GCED)を含む韓国の最新の教育政策・現状の視察

(2)訪問先における韓国の教職員・児童生徒との交流、日本の文化やESDの紹介

(3)世界遺産見学やホームビジットを通じた、韓国文化の理解

 

〔募集概要〕

●募集人数:

若干名 ※訪問団の全体数は50

 

●応募資格:

・日本国民であること。

・所属長から推薦を受けた、初等中等教育教職員(教育行政職員を含む)であること。

・健康で、オリエンテーションを含めたプログラムの全日程に参加が可能であること。

Eメールを用いて円滑に連絡ができること。また、Microsoft Word/MicrosoftExcelなどの簡単な操作ができ、所定のフォーマットに必要情報を入力し提出できること。

・過去に本プログラムへの参加がないこと。

 

 また、ユネスコスクール、ESDGCEDの活動に携わっている者、または高い関心を持っている者、将来にわたり韓国との具体的な教育交流の推進に寄与できる者が望ましい。

 

●応募方法:募集要項をご覧の上、

(1)派遣候補者本人の記入済み申請用紙

(2)入国時に3ヶ月以上有効なパスポートのコピー

(3)学校長による推薦状  ※推薦状サンプルの形式に則ってご記入ください

3点をE-mail(accu-exchange_ml@accu.or.jp)で送付してください。

 

●募集期間および応募締切:

募集期間 511日(木)~522日(月)午前1000

 

●発表:

平成29524() 

参加が決定した方には、追加で必要になる書類をお送りします。

 

募集要項、申請用紙などはこちらのホームページでご確認ください。

http://www.accu.or.jp/jp/news/detail.php?nid=646

 

これまでのプログラム内容はこちらをご覧ください。

http://www.accu.or.jp/jp/activity/person/03-02b-04.html

 

〔問い合わせ〕

公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)人物交流部 

担当:齋藤・河口(部長:進藤)

住所:〒162-8484 東京都新宿区袋町6番地 日本出版会館

TEL03-3269-4498  FAX: 03-3269-4510  

E-MAILaccu-exchange_ml@accu.or.jp

URLhttp://www.accu.or.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/accu.or.jp



13:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 参加募集

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。