このサイトは文部科学省の委託による「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCUにより構築されています。

 

ユネスコのあゆみ

 
 ユネスコは、1946年11月4日、国際連合の専門機関として誕生し、同月11月19日に第1回総会がパリで開催されました。

ユネスコのあゆみイメージ1 ユネスコの前身と言える機関は、1922年に国際連盟の下に設立された国際知的協力委員会(ICIC)とされており、この委員会には、アインシュタイン、キュリー夫人等、著名な有識者12人が出席していたほか、その当時、国際連盟の事務局次長であった新渡戸稲造がその事務を担当していました。
 さらに、1926年(昭和元年)には、フランス政府の財政的支援により国際知的協力機関(IIIC)がパリに設立され、ICICが立案する事業の実施機関として、大学、図書館、知的財産、芸術、情報、メディア等の分野で活動していました。しかしながら、第二次世界大戦の開戦によりその活動は中断されました。

ユネスコのあゆみイメージ2  第二次世界大戦後の1945年11月、イギリスとフランス両国政府の招へいにより、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)設立のための会議がロンドンで開催され、ユネスコ憲章が採択されました。翌年11月4日、20か国の批准によりユネスコ憲章が効力を発しユネスコが誕生、同月に第1回総会が開催されるに至りました。
  初代事務局長にはジュリアン・ハックスレー(イギリス)が就任、松浦晃一郎氏は1999年から第8代目の事務局長を務めました。