2019821日(水)~22日(木)〈ほか別途4日間〉に兵庫県姫路市安富町、
大阪各地にて「近畿・北陸地域
ASPnet校(小中高)による日中ESD/SDGs学び
あい交流会&研修会」を開催いたしました。詳細は、以下をご参照ください。

【開催概要】

大会名:近畿・北陸地域ASPnet校(小中高)による日中ESD/SDGs学びあい交流会
テーマ:いろいろな表情の君に出会える
  ―未来を担う若者世代が、自ら考え・気づき・行動する。
   そして学びを分かち合う―
日時:(メイン企画)2019821()22(木) ほか別途4日間
会場:(メイン企画)姫路市立安富北小学校・姫路市立施設等
         (大阪府立住吉高校,大阪府立大学)
報告書:
近畿北陸ブロックユネスコスクール学びあい 記録と報告.pdf
ASPnet大阪 2019年度パートナーシップ事業 報告書.pdf

【開催報告】

関西地区のユネスコスクール(小・中・高・大)が集まった大阪・関西ユネスコ
スクールネットワークでは、これまで中国や韓国の
ASPnet校と協同でUNESCO
ローバル・アクション・プログラム(
GAP)に基づいた『ESD国際ワークショッ
プ』を行ってきました。 

これらを背景に、2019年度の企画は児童生徒の未来創造の学びあい、そして教員の
研修(臨場研修)を意図して計画され、児童生徒の
ASPnetを基盤とした質の高い
ESDの学習、および先生方の「ファシリテーション力(実践力)」を共に磨きあうこ
とを目的とした事業が行われました。

内容は、201982122日に姫路市の安富北小学校・姫路市立施設等を拠点に
した
12日で行うワークショップをメイン企画とし、学齢や地域、国を超えた学び
の交流を通して、児童、生徒だけでなく、先生方同士も
ASPnetESDSDGsを共
に考え、学びあう機会を設けました。それは、小学校、中学校、高等学校の新学習
指導要領で
12年間を一貫して貫かれているESDの理念(学習指導要領)や、各教科
を通じた「主体的・対話的で深い学び」、『総合的な探究』の学習活動を意識し
た、国際協同学習の実践でもあります。

一方、学び合いは12日の合宿だけではなく、事前学習として3回の「準備セミ
ナー」を実施し、それぞれの学校や地域の「持続可能性」についての課題などを出
し合い、その解決に向けたアイデアをまとめたり、ダンスで表現を行ったりするな
ど、各自が持っている学びのエネルギーを発揮できるように工夫されました。
8
のメイン企画後には振り返り(フォローアップ)によって、児童生徒の「まなびの
成果の深化・定着」とともに、
ASPnet加盟校がさらに深い協働ができるネットワ
ークへの拡大を行いました。