イベントのお知らせ


 カレンダーを開く
 

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。

 
イベントのおしらせ >> 記事詳細

2019/06/13

【参加者募集】近畿・北陸地域ASPnet 校(小中高校)による 日・中・(韓) ESD/ SDGs 学びあい交流会 & 臨場研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者



2019 年度 近畿・北陸地域ASPnet 校(小中高校)による
日・中・(韓) ESD/ SDGs 学びあい交流会 & 臨場研修会 案内


 関西地区のユネスコスクール(小・中・高・大)が集まった「大阪・関西ユネスコスクールネットワーク」では、これまでネットワークに加盟する小中高校生が共に持続可能社会を考える学びあいや、中国・韓国ASPnet 校と協同した『ESD 国際ワークショップ』を継続して実施してきました。

2019 年度は、これら成果を背景として「文部
科学省 日本/ユネスコパートナシップ事業」を受託し、『2019 年度 近畿・北陸地域ASPnet 校(小中高校)による日・中・(韓) ESD/ SDGs 学びあい交流会 & 臨場研修会』を開催いたします。

 この学びあい交流会は
次の内容で実施する予定です。

1) 日ごろのESD の地道な学びを地域や国を超えて交換し、そこから見える共通の課題を共有します。
そして、小さくとも確かな課題解決のための協働を計画し、持続可能社会への希望を日常化する学習を行います。

2) 同時に、各地域に「学びあい」の拠点をうちたてることを目指し、学校の枠を超えた学びの創造について生徒や先生方と知恵を出しあいます。ESD やSDGs を担える学びの学校連携への第一歩を構築します。

以上の目的を達するため、8 月21・22 日に姫路市の安富北小学校・姫路市立施設等を拠点にした1 泊2 日の「学びあい交流会&臨場研修会」(ワークショップ)を実施し、学齢や地域、国を超えた児童、生徒の学びあいと、先生方同士も共に学びあう機会を計画します。これは、各教科を通じた「主体的・対話的で深い学び」、『総合的な探究の時間』の学習活動を意識した研修でもあり、これらと関連付けてASPnet としての国際協同学習を行います。

なお、事前学習として「準備セミナー」を行い、ユネスコスクールとして世界で通じる振る舞いの他、
ESD を通じた自己の可能性を広げる学びを行います。自分の「最高点にタッチ!」できるセミナーです。
遠路恐縮ではございますが、また行き届かない点もあるかと思いますがご参加いただければ幸いでございます。


1. 主催・共催:文部科学省/大阪・関西ユネスコスクール(ASPnet)ネットワーク
        中国人民大学附属中学(小中高校)/大阪府立大学(受託機関)
   後 援 :大阪府教育庁、奈良県教育委員会、兵庫県教育委員会、
       大阪市教育委員、姫路市教育委員会他
     (いずれも手続き中もしくは予定)
        協 力 :ユネスコスクール支援大学より金沢大学、京都外国語大学、
                    奈良教育大学、姫路市環境局環境政策室、ふるさとかかし工房

2. 実施日 :学びあい交流会(宿泊日) 2019 年8 月21 日(水)・22 日(木)

3. 中国からの来日校 中国人民大学附属小・中・高等学校韓国からの来日校 (調整中)

4. 参加資格 下記のいずれかの学校(教員・児童生徒)
  1) ユネスコスクール加盟校 2) ユネスコスクール申請中・申請予定の学校

5. 宿泊先 ① グリーンステーション鹿が壺(中学生・高校生)
       〒671-2416 兵庫県姫路市安富町関775 TEL 0790-66-3505
       ② 伊沢の里(小学生)
                         〒671-2517 兵庫県宍粟市山崎町生谷214−1 TEL 0790-63-1380

                     病院等 安富診療所 姫路市安富町安志1135-1 TEL 0790-66-2387
                     公立宍粟総合病院 宍粟市山崎町鹿沢93 TEL 0790-62-2410

6. 活動場所 ① 安富北小学校 兵庫県姫路市安富町杤原664 番地2
                        ② グリーンステーション鹿が壺周辺地域
7. 参加費用 2,500 円 宿泊に伴う食費など(バス乗車場所までの交通費は別途必要)

8. 学びあい交流会(8 月21-22 日宿泊)内容
 近畿・北陸地域のユネスコスクールと中国のユネスコスクールの小・中学生・高校生が集まり、1 泊2 日の日程で、持続可能な未来や社会の創造に何が必要なのかを探究する学びあい交流会(ワークショップ)を行います。交流会(ワークショップ)の中には以下の3点が含まれます。

① 身近な地域や学校の持続可能性を阻害する要因、促進する要因を考えてまとめたプレゼン発表 ( 最大7 分間 )。 ※詳細は参加校に連絡をいたします。
② 人と自然の支え合いを考えるために、動植物の生態を観察し、野山を散策するワーク
③ 人と人、人と社会が支え合う地域の取り組みを学び、地域の持続性を考えるワーク
※具体的に時程案は裏面をご参照ください。

9. 移動方法
 ① 北陸地域の方々は、電車で大阪まで向かい(交通費一部補助の予定)、大阪からバスで開
催地に向かいます。
② 近畿南地域の方々はJR 和歌山駅東口付近よりバスで大阪を経由して姫路に向かいます。
③ 近畿東地域の方々は近鉄奈良駅(予定)近くより、バスで大阪を経由して姫路に向かいます。
④ 大阪地域の方々は天王寺・難波・大阪より、バスに分乗して姫路に向かいます。
(いずれもバスの費用はかかりません。参加希望者の人数により、バスの発着、経由
場所
を変更することがあります。バス乗り場までは交通費原則自己負担です。)

10.参加申し込み上の注意 〔児童・生徒の皆さんへ〕
① 学びあい交流会(8 月21-22 日宿泊)申し込みは、宿泊予約の関係もありますので、必ず参加できることを確かめて申し込んでください。
② 参加申し込みは、保護者の同意のもと、各学校の担当の先生を通じて提出してください。
③ 持ち物など、詳しくは後日、改めてお知らせします。
④ 参加申し込みは、別紙記入の上、担当の先生にご提出ください。

参加申し込み書はこちら⇒
参加申込用紙(児童生徒用).docx

11.参加人数
1校原則4 名以内でお願いします。募集対象地域が広範囲のため、場合によっては3 名以下で調整させていただくことがあります。
( ※参加希望児童生徒が多数の学校は、大変申し訳ございません )

12. 申し込み方法
※プライバシーポリシー:収集したデータは本件ワークショップの調整および名簿作成のみに使用し、受託大学事務局が責任をもって保管します。事業終了後はデータを消去し破棄いたします。

①大阪ASPnet 校
コーディネーターの先生にExcel 形式の申し込みフォームをメールにてお送りいたします。学校単位で以下の送付先に送ってください。
メール送付先 : matsumoto.mak@nps.ed.jp  松本 真紀 宛 (奈良育英高校)

②上記以外の学校
参加を希望または検討される学校は、下記アドレスにその旨をメールで送ってください。返信にてExcel形式の申し込みフォームをお送りいたします。学校単位で希望をまとめ、以下の送付先に送ってください。生徒に配布する申込用紙は、上記の参加申込用紙をそのままご使用いただくか、学校で独自に作成ください。
メール送付先:naoii@hs.osakafu-u.ac.jp  伊井 直比呂 宛 (大阪府立大学)

③申し込み締め切りは以下の通りです。
大阪ASPnet 参加校 7 月 3 日(水) 17:00 / 左記以外のASPnet 参加校7 月10 日(水)
※ 学校単位で別送のエクセル形式の申し込みフォームに記入し、メールでお送りください。
※ 参加者確定や宿泊場所の確定、ファミリー(異学年・異校種混合グループ)づくり、バス乗車位置の
確定など、様々な作業があることをご理解の上、上記期日内にお申し込みくださいますようお願いい
たします。


案内文はこちら⇒
案内文.pdf
チラシはこちら⇒チラシ.pdf
参加申込用紙(児童・生徒用)はこちら
参加申込用紙(児童生徒用).docx

14:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)