イベントのお知らせ


 カレンダーを開く
 
イベントのおしらせ >> 記事詳細

2018/10/11

第9回ESD国際交流プログラム 参加者募集中

Tweet ThisSend to Facebook | by 日本ユネスコ協会連盟
日本ユネスコ協会連盟は三菱UFJ銀行のご協力のもと、ユネスコスクールと持続可能な開発のための教育(ESD)の普及を目的として、高校生を対象に2010年度より本事業を実施しています。

現在、第9回「ESD国際交流プログラム」に参加する生徒を募集中です。
今年度はドイツ・ハイデルベルグとフランス・パリを訪問します。ドイツ・ハイデルベルグではユネスコスクールを訪問してESDに関する取り組みを視察します。フランス・パリではUNESCO本部の訪問、世界遺産の見学等を予定しています。

海外で視野を広げ、現地の高校生と交流する絶好のチャンスです!
ドイツやフランスの文化に触れながら、SDGsやESDについて学んでみませんか?
海外が初めてでも、意欲のある高校生を歓迎します。奮ってご応募ください!

概要
※詳しい募集要項、応募書類等は (http://www.unesco.or.jp) をご覧ください。

主催:日本ユネスコ協会連盟
協力:三菱UFJ銀行

実施日程:2019年3月23日(土)~29日(金)
     3月23日は東京で事前研修を行い、24日出発、29日帰国予定。

訪問先(予定):
 ドイツ・ハイデルベルグ ・ユネスコスクール(ESDに関する取り組みについて交流)
 フランス・パリ     ・UNESCOパリ本部 訪問
             ・UNESCO日本政府代表部 表敬訪問
             ・三菱UFJ銀行パリ支店 訪問
             ・世界遺産 見学 等
 ※現地受け入れ先の事情により、変更が生じる場合があります。

参加費:主催者側で負担。ただしパスポート取得、現地でのお土産購入等に関わる費用は自己負担。

応募資格:
・ユネスコスクール加盟校*に在籍する、現高校1、2年生にあたる者
  * 応募時に、UNESCOからユネスコスクールの承認を受けている学校
・事前研修会を含む全日程に参加可能な者
・健康で、現地での研修及び生活に十分に対応できる者
・他の国の文化を尊重し、現地の人々と積極的に交流する意欲のある者
・帰国後、地域や学校において経験を生かした活動を行う者
※ なお、現地では必要に応じて、通訳を挟みます。英語力は必須ではありませんが、英語で積極的にコミュニケーションをとろうという意欲がある高校生を歓迎します。

募集人員:8名程度(予定)

提出書類
①課題作文 『SDGsのゴール達成に向けて、私にできること』
 国連は、2030年までに国際社会が取り組むべき目標として、「持続可能な開発目標(SDGs)」を定めました。SDGsで掲げられている目標について、学校で取り組んだことやあなたが経験したことなどを踏まえて、今後を視野に入れた考えを述べてください。原稿形式:1,600字程度(タイトルを含まない)。
Microsoft Word形式でA4サイズの白紙(縦)に横書きで2枚以内。
②第9回ESD国際交流プログラム参加申込書(様式A)
③学校長の推薦書(様式B)

応募締切:2018年11月19日(月)【消印有効】
     ※ 応募書類は郵送のみ受け付けます。
     ※ 合否通知は2018年1月中旬発送予定。

問い合わせ先:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟事務局 ESD国際交流プログラム担当
 TEL 03-5424-1121 FAX 03-5424-1126


09:46 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。