イベントのお知らせ


 カレンダーを開く
 

一覧へ戻る」をクリックすると全てのイベント情報をご覧いただけます。

 
イベントのおしらせ >> 記事詳細

2019/10/18

【参加者募集】「しょうがない」を乗り越えろ!構造を理解し解決を配置するシステム思考実践―ゴミ拾いで稼ぐには

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
【講師テンダー(小崎悠太)さん】
◆◆─────────
中高生向けプログラム
<学校のソトでうでだめしvol.4

「しょうがない」を乗り越えろ!
構造を理解し解決を配置するシステム思考実践ゴミ拾いで稼ぐには

119()14:00-18:30 /東京都文京区
詳細・お申込み
https://www.tjf.or.jp/information/3983/
チラシ
https://www.dropbox.com/s/2iys3zj7l8753ri/tender_LF_ST.pdf?dl=0
─────────


■□物ごとの構造を明らかにした上で根本的な解決方法を考える「システム思考」を体験します
システム思考は、価値観や意見の違う人たちのなかで、社会の課題や身近におこる問題を根本的に解決するために、さまざまな要素で成り立っているものごとの構造をとらえ、どのように構造を変えれば解決につながるかを考える方法です。
これから、さまざまな環境で自分の人生を切り拓いたり、多様な人たちを巻き込みながら社会の課題を解決しようとするときに役に立つシステム思考を、頭も身体も手もつかうさまざまなアクティビティを通して体験します。


■□
ゴミ問題や社会の課題への知識をさらに深められます
内容はゴミ問題の解決や社会課題の構造を捉えたうえでこれから生きていくための力などを扱います。
システム思考を体験しながら、同時にテンダーさんの専門分野の環境問題や社会的な課題についても知識や考えを深めていくことができます。

■□
PreciousPlastic」も体験してみます
プラスティックごみを細かく砕き、溶かして、別の物につくりかえるオープンソースプロジェクトの一部を実際に体験してみます。

■□
社会や世界の問題に関心がある人、将来国内外関係なく自分の道を切り拓いていきたい人にも
テンダーさんは、人を変えるのではなく、問題の構造を変えることで、価値観の相違に関係なく取り入れられる仕組みや技術を開発することで、課題の根本的な解決をめざしています。そのために、冷静にものごとの構造を見極め、クリエイティビティと技術をつかって根本的な解決方法を考え実行するテンダーさんのあり方は、「多様性が保障される社会」をどうつくっていけるかを考える際にもきっと参考になります。

■□
実際に行動し、フレンドリーで徹底して対等、率直な大人に出会う機会
環境問題を口で論じるだけでなく、実際に解決するために行動し、誰に対してもオープンでフラットなテンダーさんのような大人に、中高生のときにこそ出会う意味は大きいと思います。ユーモアにあふれ、話力のある人でもあるので、楽しく、おもしろく、そしてとことん真剣に活動に取り組む半日になること請け合いです。
15:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)