このサイトは文部科学省の委託による「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCUにより構築されています。

 

新しい学習指導要領とESD

 


 2008年3月、幼稚園教育要領及び小学校・中学校、2009年3月には高校の学習指導要領が公示されました。この新しい学習指導要領には、持続可能な社会の構築の観点が盛り込まれています。教育基本法とこの新しい学習指導要領に基づいた教育を実施することにより、 ESDの考え方に沿った教育を行うことができます。





小学校 総則

  道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に 基づき、人間尊重の精神生命に対する畏敬の念を家庭、学校、その他社会における具体的な生活の中に生かし、豊かな心をもち、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛し、個性豊かな文化の創造を図るとともに、公共の精神を尊び、民主的な社会及び国家の発展に努め、他国を尊重し、国際社会の平和と発展や環境の保全に貢献し未来を拓く主体性のある日本人を育成するため、その基盤としての道徳性を養うことを目標とする。


小学校 社会

 社会生活についての理解を図り、我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を育て、国際社会に生きる平和で民主的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う。 


小学校 理科

 自然に親しみ、見通しをもって観察,実験などを行い、問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに、自然の事物・現象についての実感を伴った理解を図り、科学的な見方や考え方を養う。


小学校 生活

 具体的な活動や体験を通して自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもち、自分自身や自分の生活について考えさせるとともに、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う。


小学校 家庭

 自分の生活と身近な環境とのかかわりに気付き、物の使い方などを工夫できること。







中学校 総則

 道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に 基づき、人間尊重の精神生命に対する畏敬の念を家庭、学校、その他社会における具体的な生活の中に生かし、豊かな心をもち、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛し、個性豊かな文化の創造を図るとともに、公共の精神を尊び民主的な社会及び国家の発展に努め、他国を尊重し、国際社会の平和と発展や環境の保全に貢献し未来を拓く主体性のある日本人を育成するため、その基盤としての道徳性を養うことを目標とする。


中学校 社会 地理的分野

 地域の環境問題や環境保全の取組を中核として、それを産業や地域開発の動向、人々の生活などと関連付け、持続可能な社会の構築のためには地域における環境保全の取組が大切であることなどについて考える。


中学校 社会 歴史的分野

 歴史に見られる国際関係や文化交流のあらましを理解させ、我が国と諸外国の歴史や文化が相互に深くかかわっていることを考えさせるとともに、他民族の文化、生活などに関心をもたせ、国際協調の精神を養う


中学校 社会 公民的分野

  持続可能な社会を形成するという観点から、私たちがよりよい社会を築いていくために解決すべき課題を探究させ、自分の考えをまとめさせる。


中学校 理科 第1分野及び第2分野

  自然環境の保全と科学技術の利用の在り方について科学的に考察し、持続可能な社会をつくることが重要であることを認識すること。


中学校 音楽

 音楽の特徴をその背景となる文化・歴史や他の芸術と関連付けて理解して、鑑賞すること。我が国や郷土の伝統音楽及び諸外国の様々な音楽の特徴から音楽の多様性を理解して、鑑賞すること。


中学校 美術

 日本の美術の概括的な変遷や作品の特質を調べたり、それらの作品を鑑賞したりして、日本の美術や伝統と文化に対する理解と愛情を深めるとともに、諸外国の美術や文化との相違と共通性に気付き、それぞれのよさや美しさなどを味わい、美術を通した国際理解を深め、美術文化の継承と創造への関心を高めること。


中学校 保健体育

 文化としてのスポーツの意義について理解できるようにする。
 スポーツは、民族や国、人種や性、障害の違いなどを超えて人々を結び付けていること。


中学校 技術・家庭
家庭分野

 自分や家族の消費生活が環境に与える影響について考え、環境に配慮した消費生活について工夫し、実践できること。

技術分野

 エネルギー変換や生物育成などに関する技術が社会や環境に果たしている役割と影響について理解し、それらの技術の適切な評価・活用について考えること。


中学校 外国語 英語

 外国や我が国の生活や文化についての理解を深めるとともに、言語や文化に対する関心を高め、これらを尊重する態度を育てるのに役立つこと。 
 広い視野から国際理解を深め、国際社会に生きる日本人としての自覚を高めるとともに、国際協調の精神を養うのに役立つこと。






高校 総則

 道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に 基づき、人間尊重の精神生命に対する畏敬の念を家庭、学校、その他社会における具体的な生活の中に生かし、豊かな心をもち、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛し、個性豊かな文化の創造を図るとともに、公共の精神を尊び民主的な社会及び国家の発展に努め、他国を尊重し、国際社会の平和と発展や環境の保全に貢献し未来を拓く主体性のある日本人を育成するため、その基盤としての道徳性を養うことを目標とする。


高校 国語 国語総合

[伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項]
言語文化の特質や我が国の文化と外国の文化との関係について気付き、伝統的な言語文化への興味・関心を広げること。


高校 地理歴史 世界史A

  現代世界の特質や課題に関する適切な主題を設定させ、 歴史的観点から資料を活用して探求し、 その成果を論述したり討論したりするなどの活動を通して、 世界の人々が強調し共存できる持続可能な社会の実現について展望させる。


高校 地理歴史 世界史B

 地球世界の課題に関する適切な主題を設定させ、歴史的観点から資料を活用して探究し、その成果を論述したり討論したりするなどの活動を通して、資料を活用し表現する技能を習得させるとともに、これからの世界と日本の在り方や世界の人々が協調し共存できる持続可能な社会の実現について展望させる。


高校 地理歴史 日本史A

 現代の社会やその諸課題が歴史的に形成されたものであるという観点から、近現代の歴史にかかわる身の回りの社会的事象と関連させた適切な主題を設定させ、資料を活用して探究し、その解決に向けた考えを表現する活動を通して、歴史的な見方や考え方を身に付けさせる。


高校 地理歴史 日本史B

 現代の社会や国民生活の特色について、国際環境と関連付けて考察させ、世界の中での日本の立場について認識させる。


高校 地理歴史 地理A

  環境、 資源・エネルギー、 人工、 食料及び居住・都市問題を地球的及び地域的視野からとらえ、 地球的課題は地域を越えた課題であるとともに地域によって現れ方が異なっていることを理解させ、 それらの課題の解決には持続可能な社会の実現を目指した各国の取組や国際協力が必要であることについて考察させる。


高校 地理歴史 地理B

 世界の自然環境、資源、産業、人口、都市・村落、生活文化、民族・宗教に関する諸事象の空間的な規則性、傾向性やそれらの要因などを系統地理的に考察させるとともに、現代世界の諸課題について地球的視野から理解させる。


高校 公民 現代社会

  持続可能な社会の形成に参画するという観点から課題を探求する活動を通して、現代社会に対する理解を深めさせるとともに、現代に生きる人間としての在り方生き方について考察を深めさせる。


高校 公民 倫理

 現代に生きる人間の倫理的課題について思索を深めさせ、自己の生き方の確立を促すとともに、よりよい国家・社会を形成し、国際社会に主体的に貢献しようとする人間としての在り方生き方について自覚を深めさせる。


高校 公民 政治・経済

 政治や経済などに関する基本的な理解を踏まえ、持続可能な社会の形成が求められる現代社会の諸課題を探究する活動を通して、望ましい解決の在り方について考察を深めさせる。


高校 理科

各科目にわたる指導計画の作成と内容の取扱い
 生命を尊重し、自然環境の保全に寄与する態度の育成を図ること。また、環境問題や科学技術の進歩と人間生活にかかわる内容等については、持続可能な社会をつくることの重要性も踏まえながら、科学的な見地から取り扱うこと。


高校 保健体育 体育

 スポーツを行う際は、スポーツが環境にもたらす影響を考慮し、持続可能な社会の実現に寄与する責任ある行動が求められること。


高校 保健体育 保健

 社会生活における健康の保持増進には、環境や食品、労働などが深くかかわっていることから、環境と健康、環境と食品の保健、労働と健康にかかわる活動や対策が重要であることについて理解できるようにする。


高校 芸術 音楽

 音楽と他の芸術や文化とのかかわりを理解して鑑賞すること。


高校 芸術 美術

 時代、民族、風土、宗教などによる表現の相違や共通性などを考察し、美術文化についての理解を一層深めること。
国際理解に果たす美術の役割について理解すること。
文化遺産としての美術の特色と文化遺産等を継承し保存することの意義を理解すること。


高校 芸術 工芸

 時代、民族、風土などによる表現の相違や共通性などを考察し、工芸の伝統と文化についての理解を一層深めること。
 国際理解に果たす工芸の役割について理解すること。
 文化遺産としての工芸の特色と文化遺産等を継承し保存することの意義を理解すること。


高校 外国語

各科目にわたる指導計画の作成と内容の取扱い
 多様なものの見方や考え方を理解し、公正な判断力を養い豊かな心情を育てるのに役立つこと。
 外国や我が国の生活や文化についての理解を深めるとともに、言語や文化に対する関心を高め、これらを尊重する態度を育てるのに役立つこと。
 広い視野から国際理解を深め、国際社会に生きる日本人としての自覚を高めるとともに、国際協調の精神を養うのに役立つこと。


高校 家庭

 生活と環境とのかかわりについて理解させ、持続可能な社会を目指してライフスタイルを工夫し、主体的に行動できるようにする。
 持続可能な社会を目指したライフスタイルの確立
 安全で安心な生活と消費について考え、生活文化を伝承・創造し、資源や環境に配慮した生活が営めるようにライフスタイルを工夫し、主体的に行動できるようにする。