ユネスコスクール地域交流会in気仙沼

 2012年1月18日(水)

 

学校、地域、行政が連携し、ESDを発展させてきた気仙沼市には、2011年11月現在、市内35の学校園がユネスコスクールに加盟しています。2011年3月11日の東日本大震災で壊滅的な被害を受けたこの気仙沼に、全国各地のESD先進地域から、これまで積極的にESD推進に尽力してきた教職員を招へいし、改めてESDの意味を問う交流会を開催します。

なお、午前中の基調講演および全体会には、国際連合大学 2011-2012年国際教育交流事業にて訪日し、気仙沼を訪れている韓国教職員約30名が、オブサーバーとして出席します。



日時:2012年1月18日(水) 9:30-16:30
会場:気仙沼ホテル観洋 4階ベルサイユ






基調講演 1



   池原充洋 文部科学省 大臣官房国際課長   
   パク・スンヒョン  韓国 サンギル小学校 教諭
 (コーディネーター 熊谷 聖   気仙沼市教育委員会指導主事 )

基調講演 2



 ジェームス J. バーリンジャー  米国 カリスバーク中学校 校長

パネルディスカッション



  白幡 勝美 気仙沼市教育委員会 教育長
  及川 幸彦 気仙沼市教育委員会 学校教育課副参事兼指導主事
  ティム・ジョーンズ 米国 カリスバーク高等学校元教諭
(コーディネーター 伊東 毅浩   気仙沼市教育委員会指導主事)



プログラム
 9:00受付
 9:30開会挨拶
  柴尾 智子  公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター
  菅原 茂   気仙沼市長(代理 加藤慶太 副市長)
 9:40基調講演 (コーディネーター 熊谷 聖   気仙沼市教育委員会指導主事 )
   池原充洋 文部科学省 大臣官房国際課長   
   パク・スンヒョン  韓国 サンギル小学校 教諭
   ジェームス J. バーリンジャー  米国 カリスバーク中学校 校長

パネルディスカッション     (コーディネーター 伊東 毅浩   気仙沼市教育委員会指導主事 )
  白幡 勝美 気仙沼市教育委員会 教育長
  及川 幸彦 気仙沼市教育委員会 学校教育課副参事兼指導主事
  ティム・ジョーンズ 米国 カリスバーク高等学校元教諭 
12:30昼食・移動
13:30事例発表(3つの分科会、交流会)
15:45休憩・移動
15:55分科会の振り返り(コーディネーター ACCU 事業部次長 柴尾 智子)
16:30閉会あいさつ
   池原 充洋  文部科学省大臣官房国際課長
   白幡 勝美  気仙沼市教育委員会 教育長


お問合せ
 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU) 教育協力課
 tel:03-3269-4559 fax:03-3269-4510
 E-mail:esd@accu.or.jp


主催:文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)、気仙沼市教育委員会
共催:宮城教育大学、東北大学環境科学研究科
後援:宮城県教育委員会、仙台広域圏ESD・RCE運営委員会、河北新報社、JICA東北、
ASPUnivNet(ユネスコスクール支援大学間ネットワーク)
協力:三陸新報社