ユネスコスクール年次活動調査

 

   このユネスコスクール年次活動調査は、今後のユネスコスクール活動の一層の推進に向けて、ユネスコスクールの実情を把握するとともに、ユネスコスクールの活動を支援するために、現場の皆様の声を政策に反映することを目的として実施されています。

平成30年度ユネスコスクール活動調査(概要).pdf
平成30年度ユネスコスクール年次活動調査(結果).pdf
平成30年度ユネスコスクール年次活動調査(調査票).pdf

◇平成30年度ユネスコスクール活動調査(分析ペーパー)
児童生徒の変化と授業内容・カリキュラムの変化についての考察 市瀬智紀(宮城教育大学).pdf
ESDにおける学習者の教科の学習意欲向上に関する考察 影浦亮平(京都外国語大学).pdf
ユネスコスクール活動とSDGsに関する考察 中澤静男(奈良教育大学).pdf
ユネスコスクールにおける学校間交流に関する考察 朴恵淑(三重大学).pdf

※ これまでの年次アンケート報告書はこちらです。
◆ 平成29年度
平成29年度ユネスコスクール年次活動調査(概要).pdf
平成29年度ユネスコスクール年次活動調査(結果).pdf
平成29年度ユネスコスクール年次活動調査(考察).pdf
1. 学校及び回答者に関する基本情報
2. 国内および国際的枠組みに関する認知度調査
3. 学校間交流に関して
4. ユネスコスクールとしての取り組み
5. ユネスコスクールの効果と課題について
6. 学校教育におけるESDの普及について
平成29年度ユネスコスクール年次活動調査(調査票).pdf

◆ 平成28年度
平成28年度.pdf

◆ 平成27年度
平成27年度.pdf